この記事の監修者

医療法人社団ウェルエイジング
Dクリニック東京 メンズ

事務長 加藤 知久 (かとう ともひさ)

髪に関する美容業界を経て、1999年にDクリニック名古屋の前身である錦クリニックに入職。入職当時より事務長としてクリニック運営に尽力してきた。日本における発毛治療分野の黎明期からこれまでの変遷を知る。
数年前に住まいを名古屋から東京近郊に移し、Dクリニックの中で最大規模を誇るDクリニック東京 メンズ の事務長として、スタッフ教育、業務改善、接遇強化に取り組み、毎日さまざまな髪のお悩みを持つ患者さまに真摯に向き合っている。

くせ毛や薄毛などの対策に敏感な方は『ケラチン』という成分を目にしたことがあるかもしれません。ヘアサロンでケラチントリートメントを使った施術コースがあるほどです。そこで、ケラチンが配合されたトリートメントにはどのような効果が期待できるのか、そしてなぜ髪に良いのかをご紹介します。

baseimage

ケラチントリートメントの「ケラチン」って何?

ケラチンは髪の主成分であるタンパク質の一種で、髪の90%以上を占める主成分です。そのため、太く丈夫な髪を維持するためには、ケラチンが必要なのです。

ケラチンを構成する成分

ケラチンは、18種類のアミノ酸によって作られています。すべてのアミノ酸が均等に組み合わさっているのではなく、半分以上は7種類のアミノ酸で構成されています。それぞれどのような成分なのか説明します。

シスチン

約17%と1番多く含まれるアミノ酸です。

出典:毛髪の科学 『繊維学会誌 繊維と工業 41巻 1985年』

活性酸素を除去するはたらきがあり、牛肉や乳製品などから摂取できます。シスチンは、紫外線を受けたときや、喫煙・禁酒で発生した活性酸素を除去するときに使われます。普段の生活でシスチンが足りなくなると、薄毛や抜け毛の要因になるので注意が必要です。

グルタミン酸

うまみ成分として知られるアミノ酸です。昆布やチーズ、緑茶などに多く含まれています。皮膚の潤いを保つ保湿成分なので、頭皮や髪の乾燥を防ぎ育毛環境を整えるのに役立ちます。

アルギニン

代謝や疲労回復効果があるアミノ酸です。アルギニンのはたらきのひとつとして成長ホルモンの分泌を促す作用があります。成長ホルモンは健康的な髪を作る、ダメージを修復するといった細胞を活性化させる力をもちます。

スレオニン

健康的な髪を生みだすのに必要なアミノ酸です。頭皮や髪を保湿するだけでなく、肝臓に脂肪が溜まることを抑制する効果をもち合わせます。体内で必要な量を生成できないため食事などで補う必要があります。

セリン

成長ホルモンの生成を促し、健康的な髪を作るはたらきのあるアミノ酸です。育毛以外では、美肌や睡眠改善に役立ちます。

ロイシン

タンパク質の合成と分解に関わるアミノ酸です。髪の健康や育毛に役立つ効果が期待できます。また、肝機能の状態を改善し、栄養が吸収されやすい環境を作るためにも使われます。

アスパラギン酸

肌の新陳代謝の促進や保湿の効果をもつアミノ酸です。エネルギーの生産にも関わっているので、髪の成長に必要な毛母細胞にも良い影響があると考えられています。

ケラチンが足りないとどうなる? トリートメントの登場!

ケラチンが不足すると、髪の状態に影響がでます。くせ毛や縮れ毛、細い髪が増えるといった原因になります。

ケラチンを作り出すためには、卵や大豆などのタンパク質を多く含む食品を摂取しなければなりません。ただし、普段の食生活では足りない場合も考えられます。そこで、ケラチンを含むシャンプーやトリートメントが開発されました。こういった商品を活用して、ケラチンを補いましょう。

『ケラチントリートメント』の3つの効果

ケラチンを配合したトリートメントは、傷んだ髪の修復やくせ毛の改善に利用されます。まずは、具体的にどのような効果が期待できるのか確認しましょう。

保湿効果

ケラチンには髪に潤いを与える効果があります。ヘアアイロンの熱や栄養不足、シャンプーのしすぎなどで髪の水分は失われます。水分の少ない髪は紫外線を通しやすく、頭皮にそのダメージが及ぶ可能性があります。ケラチンには、失われた髪の水分を取り戻すことで髪を保湿し、結果的に頭皮を紫外線から保護するはたらきがあると言えます。

髪の表面的なケア

ケラチンは毛小皮、毛表皮といわれる髪の外側をコーティングします。ヘアサロンでは、くせ毛やうねりを改善してツヤのあるストレートヘアを作るのに使用されます。ケラチン配合のトリートメントを使う場合は、髪の表面をコーティングすることで、髪を乾かすときにドライヤーの熱によるダメージを軽減するのに役立ちます。

後天的なくせ毛はダメージのサイン

遺伝によるくせ毛という先天的な原因に対して、後天的なくせ毛は誤ったヘアケアや紫外線などの要因から引き起こされ、髪質が変化することがあります。後天的なくせ毛は、場合によってはケラチントリートメントで改善できる場合があります。

くせ毛の種類

直毛

比較的真っ直ぐで癖がなく、日本人に多い髪質です。太くてしっかりとしており、パーマが当たりにくいことが特徴で、その断面は円に近い形をしています。直毛であるかどうかは遺伝によって決まりますが、一生変わらないということではなく、加齢によってくせ毛が増えることはあります。

縮毛

ウェーブがかかったような癖のある髪質です。髪の断面が円に近い直毛に対し、縮毛は楕円形をしています。直毛と同じように遺伝しますが、後天的なダメージ、たとえば紫外線、パーマ、髪染めなどによって髪の内部が傷つくと縮毛になることがあります。

捻転毛(ねんてんもう)

髪がねじれて、凹凸した状態になります。健康時の毛髪と比べると形が異常なため、毛髪奇形などとも言われます。後天的な要因として、不充分な睡眠、不充分な栄養、運動不足など生活習慣から引き起こされると考えられています。

結節性裂毛症(けっせつせいれつもうしょう)

髪がもろくなる毛管形態異常で、枝毛や切れ毛が増えます。その原因には、先天性と後天性の2つがあり、髪の毛に対する物理的な刺激が原因で発症している場合は、ヘアケアの方法を見直すことで症状が改善できます。

ケラチントリートメントで予防・改善する

くせ毛は外的刺激が要因となっているのなら、日頃のヘアケアを見直すことで改善できる場合があります。

捻転毛は、生活習慣の乱れや頭皮の毛穴の詰まりが原因です。そのため、直接的にケラチントリートメントで改善することはありませんが、髪の表面をケラチンでコーティングすることで、髪のくせを抑えることができます。

また、ヘルメットやヘアアイロン、カラーリングやパーマといった刺激による結節性裂毛症は、ケラチントリートメントで保湿、コーティングすることで髪のダメージを抑え、その発症を予防できます。

セルフケアで頭皮環境が改善しない場合は

シャンプーやトリートメントでしっかりとセルフケアをしているのに、なかなか髪や頭皮環境が改善しない場合は専門の医師に相談することも検討しましょう。皮脂の過剰分泌や生活習慣の悪化など、頭皮環境の悪化の要因はいろいろあります。またAGA(男性型脱毛症)の場合は症状にあわせた治療が必要です。

専門のクリニックでは無料カウンセリングを行っていることがあります。メンズヘルスクリニック東京でも無料カウンセリングを行っています。髪の悩みや治療方法について相談することができますので、少しでも不安に思っている方はぜひ利用してください。

投稿:Dクリニック東京 メンズ

相談無料

AGAは一人で悩まないでください。
薄毛が気になりだしたら、お気軽にご相談ください

個人個人で髪の悩みはさまざまです。同じような症状でも原因や治療方法が全く違う場合があります。
ご自分で判断せずにクリニックにご相談ください。AGAは早めの治療が効果的です。

関連記事

最新記事