この記事の監修者

医療法人社団ウェルエイジング
Dクリニック東京 メンズ

事務長 加藤 知久 (かとう ともひさ)

髪に関する美容業界を経て、1999年にDクリニック名古屋の前身である錦クリニックに入職。入職当時より事務長としてクリニック運営に尽力してきた。日本における発毛治療分野の黎明期からこれまでの変遷を知る。
数年前に住まいを名古屋から東京近郊に移し、Dクリニックの中で最大規模を誇るDクリニック東京 メンズ の事務長として、スタッフ教育、業務改善、接遇強化に取り組み、毎日さまざまな髪のお悩みを持つ患者さまに真摯に向き合っている。

シャンプー時の抜け毛や、朝起きたときに枕元に残る抜け毛…。「これってAGA(男性型脱毛症)かも?」と不安に感じるのも無理はありません。一方で、髪はヘアサイクルに従って、毎日一定数は抜けていくものです。AGAと正常な抜け毛は、どのように見分ければいいのでしょうか?
今回は、どのような症状のときにAGAだと判断すべきかについて解説していきます。

baseimage

1日に抜けていく髪の本数はどれくらい?

髪の毛には、一定のヘアサイクルがあります。細い産毛として生えてきて、太く成長していく「成長期」、髪の成長が止まる「退行期」、そして髪が抜け落ち、毛根部が活動を止める「休止期」を繰り返して、髪は定期的に生え変わっています。つまり、健康な状態であっても抜け毛は起こるのです。

一般的に、1日に抜けていく髪は50~100本程度といわれています。かなり多いように感じますが、およそ10万本といわれる髪全体から見れば、0.1%にすぎません。

シャンプーのときや枕に残った抜け毛の多さに、「もしかしたらAGA?」と心配する人は多いものですが、それだけでAGAかどうかは判断できません。AGAを気にするのであれば、抜け毛の本数以上に注目すべきポイントがあるのです。

髪質が変化しているようなら要注意

AGAかどうかを判断するためのポイントのひとつは、髪質の変化です。髪質の変化は、気づきにくいものですが、AGAの初期に起こる現象です。

AGAは、体内の男性ホルモン「テストステロン」が、「5αリダクターゼ」という還元酵素と結び付くことで、「ジヒドロテストステロン(DHT)」が産生されることが起因となります。このジヒドロテストステロンが、ヘアサイクルを乱してしまうのです。髪の成長期は、健康な状態ですと2年から6年ほど続きます。

この間、髪のもととなる毛母細胞は分裂を続け、髪は太く長く成長していきます。ところが、AGAが発症すると、この成長期が極端に短くなり、髪が十分に成長する前に休止期に入ってしまうのです。そのため、細く短い髪が増えていきます。

「髪にコシやハリがなくなった」「髪が全体的に細くなってきた」など、髪質に変化が現れたら、それはAGAの前触れかもしれません。

毛量が少なくなっていたら要注意

髪の成長期が極端に短くなると、それとともに毛量も減っていきます。全体的に細い髪が増えますから、ますます髪のボリュームが減ったように感じます。

AGAによる脱毛はある程度まで症状が進行しないと、なかなか気付きにくいものです。まして、AGAに特徴的なつむじ周辺の薄毛・脱毛は、自分で見ることができません。ですから、毎日の洗顔時などに、額の生え際をチェックするといいでしょう。また、定期的に頭髪の写真を撮っておけば、変化に気付きやすくなります。明らかに生え際や頭頂部の毛が少なくなっているようであれば、AGAを疑うべきでしょう。

産毛のような抜け毛が増えたら要注意!

AGAを発症すると、髪は十分に成長できないまま抜けていってしまいます。ですから、抜け毛の本数もさることながら、抜け毛の状態でもAGAかどうかが判断しやすくなります。AGAが発症していると、「産毛のような細く短い抜け毛」が増えていくのです。

もうひとつのポイントは、抜け毛の毛球をチェックすることです。毛球とは、髪の根元の丸く膨らんだ部分で、健康な髪はまさに球のようにふっくらとしています。このような毛球は、髪が健康に育っている証ですので、心配はいりません。一方、AGAによる抜け毛では、毛球のふくらみがほとんどありません。成長期が短くなってしまったために、毛球も十分に成長することができないからです。もしもこのような抜け毛が多いなら、AGAの可能性を疑ってみてもいいでしょう。

AGAは早期発見が大事

AGAは、そのメカニズムがわかっていますので、適切な治療を受ければ、改善できる可能性があります。頭髪治療の専門クリニックでは、「プロペシア」や「ミノキシジル」といったAGAの治療薬を中心に、治療方針を立ててくれます。

そして、AGA治療を行う上で、一番大切なのが早期発見です。AGAは進行性の脱毛症ですので、放置しておくと、薄毛・脱毛はひどくなるばかりです。また、症状が進んでしまうと、改善するにも時間がかかりますので、日頃から頭髪の変化を見逃さないことです。薄毛・脱毛は「ある日突然」起こるものではありません。数ヵ月、数年という時間をかけて、少しずつ進行していきます。抜け毛が増えてきたかもしれないと感じたら、頭髪治療の専門クリニックで相談をしてみてはいかがでしょうか?専門クリニックであれば、AGAかどうかを明確に判断することができます。

相談無料

AGAは一人で悩まないでください。
薄毛が気になりだしたら、お気軽にご相談ください

個人個人で髪の悩みはさまざまです。同じような症状でも原因や治療方法が全く違う場合があります。
ご自分で判断せずにクリニックにご相談ください。AGAは早めの治療が効果的です。

関連記事

最新記事