この記事の監修者

医療法人社団ウェルエイジング
Dクリニック東京 メンズ

事務長 加藤 知久 (かとう ともひさ)

髪に関する美容業界を経て、1999年にDクリニック名古屋の前身である錦クリニックに入職。入職当時より事務長としてクリニック運営に尽力してきた。日本における発毛治療分野の黎明期からこれまでの変遷を知る。
数年前に住まいを名古屋から東京近郊に移し、Dクリニックの中で最大規模を誇るDクリニック東京 メンズ の事務長として、スタッフ教育、業務改善、接遇強化に取り組み、毎日さまざまな髪のお悩みを持つ患者さまに真摯に向き合っている。

毛髪(薄毛)に悩む男性にとって、シャンプー選びは予防・改善に向けた第一歩ではないでしょうか。比較的安価で手に入りやすいシャンプーなら、今使っているものを買い換えるだけで簡単に薄毛の対策を始められます。頭皮にやさしくないと言われている成分、良いと言われている成分、どちらも確認して自分に合ったシャンプーを選びましょう。

baseimage

洗いながら頭皮にダメージを与える?髪にやさしくないシャンプー成分

シャンプーに含まれる洗浄成分には、頭皮にとって刺激が強すぎる成分もあります。代表的な成分にアニオン界面活性剤の一種である、『ラウリル硫酸Na』と『ラウレス硫酸Na』などがあげられます。なぜこのシャンプー成分が頭皮にとって刺激となるのかご説明します。

 

ラウリル硫酸Na

ラウリル硫酸Naは泡立ちが良く、価格も安いので多くのシャンプーに使われています。洗浄力は、髪の汚れやベタつきを落とすのに役立ちますが、一方で本来頭皮に必要な分の皮脂まで洗い流してしまう可能性があります。皮脂がなくなると頭皮は乾燥します。すると乾燥を防ぐために、頭皮は皮脂を多く分泌します。

その皮脂をシャンプーで洗い流し、そして皮脂を多く分泌するといった悪循環は、過剰な皮脂の分泌につながり、頭皮のべたつきと乾燥を進行させます。

ラウレス硫酸Na

ラウレス硫酸Naは、ラウリル硫酸Naより分子量の大きい成分です。洗浄力が強く、頭皮の皮脂を必要以上に落とすため、乾燥やかゆみの原因となります。そのため、頭皮を乾燥から守る保湿成分も一緒に配合された商品が販売されています。

これらの成分が含まれるシャンプーは高級アルコール系シャンプーと呼ばれています。必ずしもこの成分が含まれているから頭皮に悪いというわけではありませんが、頭皮が敏感な人、皮脂の量が少なく乾燥しがちな人は、洗浄力の強いシャンプーによって頭皮に過剰な刺激を受けることがあるということです。

選ぶ時はコレ!髪に良いシャンプー成分

選ぶ時はコレ!髪に良いシャンプー成分

注意する成分はもちろん、薄毛の予防・改善に期待が持てる良いシャンプー成分も知っておきましょう。今回紹介する成分を含むシャンプーに変えるだけでも、頭皮環境の改善に期待が持てるかもしれません。

アミノ酸

アミノ酸が含まれるシャンプーは育毛に良い成分として知られ、アミノ酸系シャンプーとして販売されています。アミノ酸が良い理由は、人の体の素となるタンパク質を構成する成分だからです。髪の成分の一部であるタンパク質は18種類(メチオニン、シスチンなど)のアミノ酸で構成されています。アミノ酸系シャンプーは、髪と同じ成分の界面活性剤が使用されているので、髪に馴染みやすく、低刺激だと考えられています。

グリチルリチン酸

グリチルリチン酸は天草エキスのことです。この成分は古くから鎮痛作用や抗アレルギー作用のある漢方薬として親しまれてきました。

頭皮は髪に覆われていることで蒸れやすく、雑菌が繁殖しやすい環境です。頭皮の雑菌が増えると悪臭や吹き出物の原因になるのはもちろん、フケなどを引き起こす可能性も考えられます。グリチルリチン酸を含むシャンプーは、頭皮トラブルの症状を改善する効果が期待できます。

ホホバオイル

ホホバオイルは植物から抽出した天然オイルです。栄養が豊富に含まれているだけでなく、保湿効果があるため、頭皮が乾燥しがちな方に利用されてきました。ホホバオイルは人間の皮脂成分と近い成分で構成されています。そのため、肌に馴染みやすいことが特徴です。

また、過剰な皮脂分泌を抑えながら乾燥を防ぐ効果が期待できます。角質をやわらかくして浮かせる効果もあるので、毛穴に詰まった余分な皮脂汚れを除去する作用が注目されています。頭皮の乾燥やフケを改善して、皮脂分泌を正常な状態に整えたいと考えている方におすすめです。

不飽和脂肪酸

不飽和脂肪酸はアミノ酸のように、人にとって必要不可欠な成分です。魚由来のDHAやEPA、植物由来のオレイン酸などが該当します。これらの成分は体内で作ることができず、不足すると頭皮の柔軟性が失われることがあります。食事で内側からアプローチするだけではなく、毎日のシャンプーでも不飽和脂肪酸を補いましょう。

ノコギリヤシ

ノコギリヤシは薄毛の予防対策として利用される植物で、AGA(男性型脱毛症)の要因となる5aリダクターゼという酵素の活動を抑えると言われてます。医学的にはまだ高い評価を得るまでに至っていませんが、「薄毛に効果があるのではないか?」として注目されている成分です。

アミノ酸系シャンプーとアミノ酸配合シャンプーの違いに注意

先ほど紹介した髪に良いアミノ酸には、『アミノ酸系シャンプー』と『アミノ酸配合シャンプー』があります。どちらにもアミノ酸という単語が入っていますが、その内訳が違うので注意が必要です。見分け方をご説明しますので、シャンプー選びの参考にしてください。

アミノ酸系とアミノ酸配合シャンプーの違い

アミノ酸系シャンプーは、洗浄成分にアミノ酸系の界面活性剤が使用されています。一方で、アミノ酸配合シャンプーは、ラウリル硫酸Naなどのほかの界面活性剤も使用されています。

「アミノ酸系シャンプーを使っているつもりだったのに、実は刺激の強い界面活性剤が含まれていた。」ということにならないためには、成分表をチェックして、2つを見分ける必要があります。

見分ける時は成分表をチェック

アミノ酸配合シャンプーには、アミノ酸と界面活性剤の両方が配合されています。純粋なアミノ酸系シャンプーを使いたいのなら購入前に成分表をしっかりチェックしましょう。アミノ酸系洗浄成分には次のような表記があります。

N‐アシル-L-グルタミン酸ナトリウム

パーム脂肪酸グルタミン酸Na

ラウロイルメチルアラニンNa

ラウロイルアスパラギン酸

これらの成分が含まれるシャンプーはアミノ酸が含まれていると言えますが、同時にラウリル硫酸Naやラウレス硫酸Naといった成分も含まれている場合は、アミノ酸配合シャンプーです。パッケージで『アミノ酸』とアピールしていても、頭皮の状態によっては刺激が強すぎる場合があるため注意しましょう。

シャンプーで改善しない場合はクリニックを受診しましょう

シャンプーで改善しない場合はクリニックを受診しましょう

頭皮にやさしいアミノ酸系シャンプーを使っているのに薄毛が改善しない」と悩んでいるのなら、頭髪治療を専門とするクリニックで相談してみませんか?

薄毛といってもストレスや頭皮環境の悪化、男性ホルモンの影響など原因はひとつではありません。もちろん、頭皮環境を良くするために適切なシャンプーを使ったセルフケアは大切ですが、原因によってはシャンプーだけで今の状態から改善することが難しいこともあります。そのため、頭皮にやさしいアミノ酸系シャンプーを使ってはいるものの、思うような状態にならない場合は、頭髪治療専門の医師やスタッフに相談することで不安をぬぐいさることができるかもしれません。

通院にかかる費用や治療について不安があるのなら、無料カウンセリングを利用してみてはいかがでしょうか。無料カウンセリングは、専門スタッフが頭髪のトラブルや治療に要する費用について詳しく説明してくれます。

本格的に治療を始めると、月に1回程度はクリニックに通うことになります。だからこそ、いきなり治療を受けるのではなく、まず無料カウンセリングを受けて信頼に足るクリニックかどうか判断することが大切です。

シャンプー成分を見極めて薄毛を予防

洗浄力の高いシャンプーは頭皮の汚れをしっかり落とすことができますが、頭皮の乾燥を防ぐのに必要な皮脂まで落とす可能性があります。そこで今回紹介した頭皮にやさしい成分の入ったアミノ酸系シャンプーを選びましょう。

相談無料

AGAは一人で悩まないでください。
薄毛が気になりだしたら、お気軽にご相談ください

個人個人で髪の悩みはさまざまです。同じような症状でも原因や治療方法が全く違う場合があります。
ご自分で判断せずにクリニックにご相談ください。AGAは早めの治療が効果的です。

関連記事

最新記事