この記事の監修者

医療法人社団ウェルエイジング
Dクリニック東京 メンズ

事務長 加藤 知久 (かとう ともひさ)

髪に関する美容業界を経て、1999年にDクリニック名古屋の前身である錦クリニックに入職。入職当時より事務長としてクリニック運営に尽力してきた。日本における発毛治療分野の黎明期からこれまでの変遷を知る。
数年前に住まいを名古屋から東京近郊に移し、Dクリニックの中で最大規模を誇るDクリニック東京 メンズ の事務長として、スタッフ教育、業務改善、接遇強化に取り組み、毎日さまざまな髪のお悩みを持つ患者さまに真摯に向き合っている。

【抜け毛とストレス】抜け毛が増えるのはストレスのせいなのでしょうか?ストレスが原因で発症する抜け毛(脱毛症)はあるのでしょうか?円形脱毛症・男性型脱毛症や女性型脱毛症は、ストレスで発症・悪化することがあるのでしょうか?ストレス抜け毛の対策は?

baseimage

抜け毛にストレスは関与するのか?“ストレス抜け毛”の実態と対処法

「ストレスで抜け毛が増える」
「抜け毛の原因の1つにストレスがある」
抜け毛とストレスの関係について、さまざまな説があるようです。

ちまたでウワサになっているように、抜け毛にはストレスが関与しているのでしょうか?
ストレスが関係している抜け毛と、ストレスとは無関係な抜け毛があるのでしょうか?

ストレスで発現したり、ストレスで悪化する“ストレス抜け毛”があるとすると、その予防や対策はどうすればよいのでしょうか?

抜け毛とストレスの関係について、探ってみましょう。

抜け毛とストレス(1) 「抜け毛」について

抜け毛とストレスの関係について探る前に、「抜け毛」についておさらいをしておきましょう。

毛髪のつくられ方

毛髪のように成長する器官に、「爪」があります。
爪の一番根元の部分を「爪母(そうぼ)」といいますが、爪はそこでつくられ、先端に向けて伸びていきます。

毛髪の頭皮から外に出ている部分を「毛幹」、頭皮より中の部分を「毛根」といいます。
毛根の一番根元の部分に「毛母細胞」があり、この毛母細胞が分裂することで毛髪がつくられます。

なぜ抜け毛ができるのか?

爪も毛髪も、同じように根元部分の細胞が増殖することで組織が作られて、成長していきます。

しかし、爪はある日突然根元から抜けてしまったり、生え換わったりすることはありません。
一方、毛髪は、健康な状態であっても自然に抜けて、生え換わることがあります。

これは、毛髪には「ヘアサイクル(毛周期)」という、成長のサイクルがあるからなのです。
つまり、「発毛」→「成長」→「脱毛(抜け毛)」→「発毛」を繰り返しているのです。

<健康なヒトの毛髪のヘアサイクル(毛周期)>
成長期(2〜6年):毛母細胞が増殖して毛髪をつくっている時期
退行期(2〜3週間):成長が不活発になり、退縮する時期
休止期(3〜4か月):成長が完全に止まり、脱毛する時期

(参照|「男性型脱毛症の治療薬」森岡進(2010)

生理的な抜け毛は1日100本以内

健康なヒトの場合、毛髪は約10万本あるといわれています。

そのうち「成長期」は約85%、「休止期」は7〜13%くらいだといわれています。

毛髪は、休止期になると抜けやすくなり、軽く引っ張ったり、洗髪をするとたやすく抜けます。こうした抜け毛は「生理的脱毛」とよばれますが、平均して1日100本程度の抜け毛であれば正常範囲です。

つまり、1日100本以上の抜け毛が一定期間以上続くようであれば、それは異常な抜け毛=脱毛症を疑うべきでしょう。

(参照|「髪の健康を考える〜美しい髪で過ごすには〜」植木理恵(2013)

抜け毛とストレス(2) 「ストレス」って何?

抜け毛とストレスの関係について探る前に、「ストレス」についておさらいをしておきましょう。

日常的に「ストレス」というと、精神的ストレスを指すことが多いようです。
つまり、不安や不満、緊張や苦痛、ショックなどから生じる心のひずみなどを「ストレス」と称しています。

しかし、医学・生理学的な「ストレス」は、もう少し幅の広い意味で使われます。

ストレスの定義には諸説ありますが、ストレス研究の先駆者であるハンス・セリエは、ストレスを下記のように定義しています。

<ハンス・セリエ ―ストレスの定義―>
「生体に作用する外からの刺激(ストレッサー)に対して生じる、生体の非特異的反応の総称である」

(参照|「良いストレスと悪いストレス」二木鋭雄(2007)

「外からの刺激」とは、心理的な刺激だけではなく、音や光、熱などの物理的な刺激や、細菌やウイルスなどの微生物やアレルゲン、化学物質などによる刺激も「ストレス」に含まれます。

また、ストレスはすべてが人の身体にとって悪い影響を与えるものではなく、生命維持などによい影響を与えるストレスも存在しています。

抜け毛とストレス(3) 病的な抜け毛(脱毛症)について

ストレスには、精神的ストレス以外にもいろいろあることが分かりましたが、ここでは精神的ストレスと抜け毛の関係に絞って考察していきましょう。

さて、ちまたでは「ストレスで抜け毛が増える」といわれていますが、これは本当なのでしょうか?

結論から言うと、「本当の場合もあるが、間違っていることもある」となります。

つまり、ある種の抜け毛(脱毛症)では、精神的ストレスが抜け毛の原因となっていたり、抜け毛が悪化する要因である場合もあるが、精神的ストレスとは無関係の場合も少なくない、ということです。

たとえば、スギ花粉でアレルギー症状を発現する人がいるのは事実ですが、アレルギー症状のすべてがスギ花粉と関係しているわけではないのと同じことです。

抜け毛とストレス(3) 病的な抜け毛(脱毛症)について

抜け毛とストレス(4) ストレスで発症する抜け毛(脱毛症)

精神的ストレスで発症する抜け毛(脱毛症)とは、どのような病気でしょうか?

休止期脱毛症

それは「休止期脱毛症」です。

休止期脱毛症とは、なんらかの原因で、ヘアサイクルの「休止期」の割合が増えてしまう脱毛症のことです。

前述の通り、休止期の毛髪は抜け毛になりやすい状態にあります。

健康なヒトでは、休止期は全体の7〜13%程度なので、仮にそのすべてが抜け毛になったとしても、全体としてはフサフサした頭髪を保つことができています。

しかし、休止期の割合が増えてしまったら…徐々に毛髪の本数が減っていき、頭髪全体が疎毛(まばら)になってしまいます。症状が進行すると、頭皮が透けて見えるほどになります。

休止期脱毛症の原因にはさまざまあり、甲状腺機能障害や鉄欠乏症、急激なダイエットや、ある種の薬物、そして精神的ストレスなどによって引き起こされるといわれています。
また、産後脱毛症(分娩後脱毛症)も休止期脱毛症の1つとしてとらえられています。

円形脱毛症の原因は精神的ストレスではない

「円形脱毛症は精神的ストレスで発症する」といわれますが、これは間違っています。

日本皮膚科学会がまとめた円形脱毛症に関するガイドラインでも、円形脱毛症は自己免疫疾患であって、精神的ストレスは原因ではないと記載されています。

(参照|日本皮膚科学会「日本皮膚科学会円形脱毛症診療ガイドライン 2017年版」

抜け毛とストレス(5) ストレスで悪化する抜け毛(脱毛症)

精神的ストレスが直接の原因ではなくとも、精神的ストレスによって抜け毛(脱毛症)の症状が悪化したり、治療効果が抑制されることもあります。

たとえば男性型脱毛症(AGA/MPHL)や女性型脱毛症(FAGA/FPHL)などでは、精神的ストレスが抜け毛に関係しているのではないかと唱える研究者も少なくありません。

男性型脱毛症や女性型脱毛症は、遺伝的要因と男性ホルモンの影響によってヘアサイクルが乱されることで抜け毛が増え、あらたな発毛が抑制されていきます。

つまり、男性型脱毛症や女性型脱毛症を発症した人が、強い精神的ストレスを長期間受けると、ダブルパンチで休止期の毛髪が増えてしまうのかも知れません。

抜け毛とストレス(6) “ストレス抜け毛”の予防と対策

精神的ストレスによる抜け毛(脱毛症)を減らすには、どうすればよいのでしょうか?

「精神的ストレスを減らせばいいのでは?」
まさにその通りなのですが、「ストレス社会」といわれる現代日本で、精神的ストレスを軽減するのは、なかなかむずかしいかも知れません。

しかし、抜け毛を減らすためには、なるべくストレスを受けにくい生活をしたり、意識的にストレスを解消する方法を身につけるべきでしょう。

リラクゼーション

ストレス対策というと、「ストレス発散」を思い浮かべる方が多いでしょう。

たしかし、大きな声で歌ったり、スポーツをしたり、踊ったりするのも効果的です。
しかし、ストレス発散のつもりでお酒を飲んで二日酔いになったり、ゲームをしすぎて寝不足になるなどは本末転倒です。

また、忙しくて、なかなかストレス発散ができないという人もいるかもしれません。

そのような人にオススメなのが、リラクゼーションです。

たとえば、入浴時にお気に入りのアロマを湯船に数滴垂らして、ぬるめのお湯にゆったりつかるだけでも緊張がほぐれます。

寝るときにヒーリングミュージックを流しながら、腹式呼吸をゆっくりと繰り返すのも効果的です。

こうしたリラクゼーションは、日常生活で張り詰めた心の糸を、ゆったりと伸ばしてくれるはたらきがあります。

「抜け毛対策によい生活習慣」とストレス対策

「抜け毛の予防・対策によい生活習慣」というのを、見聞きされた人も多いと思います。
じつは、この抜け毛の予防・対策によい生活習慣の多くは、ストレスの予防や解消にも効果があるのです。

◎充分な睡眠
睡眠不足は、抜け毛の天敵といわれていますが、睡眠不足がつづくと精神的ストレスによるダメージも受けやすくなります。

◎バランスのよい食事
偏った食生活は、抜け毛の一因になりかねません。
バランスのよい食事を規則正しく摂るように心がけると、生活のリズムが安定して、精神的ストレスを受けにくくなります。

◎適度な運動
適度な運動は体調を整えるだけでなく、気分転換にもなり、ストレス発散にはもってこいです。
ジムに通う時間がない場合でも、通勤時に週1〜2回、1駅分歩いてみるだけでも運動効果は期待できます。

◎禁煙
「喫煙はストレス対策になる」と信じている人が多いようですが、これは俗信です。
タバコを吸うとなんとなくホッとした気持ちになるのは、ニコチン依存症という病気の症状です。
喫煙が習慣になっていると、タバコをガマンしないといけない時間がストレスになります。

禁煙できるまでは少し辛いかも知れませんが、抜け毛対策のためにも、ぜひ禁煙にトライしてみてください。

抜け毛とストレス(7) ストレスによる抜け毛か気になるなら頭髪治療専門クリニックへ

抜け毛とストレスの関係をみてきましたが、精神的ストレスによって発症する抜け毛(脱毛症)や、精神的ストレスによって悪化する抜け毛(脱毛症)も存在します。

しかし、抜け毛の原因を正しく見極めるのは、なかなかむずかしいものです。

あなたの抜け毛の原因を正しく判断し、ストレスとの関係や正しい対策・治療法を知るためには、頭髪治療専門クリニックで相談することをおすすめします。

もし、ストレスによる抜け毛が気になる場合は、まずはDクリニック東京メンズ(旧メンズヘルスクリニック東京)の「無料カウンセリング」をご利用ください。
Dクリニック東京メンズ(旧メンズヘルスクリニック東京) 無料カウンセリングフォーム

なお、抜け毛の原因や対策・治療については、Dクリニック東京メンズ(旧メンズヘルスクリニック東京)頭髪コラムにも詳しい記事があります。ぜひ、ご覧ください。

ストレスが抜け毛に影響するのはなぜ?メカニズムと改善策
AGAによる抜け毛と正常な抜け毛の違い
抜け毛についた毛根がいつもと違う!?脱毛症は「異常毛根」で決まる
頭皮の色で健康状態がわかる!頭皮ケアで抜け毛を防ごう
抜け毛が気になる人へ…シャンプー選びと正しい洗い方
抜け毛の本数、どこからが異常?一般的な抜け毛とAGAの分かれ道

抜け毛とストレス(7) ストレスによる抜け毛か気になるなら頭髪治療専門クリニックへ

【まとめ】

抜け毛とストレスの関係について、ご理解いただけたでしょうか。

休止期脱毛症では、精神的ストレスは発症の原因になる場合があります。
男性型脱毛症(AGA/MPHL)や女性型脱毛症(FAGA/FPHL)では、精神的ストレスによって抜け毛が増えたり、治療効果が出にくくなることもあるようです。
一方、「円形脱毛症はストレスが原因」という説は、間違っています。

あらゆる抜け毛をストレスによるものと考えるのは間違っていますが、抜け毛とストレスには深い関係があると考えてまちがいないでしょう。

ストレスで抜け毛が増えたかも知れないと心配な場合には、早めに頭髪治療専門クリニックで相談するとよいでしょう。

投稿:Dクリニック東京 メンズ

相談無料

AGAは一人で悩まないでください。
薄毛が気になりだしたら、お気軽にご相談ください

個人個人で髪の悩みはさまざまです。同じような症状でも原因や治療方法が全く違う場合があります。
ご自分で判断せずにクリニックにご相談ください。AGAは早めの治療が効果的です。

関連記事

最新記事