この記事の監修者

医療法人社団ウェルエイジング
Dクリニック東京 メンズ

事務長 加藤 知久 (かとう ともひさ)

髪に関する美容業界を経て、1999年にDクリニック名古屋の前身である錦クリニックに入職。入職当時より事務長としてクリニック運営に尽力してきた。日本における発毛治療分野の黎明期からこれまでの変遷を知る。
数年前に住まいを名古屋から東京近郊に移し、Dクリニックの中で最大規模を誇るDクリニック東京 メンズ の事務長として、スタッフ教育、業務改善、接遇強化に取り組み、毎日さまざまな髪のお悩みを持つ患者さまに真摯に向き合っている。

AGA治療(男性型脱毛症)でよく起こるのが「初期脱毛」です。これは、プロペシア(フィナステリド配合薬)といったAGA(男性型脱毛症)治療薬を服用した初期の段階で、一時的に脱毛が進んでしまう現象ですが、本人にとってはショッキングな出来事でしょう。なぜプロペシア(フィナステリド配合薬)の服用で初期脱毛が起こるのか、その原因を解説していきます。

baseimage

AGA治療薬「プロペシア」と初期脱毛について

プロペシアは、アメリカで開発された医薬品で、有効成分は、「フィナステリド」です。もともとは、前立腺肥大などの治療薬としてプロペシアは開発されました。しかし、プロペシアを服用した人の症状から脱毛を抑える効果があると判明。プロペシアは、AGA(男性型脱毛症)治療薬として使用されるようになったのです。また、AGA(男性型脱毛症)治療薬として、日本でもプロペシアは厚生労働省の承認を受けています。

プロペシアの作用機序について

私たちの体内にある男性ホルモン「テストステロン」が、AGA(男性型脱毛症)に関わっています。男性ホルモン「テストステロン」が酵素「5αリダクターゼ」と結び付くと、「ジヒドロテストステロン(DHT)」へと変化。そして、「ジヒドロテストステロン」が髪の毛根にダメージを与えることで、ヘアサイクルの乱れがおこり、脱毛を促進させます。
そこに、プロペシアの有効成分「フィナステリド」は、「5αリダクターゼ」の働きを抑える働きがあります。また、「ジヒドロテストステロン」の発生を抑制することで、ダメージを受ける毛根が減っていき、正常なヘアサイクルになるのです。

プロペシアの副作用について

AGA(男性型脱毛症)治療に有効なプロペシアは副作用があります。主に上げられるプロペシアの副作用は以下の通りです。

・性欲減退、勃起不全等
・肝機能障害

ただし、プロペシア錠の添付文書によると、「肝機能障害の発症率は0.2%」とされていますが、重大な副作用として、「観察を十分に行い、異常が認められた場合には、投与を中止するなど適切な処置を行うこと」と記載があるので注意が必要です。

プロペシアについて、詳しく知りたい方はこちらの記事をご覧ださい。

プロペシアとは?
プロペシアの初期脱毛はなぜ起こる?原因を理解し不安を解消

そもそも初期脱毛とは?

AGA(男性型脱毛症)治療では、プロペシアなどの薬を服用することになります。ところが、治療を始めると間もなく、今まで以上に抜け毛が多くなることがあります。これが、初期脱毛です。

初期脱毛は、必ず起こるというわけではありません。頭髪の状態や体質、治療薬への反応などは、人によって違いますから、初期脱毛が起こるかはケースバイケースとなります。

ですが、AGA(男性型脱毛症)治療を始めて「さあ、これからフサフサの髪を目指すぞ」と意気込んでいるときに、初期脱毛により抜け毛が増えるのですから、本人は気が気ではないでしょう。「薬が合わないのだろうか?」「ドクターが処方を間違えたのでは?」などと、不安になるのも無理はありません。

しかし、初期脱毛のメカニズムさえしっかりと理解しておけば、あなたの不安はかなり改善されるはずです。

健康なヘアサイクルとは?

初期脱毛が起こる原因を把握するには、まずは健康な髪のサイクルを知っておく必要があります。

人間の頭髪は10万~15万本あるといわれており、1日に数mm、1年ではおよそ15cm伸びるといわれています。もちろん、髪の毛は伸び続けるわけではなく、一定期間が経つと、自然と抜け落ちます。そして、同じ毛穴から新しい髪が生えてくるのです。

この成長した髪の毛が抜け落ちて、新たに髪の毛が生まれる周期のことを、ヘアサイクルといいます。髪の毛1本1本が、成長と退行を繰り返していて、ヘアサイクルは「成長期」「退行期」「休止期」に分かれます。

・成長期…髪が生え始めて太く長く成長させる期間(4~6年)
・退行期…成長期から毛根の働きが弱まっていく期間(2~3週間)
・休止期…毛根が活動を止める期間(数ヵ月)

成長期は、髪を太く長く成長させる時期です。髪全体の90%程度がこの成長期にあります。退行期は、毛根の活動が衰えていく時期で、髪全体の5〜10%程度とされています。休止期は、髪の生産がぴたりと止まり、抜けるのを待つばかりという状態です。髪全体の5〜10%程度とされています。

健康的なヘアサイクルであれば、休止期の後に再び成長期に入り、太く長い髪の毛が成長していきます。

ヘアサイクルについて、詳しく知りたい方はこちらの記事をご覧ください。

ヘアサイクルと薄毛の関係とは?髪の毛の成長とAGA治療

ヘアサイクルの乱れと初期脱毛のメカニズム

通常のヘアサイクルでは、髪の「成長期」は4~6年ほど続きます。この間、毛根は活発に活動を続け、髪は太く長く伸びていきます。ところがAGA(男性型脱毛症)が発症すると、この成長期が長続きしなくなり、退行期に移ってしまいます。そのため、成長が止まった髪は、細く短いままで、やがて抜け落ちてしまうのです。

成長期の髪は、頭髪全体の90%を占めています。その髪が衰えていくのですから、見た目にも大きな変化になることがわかるでしょう。男性ホルモンの影響を受けにくい側頭部や後頭部はあまり脱毛しませんが、前頭部や頭頂部の髪はどんどん細く短くなる傾向があります。

この状態で、プロペシアなどAGA(男性型脱毛症)治療薬を飲み始めると、初期脱毛が起こります。AGA(男性型脱毛症)治療薬によって毛穴が活性化されて、乱れたヘアサイクルが正常化されていくのです。新たに作られた髪は頭皮から外へ伸びようとしますが、そこには古い髪が残ったままです。この古い髪が、押し上げられるようにして、抜けていきます。これが、AGA(男性型脱毛症)治療における初期脱毛のメカニズムです。

プロペシアなどで初期脱毛はどれくらい続く?

初期脱毛は、眠っていた毛根が働き始めたサインですので、本来なら喜ばしいことです。ですが、プロペシアなどの薬を使ったAGA(男性型脱毛症)治療を始めてすぐに髪が抜け始めたら、不安になるのは当然です。

初期脱毛では、1日に10〜15本程度ということもあれば、ある程度の量の髪が抜けていくというケースがあり、個人差が大きいです。プロペシアなどの薬を使ったAGA(男性型脱毛症)治療開始から1ヵ月後あたりから脱毛が始まり、数ヵ月で初期脱毛が収まっていくのが一般的な傾向です。

プロペシアなどで初期脱毛が起こったときの注意点

プロペシアなどのAGA(男性型脱毛症)治療薬を服用してからの初期脱毛が起こったときに、注意しておくべきことがおもに2つあります。それぞれ確認しておきましょう。

自己判断で治療をやめない

初期脱毛は毛根が目覚めたサインです。これから少しずつ、元気な髪が生えてくるのです。ですが、脱毛を心配して治療を中断すると、それまでの努力が水の泡になります。毛根は再び深い眠りに落ちてしまいます。発毛治療は長く続けることが重要です。自己判断で薬を止めたりせず、そのまま治療を続行してください。

発毛剤以外が原因の場合も

初期脱毛は、およそ数ヵ月で収まります。ですが、それ以上にわたって毎日100本単位で髪が抜けている場合には、できるだけ早く医師に相談しましょう。もしかしたら、AGA(男性型脱毛症)治療薬とはまったく違うことが原因となっている場合もあります。

AGA(男性型脱毛症)の原因と対策について、詳しく知りたい方はこちらの記事をご覧ください。

AGA について
AGAとは
AGAの原因

プロペシアなどで初期脱毛は必ず通る道と思うことが大切

プロペシアなどの薬を使ってAGA(男性型脱毛症)治療を始めるなら、初期脱毛は想定しておくべき現象です。あまり脱毛を気にすることなく、割り切りましょう。初期脱毛で抜けていく髪は、十分に成長できなかった細くて弱々しい髪です。名残惜しいところですが、初期脱毛の次に生えてくる髪が、より太く長く育っていくことに期待しましょう。

また、AGA(男性型脱毛症)治療の専門クリニックであれば、治療前に初期脱毛についての説明を受けることができます。まずは、AGA(男性型脱毛症)治療の専門クリニックでカウンセリングを受けることで、自身の頭皮と頭髪の状態を把握してみてはいかがでしょうか。

メンズヘルスクリニック東京_無料カウンセリング

投稿:Dクリニック東京 メンズ

相談無料

AGAは一人で悩まないでください。
薄毛が気になりだしたら、お気軽にご相談ください

個人個人で髪の悩みはさまざまです。同じような症状でも原因や治療方法が全く違う場合があります。
ご自分で判断せずにクリニックにご相談ください。AGAは早めの治療が効果的です。

関連記事

最新記事