この記事の監修者

医療法人社団ウェルエイジング
メンズヘルスクリニック東京

事務長 加藤 知久 (かとう ともひさ)

髪に関する美容業界を経て、1999年にAACクリニック名古屋の前身である錦クリニックに入職。入職当時より事務長としてクリニック運営に尽力してきた。日本における発毛治療分野の黎明期からこれまでの変遷を知る。
数年前に住まいを名古屋から東京近郊に移し、ヘアメディカル関連クリニックの中で最大規模を誇るメンズヘルスクリニック東京の事務長として、スタッフ教育、業務改善、接遇強化に取り組み、毎日さまざまな髪のお悩みを持つ患者さまに真摯に向き合っている。

ミノキシジルの発毛効果はAGA治療薬の有効成分の中で唯一のものです。他の治療薬とのメカニズムの違いや効果、副作用、効果的な使い方、購入方法などについても詳しくお教えします。

baseimage

ミノキシジルの発毛効果は、AGA治療薬の中でも唯一の効果

皆さんは、「ミノキシジル」をご存知ですか?
ミノキシジルは、世の男性・女性を悩ます薄毛、抜け毛、AGAの症状の治療の際に用いられるAGA治療薬の中でも、唯一「発毛効果」を認められ、厚生労働省の承認を得た成分です。

AGA治療薬として厚生労働省の承認を得ている有効成分は、他に2つ「フィナステリド」「デュタステリド」がありますが、これらは主に「脱毛予防・抜け毛進行抑制」を効能とし、「発毛効果」が認められたミノキシジルとは作用も異なるのです。

ミノキシジルの発毛効果のメカニズム

ミノキシジルは、もともと高血圧症の治療に使われる血圧降下剤でした。服用した人たちに体毛が増える「多毛」の症状が見られたことから、薄毛治療に目的を変えて開発され、ミノキシジル外用薬として世に出ることとなりました。

血圧降下剤としての作用は、血管拡張作用です。
血管を広げ、血管内で生ずる血液の流れの抵抗を軽減することで、血管内の圧を下げるのです。
末梢血管が広がり、頭皮の毛根周辺まで血行が改善し、これによって頭髪を育てる毛乳頭細胞と毛母細胞の働きも活発になるため、発毛につながると言われています。

また、まだ詳しいメカニズムは解明されていないのですが、ミノキシジルは、毛母細胞を直接活性化し、発毛を促すこともわかっています。

1)血管拡張作用

毛根に届く血管まで血流が良くなる

毛乳頭細胞、毛母細胞の働きが良くなる

発毛する

2)毛母細胞を刺激する

毛母細胞を直接刺激する

発毛する

薄毛、抜け毛の症状は、毛乳頭細胞の働き、毛母細胞の働きなどが抑制されることで症状が現れます。
ミノキシジルには、これを改善・刺激することにより、発毛させる効果があるのです。

ミノキシジルについての基本的な情報をまとめた「「ミノキシジル」外用薬・内服薬、育毛・発毛剤の効果、副作用、入手方法まで全部」、効果や副作用についてまとめた「ミノキシジルの効果と副作用を徹底解説!生え際にも効く?」のコラムもあります。
よろしければそちらもお読みください。

ミノキシジルの効果と、フィナステリド、デュタステリドの効果の違い

AGA治療薬には他に2つの治療成分があります。「フィナステリド」と「デュタステリド」です。
この二つは、ミノキシジルの効果とは違う作用でAGAの症状を抑える効果があります。

AGA発症のメカニズム

AGAは「Andorogenetic Alopesia =男性ホルモン型脱毛症」と呼ばれる、男性ホルモンが起因する脱毛症です。

男性ホルモン「テストステロン」と、毛根の毛乳頭細胞にある還元酵素「5αリダクターゼ」によって、さらに活性化した男性ホルモン「ジヒドロテストステロン(DHT)」が産生されます。
DHTは毛乳頭細胞内の男性ホルモン受容体と結合して、毛母細胞の働きをコントロールするシグナルを出します。

このシグナルによっての影響を受けないのは、あごひげ・腋・陰毛など。また後頭部の毛と眉毛も影響を受けません。しかし毛髪の毛母細胞は活動が抑制されるため、AGAを発症するのです。

DHT(ジヒドロテストステロン)は胎児の頃は男性器の形成を促し、成長期には、心身ともにより男性的特徴を形成するよう促しますが、これが頭髪に対しては薄毛・抜け毛として影響してしまいます。
厄介なことにこの症状は加齢によって進行し、自然に治癒することはありません。

フィナステリド

フィナステリドは、テストステロンからDHTを産生する5αリダクターゼの働きを阻害します。これによってDHTの発生が抑えられ、AGAの進行を抑制するのです。

5αリダクターゼにはⅠ型とⅡ型の2種類ありますが、フィナステリドは5αリダクターゼⅡ型の阻害に効果があります。

フィナステリドを成分とするAGA治療薬は、先発医薬品の内服薬「プロペシア」が有名ですが、ジェネリック医薬品も多く出ています。

女性には効果がないことと、妊娠中や授乳中の女性が服用すると、胎児あるいは母乳を飲む乳児に移行して重い副作用が考えられることから、女性への処方は原則的にされていません。また、未成年への処方も検証されていないため、原則、処方されていません。

デュタステリド

デュタステリドもフィナステリドと同じく、5αリダクターゼを阻害する働きがありますが、デュタステリドは、5αリダクターゼのⅠ型Ⅱ型の両方を阻害する効果があります。

AGAを発症するのは5αリダクターゼⅡ型と言われていましたが、Ⅰ型とⅡ型の両方を阻害するデュタステリドの方が、フィナステリドよりもより効果が強く現れる人の方が多いようです。

デュタステリドを成分とするAGA治療薬の内服薬は「ザガーロ」です。
まだ発売されてから年数が経っていないため、ジェネリック医薬品は出ていません。

こちらもフィナステリド同様に、女性と未成年への処方はされていない薬です。

ミノキシジルは、発毛効果が高い医薬品

日本皮膚科学会の発表している「男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン2017年版」(※1)では、数種類のAGA症状改善の目的で使われる成分の有効度を評価しています。
その中で、先に挙げた3種の治療薬についての男性女性への推奨度は下記の通りです。

男性への処方についての推奨度

  • ・フィナステリド内服薬 推奨度A(行うよう強く勧める)
  • ・デュタステリド内服薬 推奨度A(行うよう強く勧める)
  • ・ミノキシジル外用薬  推奨度A(行うよう強く勧める)

女性への処方についての推奨度

  • ・フィナステリド内服薬 推奨度D(行うべきではない)
  • ・デュタステリド内服薬 推奨度D(行うべきではない)
  • ・ミノキシジル外用薬  推奨度A(行うよう強く勧める)

お分かりでしょうか?
女性にも男性にも効果的な「推奨度A」なのは、ミノキシジル外用薬だけです。

ミノキシジル外用薬は、厚生労働省に承認された「一般用医薬品」です。
薬局やドラッグストアで、薬剤師から説明を受けて、適切な使用であると判断された場合のみ販売されるOTC薬です。

他の2つの薬は、医師の診察、処方を受けて購入する医療用医薬品なのに対し、ミノキシジル外用薬は購入しやすいのも特徴です。

(※1 日本皮膚科学会「男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン2017年版」

ミノキシジル外用薬の効果

さて、発毛効果のあるミノキシジル外用薬の効果は、先に挙げた通り「血管拡張作用」によって、毛根に届く血管まで血流が良くなり、毛乳頭細胞、毛母細胞が活性化されて発毛すること。
そして、毛母細胞を直接刺激して発毛を促すことの二つです。

日本国内で販売されている外用薬には、含有量1%と5%のものがあります。
海外流通品だと16%までの高濃度タイプのものもあり、濃度が高い方が発毛に対して効果的である反面、副作用もあるため、日本国内で入手できるのは、1%と5%のみとなっています。

ミノキシジル外用薬の効果を待つなら、最低4ヶ月

ミノキシジル外用薬の効果は、最低でも4ヶ月以上使用しないと確かめることができません。
これは、髪が生えて抜けるまでの「ヘアサイクル」が関係しています。

ヘアサイクルとは、
「成長期」(強調文字おわり)・毛穴から生えた髪が育つ(2〜6年)、
「退行期」(強調文字おわり)・成長が止まる(2〜3週間)、
「休止期」(強調文字おわり)・抜けて休む(数ヶ月)
の3つをぐるぐると回る髪の生え変わりのことです。

AGAを発症している人の頭髪は、毛母細胞の働きが抑制されているため、成長期が短縮され、髪が太くなる前に成長期が止まってしまう、あるいは休止期が長くなってしまう状態にあります。

ミノキシジル外用、フィナステリド、デュタステリドなどのAGA治療薬を使用すると、ヘアサイクルが正常なヘアサイクルとして動き出しますが、休止期に入っている毛根は、再び正常に動き出すのに数ヶ月かかります。休止期の期間より長く使用すれば、休んでいた毛根から発毛する効果も期待できるでしょう。

すぐに効果が出ないと思って諦めず、まず4ヶ月は待つようにしてください。

ミノキシジル外用薬の副作用

有効な薬剤の作用と背中合わせなのが副作用。
当然ながらミノキシジル外用薬にも副作用があります。

・皮膚への副作用
発疹、赤くなる、かゆみ、かぶれ、ふけ、熱感など

・精神神経系の副作用
頭痛、気が遠くなる、めまい

・循環器系の副作用
胸の痛み、心拍が速くなる

・代謝系の副作用
原因不明の急激な体重増加、手足のむくみ

など

多く報告される副作用は皮膚への症状ですが、これはミノキシジルの成分によるものだけではなく、アルコールなどの溶剤や添加物でのアレルギーや過敏症が多いと言われています。

また、「かゆみ」については、血流量が多くなったことで感じるかゆみである、と言われています。
多少の副作用が出たとしても、命に関わるような症状の報告がないのもミノキシジル外用薬の特徴ですが、万が一何かの症状が感じられた場合は、すぐに使用を中止し、医師や薬剤師に相談するようにしましょう。

ミノキシジルタブレット(内服薬)の効果

さて、国内で販売されているのはミノキシジルの「外用薬」ですが、実は「内服薬」も存在します。
剤型がタブレット型(錠剤)なため、「ミノキシジル タブレット(ミノタブ)」と呼ばれています。

ミノキシジル内服薬の効果は、高血圧症の治療で使われていた時に起こった副作用「多毛」そのものです。

ミノキシジルタブレットの副作用

ミノキシジル本来の効果「血管拡張作用」これが大きく働くと、重篤な副作用となってしまいます。

  • ・発疹、多毛症、
  • ・むくみ、血圧の低下、頭痛、不整脈、
  • ・肝機能障害、

(上記参照 Pfizer社 「LONITEN 添付文書」)

急激な血圧低下により、心臓への負担が増えることから、高齢者、心臓疾患がある人や、重度の腎機能障害を起こしている人などは服用できないことになっています。肝機能や腎機能などに障害のある人も注意が必要です。

ミノキシジルの内服薬は外用薬に比べて副作用の内容もやや深刻です。
AGA治療で服用して何か副作用の症状が感じられた場合は、すぐに服用を中止し、必ず医師に相談するようにしましょう。

ミノキシジルの効果を効率よく得るには

さて、ミノキシジルの外用薬については、より効率よく効果を引き出すためのいくつかのポイントがあります。

ミノキシジル外用薬の効果を引き出すには 1
用法用量を守る

「早く効果を出したい、今すぐ発毛したい!」
そう思う気持ちはわかりますが、先にもご説明したように、ヘアサイクルの関係で、ミノキシジルの効果が確認できるようになるのは数ヶ月後。
規定の用法用量よりも多く使っても、あまり意味がないばかりか、逆に副作用に見舞われたりする恐れもあります。
ここはじっくりと、規定の用法用量を守って待ちましょう。

ミノキシジル外用薬の効果を引き出すには 2
一日2回。そのうち一回は、シャンプー後に使う

皮脂を綺麗に洗い流してからの方が、薬の吸収がいいようです。
お風呂上りや、シャンプーの後の気持ちの良い時に塗布しましょう。マッサージタイムもかねると、尚効果的かもしれません。

ミノキシジル外用薬の効果を引き出すには 3
フィナステリド、デュタステリドとの併用も検討する

フィナステリド、デュタステリドのどちらかを併用することによって、
「DHTの産生を防いで、抜け毛予防、進行抑制効果」+「発毛効果」
のW効果が期待できます。
どちらの成分が効果的かは、頭髪専門クリニックにご相談ください。

ミノキシジル外用薬の効果を引き出すには 4
生活も見直す

「ミノキシジル塗ってるから大丈夫」そう思って暴飲暴食、自堕落な生活をしていては、せっかくの治療効果も期待できません。
心身に良いことは髪にもいいのです。
・お酒とタバコはほどほどに
・バランスのとれた食事
・適度な運動
・なるべくストレスのない生活

今日のあなたの生活が、未来のあなたの頭髪を育んでいます。
生活全般を見直して、髪だけでなく人生全体の快適を目指すのも悪くはないでしょう。

ミノキシジルの効果を求めてクリニックへ。

長期間ミノキシジルを使用しているけど効果が出ない、、、

そんな時は、頭髪専門のクリニックの手を借りてください。
投薬治療だけにとどまらず、AGAリスク遺伝子検査、アンドロゲンレセプター遺伝子検査など、各種検査によって患者様に最善の適切なアプローチを調査し、その結果を見て、様々な角度から効果的な対策を講じてくれるクリニックもあります。

ミノキシジルの濃度を調整したり、他の薬剤と組み合わせたり、サプリメントや整髪剤の提案など、相談できることは沢山あるでしょう。

思った治療の効果が出ないことを一人で悩まず、専門のクリニックのスタッフや医師と一緒により効果的な発毛治療を見つけてください。

ミノキシジルの購入についてのコラムもございます。
ミノキシジルの購入はどこで?

ミノキシジルの気になる話題が書かれていますので、こちらも是非お読みください。

相談無料

AGAは一人で悩まないでください。
薄毛が気になりだしたら、お気軽にご相談ください

個人個人で髪の悩みはさまざまです。同じような症状でも原因や治療方法が全く違う場合があります。
ご自分で判断せずにクリニックにご相談ください。AGAは早めの治療が効果的です。

関連記事

最新記事