この記事の監修者

医療法人社団ウェルエイジング
メンズヘルスクリニック東京

事務長 加藤 知久 (かとう ともひさ)

髪に関する美容業界を経て、1999年にAACクリニック名古屋の前身である錦クリニックに入職。入職当時より事務長としてクリニック運営に尽力してきた。日本における発毛治療分野の黎明期からこれまでの変遷を知る。
数年前に住まいを名古屋から東京近郊に移し、ヘアメディカル関連クリニックの中で最大規模を誇るメンズヘルスクリニック東京の事務長として、スタッフ教育、業務改善、接遇強化に取り組み、毎日さまざまな髪のお悩みを持つ患者さまに真摯に向き合っている。

ミノキシジルは育毛剤でしょうか?発毛効果が認められ、AGA治療で活用されるミノキシジル。育毛剤としての作用、効果、副作用などの基本から、使い方、効果が出るまでの期間、他のAGA治療薬との併用についてなどなど。育毛剤としてのミノキシジルの情報が、このコラム1つで全部わかります。

<このコラムのポイント>」
・ミノキシジルは育毛剤なのか
・ミノキシジルは育毛剤?外用薬と内服薬がある
・ミノキシジル育毛剤?種類、作用、副作用、効果
・ミノキシジルは育毛剤なの?それとも発毛剤?「発毛」と「育毛」の違いって何?
・ミノキシジル育毛・発毛剤の効果的な使い方

baseimage

ミノキシジルは育毛剤?

ミノキシジルは薄毛治療薬です。発毛・育毛に関する有効成分の中で、唯一「発毛効果」が認められ、発毛効果のある医薬品として厚生労働省の承認を得ています。

薄毛治療薬(AGA)のなかで、同じく医薬品として承認されている成分に「フィナステリド」「デュタステリド」がありますが、これらは「脱毛予防、抜け毛進行予防」を主な効能としています。
男性型および女性型の脱毛症の治療成分の中でも、発毛効果を持つのはミノキシジルただ1つなのです。

ミノキシジルに関する詳しい情報は、『「ミノキシジル」外用薬・内服薬、育毛・発毛剤の効果、副作用、入手方法まで全部』にもございます。よろしければそちらもお読みください。

では、発毛効果と育毛効果とは違うのでしょうか
その違いについては次の段落をお読みください。

ミノキシジルは育毛剤なの?それとも発毛剤?「発毛」と「育毛」の違いって何?

ミノキシジルは育毛剤なのでしょうか。それとも発毛剤でしょうか?
育毛剤にも発毛剤にも、同じようなイメージをお持ちの方も多いのではないでしょうか。

「育毛剤使えば、いずれ発毛もできそう。養毛剤だって似たようなものなんじゃない?」
そう思う人もいらっしゃるでしょう。
しかしこれらには、薬機法という日本の法律によって明確な区別がされています。

薬機法での区別(一部抜粋)

●医薬品
人又や動物の身体の構造や機能に影響する目的で、機械器具等でないもの
(「医薬部外品」「化粧品」「再生医療等製品」以外。)

●医薬部外品
・吐き気などの不快感を抑え、口臭や体臭を防止するもの
・あせも、ただれなどを防止するもの
・脱毛を防止し、育毛あるいは除毛をするもの
(「医薬品」「化粧品」「再生医療等製品」以外。)
上記を目的とし、人体に対する作用が緩和なもの。

●化粧品
清潔、美化、魅力、容貌、のために、皮膚あるいは毛髪の健やかな状態を維持する目的で、人の身体へ使用される物で、作用が緩和なものをいう。
(「医薬品」「医薬部外品」「再生医療等製品」以外。)

薬機法で定められた医薬品として承認されるには、厳しい審査があり、申請から許可まで何年もかかるものです。それらをクリアして初めて人体に影響を与えることができる「医薬品としての発毛剤」と言えるようになります。

そうでなければ、医薬品よりは効き目が穏やかな「脱毛予防、育毛効果」のある育毛剤、それよりも更に作用が穏やかな「化粧品」となるのです。

ミノキシジルは発毛効果について承認を受けた医薬品ですので、「発毛剤」になります。

「発毛」は「育毛」よりも頭髪への影響力が高い効果ですので、「育毛剤としての作用を含めた、発毛剤」とでも言いましょうか。
育毛剤をお探しであれば、発毛剤であるミノキシジルを使って、まず不足はないでしょう。

(上記参照|「医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律」 第一章 総則 第二条

ミノキシジルには外用薬と内服薬がある

AGA治療で使われるミノキシジルには、外用薬と内服薬の2つタイプがあります。

ミノキシジル外用薬
ミノキシジル外用薬は一般用医薬品です。
薬剤師が常駐する薬局・ドラッグストアでOTC薬(薬剤師から書面等での説明を受け、使徒目的が適切であると判断がされれば購入できる薬)として販売されています。

普通の薬局・ドラッグストアでの取り扱いの他、最近はインターネット等の通販でも購入できるようになりました。
実店舗と同様の確認作業の他、電話、メール、チャット、ビデオ通話、などを利用して薬剤師に相談ができるお店もあり、通販とは言え、購入後も安心して使用することができます。

このように、ミノキシジルの外用薬は、育毛・発毛効果が高い上に、手軽に購入ができて継続使用がしやすいのも魅力です。
育毛剤を購入・使用したいと思ったら、外用薬のミノキシジルはまず外せないでしょう。

ミノキシジルの効果については「ミノキシジルの効果を引き出すために、知っておきたい!ミノキシジル効果のポイント」にも情報がございますので、そちらもお読みください。

ミノキシジル内服薬
ミノキシジルには内服薬もあります。タブレット(錠剤)型なので、ミノキシジルタブレット(ミノタブ)と呼ばれています。
こちらは国内での製造販売が承認されていないため、普通の薬局やドラッグストアで購入することができません。

ネットショップで購入ができるところもありますが、中身の担保されていない未承認の医薬品を個人輸入代理業者を介して購入、服用することは、決して安心安全とは言えません。
育毛効果、発毛効果もありますが、それに伴う副作用もあるため、安易なネット購入等は控えたほうが賢明でしょう。

ミノキシジルの作用

育毛剤としても発毛剤としても効果が期待できるミノキシジルですが、元は高血圧症の治療に使われる内服の血圧降下剤でした。服用した人たちに「多毛」の症状が出たことから、AGAや薄毛の治療薬として開発が進み、塗り薬の外用薬として広く利用されるようになりました。

ミノキシジルには血圧降下剤としての効能「血管拡張作用」があります。
この作用によって、頭皮の毛根の末梢血管まで血流が良くなり、育毛・発毛の効果を発揮すると言われています。

さらに、ミノキシジルには、毛を作る毛母細胞を直接刺激し、休止していた毛母細胞を活性化して、発毛・育毛させる働きがあることもわかっています。

ミノキシジルが、育毛剤としても発毛剤としても効果的なのは、これらの作用のためです。

ミノキシジルの副作用

ミノキシジルの外用薬と内服薬には、それぞれ副作用が報告されています。
外用薬は日本国内で販売されているものについての副作用ですが、内服薬は未承認ですので、海外で流通している高血圧症治療薬のミノキシジル内服薬の添付文書に書かれている内容が公式に発表されている副作用となります。

ミノキシジル外用薬で報告されている副作用

・皮膚の症状:頭部の発疹・発赤、かゆみ、かぶれ、ふけ、使用部位の熱感等、毛包炎、接触皮膚炎、顔面の多毛
・精神神経系の症状:頭痛、めまい
・循環器の症状:胸の痛み、動悸
・代謝系の症状:原因不明の急激な体重増加、手足のむくみ

ミノキシジル内服薬で報告されている副作用と、その対応について

・心拍数の増加
正常時の脈拍数より、20拍/分以上増加したら医師に相談しましょう。
・急激な体重増加
服用前の体重より約2.3kg以上の急激な体重増加や、顔、手、足首、胃部の顕著な浮腫がみられたら、薬剤の変更か、濃度の変更について医師に相談しましょう。
・呼吸困難
体液の増加による症状。高血圧の悪化によっても引き起こされることがあります。必ず病院を受診し、医師の診断をうけるようにしましょう。
・胸、腕、肩の痛み
・重度の消化不良
重度の心臓障害によって引き起こされる場合があります。必ず病院を受診し、医師の診断をうけるようにしましょう。
・めまい、立ちくらみ、失神
(上記 ミノキシジル内服薬「Loniten」の添付文書より参照)

ミノキシジル外用薬の場合は、頭皮に塗った部分に上記の副作用が働きます。
ミノキシジル内服薬の場合は、服用することでミノキシジルの成分が身体中を駆け巡るため、副作用は様々です。
また、内服薬の場合、全身に発毛・育毛の効果が現れます。
生えてほしい部分へは「効果」ですが、望ましくない部分の発毛は「副作用」となってしまう、なんとも悩ましい話です。

更に詳しいミノキシジルの副作用についての記事「ミノキシジル。副作用があっても使いたい人へ。」もございます。よろしければ併せてお読みください。

ミノキシジルの効果が現れる期間

さて、ミノキシジルの効果が出るまでには、どれくらいの期間使えば良いのでしょうか。
ここに、ミノキシジル5%製剤(塗り薬)を52週間投与した経過を、医師が観察、評価したデータがあります。

ミノキシジル5%製剤(塗り薬)を52週 使用時の評価内容

評価ランク
「著明改善」「中等度改善」「軽度改善」「不変」「悪化」

・投与後4週間後〜/被験者の4.1% 「軽度改善」が認められた。
・8週間後〜/12.2%、12週間後〜/59.2%  それぞれ「軽度改善」があった。
・16週間後〜/約1割(10.4%)に「中等度改善」が現れはじめた。
・24週間後〜「著明改善」も認められるようになり、「軽度改善」「中等度改善」もあわせると9割以上(91.7%)になった。
・40週間後/合計97.9%の被験者に何らかの効果があった。

上記の内容から、ミノキシジル外用薬(塗り薬)の評価が、12週以降からグンと上がっているのがわかります。
ミノキシジルは、3ヶ月以上継続して使うことで効果が現れてくる薬剤、ということなのです。

ミノキシジル育毛剤・発毛剤の効果的な使い方

国内で承認され、販売されているミノキシジルの配合量は1%と5%。
1日2回、適切な量を気になる患部へ塗布して使うのが基本です。

(1) 用法・用量はしっかり守る

育毛剤より効果の高い発毛剤を、規定の2倍量を2倍の頻度で使えば、4倍の早さで生えるはず!?
いいえ、そんなはずはありません。医薬品として色々な検査を経て、安全で効果的な用量用法を決めています。医薬品ですので、正しい用法用量を守って使いましょう。

(2) 使用するタイミング

1日2回が指定の用法です。朝と夜、できればどちらかは、シャンプー後の頭皮の毛穴がきれいな状態で使いましょう。薬剤が吸収しやすくなります。

(3) 清潔な頭皮に使用する

先にも書きましたが、シャンプー後のような、頭皮が綺麗な状態で使った方が、毛穴に吸収されやすく、より効果的です。脂ギトギトな状態や、色々なトニック類や整髪料などをたくさん使った後での使用では、あまり効果的ではないかもしれません。
選べるのであれば、ミノキシジルはシャンプー後、あるいは、他の整髪料を使う前にしましょう。

(4) 頭皮マッサージ

ミノキシジルと一緒に頭皮マッサージはいかがでしょうか。
ミノキシジルの効果とマッサージで、さらに頭皮の血行が良くなれば、毛根の細胞に悪いことはありません。

(5) 少なくとも4〜6ヶ月は続ける

先にも書きましたが、ミノキシジルの効果は12週以降あたりから徐々に現れ、ググッと改善がわかるようになるのは24週以降です。気長に待ちましょう。

何なら、「クリスマスを目標に夏前から」「夏を目標に冬から始める」などのイベントの計画と一緒に進めるのもいいかもしれません。何事も楽しいご褒美や成功のイメージを持つと、努力も続けやすくなるというものです。

(6) フィナステリド製剤、デュタステリド製剤との併用もオススメ

フィナステリド、デュタステリドは脱毛予防、薄毛進行抑制作用のあるAGA治療薬です。
この2つのどちらかと組み合わせると効果的なのですが、その説明は次にいたします。

ミノキシジル育毛剤は、他の薬剤「フィナステリド」「デュタステリド」と併用できる?

フィナステリドとデュタステリドは、還元酵素阻害薬

フィナステリドとデュタステリドは、ミノキシジルと同じくAGA治療薬として承認されている医薬品の成分です。

これらは、AGA発症の引き金になる、男性ホルモンに作用する「還元酵素の作用」を阻害することで、脱毛予防・薄毛進行抑制の効果を発揮する「還元酵素阻害薬」です。

フィナステリドを成分とするAGA治療薬はMSD社から出ている先発医薬品の「プロペシア」の他、ジェネリック医薬品も複数あります。

デュタステリドを成分とする治療薬にはGSK社から販売されている「ザガーロ」があります。こちらはまだ発売が始まってから年数が経っておらず、ジェネリック医薬品は出ていません。

育毛と発毛を促すミノキシジルとは、作用のメカニズムが違うため、フィナステリド製剤、デュタステリド製剤を組み合わせることで、「脱毛、抜け毛の進行を抑える」「発毛を促す」両方の効果が期待できます。

フィナステリドとデュタステリドをミノキシジルと併用するには?

フィナステリドとデュタステリドは薬局やドラッグストアでは購入することができません。医師の診察を受けて処方してもらわなければ購入できない、医療用医薬品なのです。

また、フィナステリドとデュタステリドは、作用する還元酵素のタイプがそれぞれでやや違うため、どちらの成分が自分の体質に合っているか、頭髪治療専門クリニック等で検査を受けて選ぶ必要があります。

男性ホルモンに関係する作用のため、男性機能への副作用の懸念もあります。
また、女性と未成年への効果は検証されていないため、使用することができません。
(妊娠中、授乳中の女性は胎児赤ちゃんへの副作用の可能性もあります。)

ミノキシジルと組み合わせればAGA改善の効果は期待できますが、頭髪治療専門クリニック等を受診し、適切な指導を受けた上で服用するほうが安心です。

まとめ

ミノキシジル育毛剤のコラムはいかがでしたでしょうか。
「育毛と発毛」、「医薬品と医薬部外品」、「一般用医薬品と医療用医薬品」、そして「育毛剤と発毛剤」。
それぞれ見たり聞いたりはしていても、違いの判らない言葉はよくあるものです。
ミノキシジルは発毛剤ですが、育毛剤としても有効です。
フィナステリド製剤やデュタステリド製剤を組み合わせて使うことで「抜け毛予防、脱毛進行抑制」をしながら、「育毛剤と発毛剤」の効果も期待できます。
用法用量を守って、気長に発毛育毛ライフをお送りください。

ミノキシジルの具体的な購入方法についての記事「ミノキシジルの購入についての情報をお知らせします」もございますので、よろしければそちらもお読みください。

相談無料

AGAは一人で悩まないでください。
薄毛が気になりだしたら、お気軽にご相談ください

個人個人で髪の悩みはさまざまです。同じような症状でも原因や治療方法が全く違う場合があります。
ご自分で判断せずにクリニックにご相談ください。AGAは早めの治療が効果的です。

関連記事

最新記事