この記事の監修者

医療法人社団ウェルエイジング
メンズヘルスクリニック東京

事務長 加藤 知久 (かとう ともひさ)

髪に関する美容業界を経て、1999年にAACクリニック名古屋の前身である錦クリニックに入職。入職当時より事務長としてクリニック運営に尽力してきた。日本における発毛治療分野の黎明期からこれまでの変遷を知る。
数年前に住まいを名古屋から東京近郊に移し、ヘアメディカルグループのクリニックの中で最大規模を誇るメンズヘルスクリニック東京の事務長として、スタッフ教育、業務改善、接遇強化に取り組み、毎日さまざまな髪のお悩みを持つ患者さまに真摯に向き合っている。

「ミノキシジル」をご存知ですか?
もしも発毛ついて興味をお持ちであれば、この先のミノキシジルに関する情報を是非お読みください。ミノキシジルの効果やメカニズム、副作用や購入方法がわかります。
もし貴方がAGAについても既によくお知りなら、ミノキシジルについても、もうよくご存知でしょう。でも、今一度ミノキシジルについて確認しても損はありません。人には聞けない、頭髪の悩みを解消してくれる「ミノキシジル」の新しい発見があるかもしれません。

baseimage

「ミノキシジル」いまさら聞けない、ミノキシジルの話

AGAとは?

AGA=Androgenetic Alopecia(男性型脱毛症)とは、男性ホルモンの働きによって脱毛が進む症状のことを指します。

ミノキシジルは、このAGA(男性型脱毛症)の治療用外用薬として、よく使われている薬です。
男性ホルモン「テストステロン」は、男性の男性らしい特徴を示すよう心身へ働きかける重要な働きをするホルモンです。
体を男性的な特徴へと発達させるほか、積極的で開発的、ポジティブでリーダーシップのある行動を取れるなどの、精神への影響をするのもこのホルモンの特徴です。

しかし、「5αリダクターゼ」という酵素と結び付くと、より活性化した男性ホルモン「ジヒドロテストステロン(DHT)」を産生します。
テストステロンよりも強く働くこのDHTは、胎児の時は、お母さんの胎内で男児胎児は男性器を成長させ、また、内面的にも男の子の特徴を持って生まれます。(もちろん別に個性や個人差はありますが)
生まれてからは、骨格や筋肉を作り、第二次性徴期には男性を男性らしい心身へと変化を促します。
テストステロンより効率よく男性的な働きをする反面、頭皮では毛を作る細胞の活動を抑制してしまい「薄毛」に、前立腺だと前立腺を肥大させる「前立腺肥大症」を引き起こしたりします。
このようなデメリットとも言える症状を引き起こすため、「悪玉男性ホルモン」と呼ばれてしまうのが、このDHTなのです。

この、テストステロンと5αリダクターゼで産生される、DHTの作用で進行する薄毛脱毛の症状が、AGAです。

ただ一つの発毛成分「ミノキシジルとは?」

さて、そのAGAの治療薬であるミノキシジルには、血管を拡張し、血圧を下げる作用があります。
もともと高血圧症の治療薬だったミノキシジルは、皮膚の毛根にある毛乳頭細胞への血流を良くし、また毛乳頭細胞を直接刺激することで、その周りの毛を作り出す毛母細胞の細胞分裂を促進し、発毛させる作用がある、と言われています。しかし、

高血圧症治療のために服用した患者さんたちに、多毛の症状があったため、育毛・発毛剤としての開発が進められ、外用薬として広く使われるようになりましたが、使用して発毛効果があるのは、このミノキシジルだけ。他のAGA治療薬では育毛効果や脱毛抑制の効果はあっても、発毛するのはミノキシジルだけです。

今現在、高血圧症の治療にはミノキシジルよりも良い内服薬ができたため、あまり使われることはないため、一般的には「ミノキシジルといえばAGA治療薬」というイメージの方が強いかもしれませんね。

ミノキシジルと、二つのAGA治療成分「フィナステリド」と「デュタステリド」

ミノキシジル外用薬は「推奨度A」!

薄毛や脱毛症の治療にあたる皮膚科医の学会、日本皮膚科学会が出している「男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン 2017 年版」(※1)での、AGA治療薬の審査において、ミノキシジル外用薬の評価は「推奨度A」、「その使用を強く勧める」とあります、

この審査では、ミノキシジル外用薬の他に「フィナステリド製剤の内服薬」「デュタステリド製剤の内服薬」が「推奨度A」の評価を受けていますが、ミノキシジルの他の2種は作用機序(服用した際の体への働きかけなどの仕組み)が違い、女性には効果がないばかりか、妊娠中、あるいは妊娠の可能性がある女性の場合は、胎児への重篤な副作用が、授乳中の女性の場合も、母乳に移行して赤ちゃんの体内に入ることで同じく重篤な副作用が考えられるため、使用することができません。
したがって、女性への効果や副作用についても十分に検証されていません。

また、未成年も同様に検証がされていないため、このフィナステリド製剤とデュタステリド製剤は、女性や未成年は使用することができないのです。

(※1 参照|日本皮膚科学会「男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン 2017 年版」

ミノキシジル外用薬は「一般用医薬品」。薬局で買えます。

対して、外用薬のミノキシジルにも多少の副作用はあり得ますが、その多くが皮膚症状で重篤なものは報告されていません。
妊娠中とその可能性のある女性、そして授乳中の女性が使えない他は、腎臓への疾患と心疾患などの既往歴がなく、使用中に大きな問題がなければ、薬局やドラッグストアで薬剤師の説明を受ければどなたでも購入できる「一般用医薬品(OTC薬品)」として売られています。また、近年は規制緩和によって、説明を聞くのと同等の必要な手順を踏めば、インターネット通販でも購入することができるようになりました。

ミノキシジルは、フィナステリド製剤やデュタステリド製剤に比べて入手しやすく、お値段もお手頃なため、継続がしやすく、多くの人が利用できる薬剤となっています。

ミノキシジル外用薬の副作用とは

ミノキシジルの内服薬については、やや怖い副作用もありましたが、これらはきちんとしたクリニックを受診し、既往歴や体調についても相談し、的確な指導を受けた上で処方してもらったものを、正しい用量用法を守って服用すれば、ひとまず心配することはないでしょう。
仮に、何か気になる症状が出たとしても、医師に相談し、量を減らしたり、しばらく休薬したり、あるいは別の治療薬に変えることも可能です。

しかし、そこまでの手間やリスクを負うほどではない。あるいは、もう少し手軽にすませたい、と思うのであれば、ミノキシジルの外用薬はちょうどいいかもしれません。
ミノキシジルの外用薬は、塗り薬ですので、内服薬とは副作用の出方がだいぶ異なりますし、医師や薬剤師の説明を受ければ、薬局やドラッグストアでも購入することが可能な、一般用医薬品(OTC薬品)としても販売されています。

<ミノキシジル外用薬の副作用>

  • ・痒み
  • ・発疹(かぶれや湿疹)
  • ・発赤(皮膚が赤くなる)
  • ・接触皮膚炎

などです。皮膚症状がほとんどで、しかも、発症頻度は多くなく、重篤なものの報告はありません。
アレルギーや過剰反応であるようなのですが、ミノキシジル自体はアレルギーの原因物質になりにくいため、溶剤に使われている物質やアルコールへの反応か、あるいはもともとお肌が弱いと、こうした症状が出ることがあるようです。
また、効果を焦って、自己判断で用量を増やしたり、使用頻度を上げたりすることで症状が出ることもあるようです。

何れにしても、ミノキシジル外用薬で万が一、こうした症状が出てしまったら、すぐに洗い流して症状が軽くなるのを待つ、あるいは、皮膚科を受診して適切な処置と指導を受けるようにしましょう。
掻いたり、こすったりするのは厳禁です。

ミノキシジルを、安全に安心して使うためには!

せっかくのAGA治療でミノキシジル外用薬を使っているのに、皮膚症状が出て中断することになってしまったり、悪化して薄毛の症状まで悪化しては意味がありません。
ミノキシジル外用薬を使う際は、薬局ドラッグストアの薬剤師や、AGA治療専門クリニックの医師の指導をきちんと守って使用しましょう。

ミノタブを服用する場合も、外用薬と同様に、AGA治療の専門クリニック等を受診して、正しい用法用量をまもって服用するようにしましょう。

(まとめ)

いかがですか?ミノキシジルのメカニズムや効果、副作用、購入方法などについて、ご理解いただけましたでしょうか。

ミノキシジルについては、その他にも、
ミノキシジルの効果ミノキシジルの購入に関してのコラム記事もございます。こちらも是非お読みください。

いま現在、発毛の効果がある医薬品はミノキシジルだけです。正しい用法用量を守って継続的に使えば、これほど頼りになる薄毛治療薬は他にないでしょう。お使いになる時は、AGA治療の専門の医師や薬剤師と相談し、安心安全にご使用ください。

相談無料

AGAは一人で悩まないでください。
薄毛が気になりだしたら、お気軽にご相談ください

個人個人で髪の悩みはさまざまです。同じような症状でも原因や治療方法が全く違う場合があります。
ご自分で判断せずにクリニックにご相談ください。AGAは早めの治療が効果的です。

関連記事

最新記事