この記事の監修者

医療法人社団ウェルエイジング
Dクリニック東京 メンズ

事務長 加藤 知久 (かとう ともひさ)

髪に関する美容業界を経て、1999年にDクリニック名古屋の前身である錦クリニックに入職。入職当時より事務長としてクリニック運営に尽力してきた。日本における発毛治療分野の黎明期からこれまでの変遷を知る。
数年前に住まいを名古屋から東京近郊に移し、Dクリニックの中で最大規模を誇るDクリニック東京 メンズ の事務長として、スタッフ教育、業務改善、接遇強化に取り組み、毎日さまざまな髪のお悩みを持つ患者さまに真摯に向き合っている。

朝起きたとき、ベッド周りに髪の毛が散乱していることはないでしょうか?そんなときは、AGA(男性型脱毛症)を疑ってみるべきかもしれません。
しかし、毎日のように髪の毛は抜けていますので、判断が難しいところです。ベッド周りの抜け毛からAGAかどうかが判断できるのかどうかについて、確認していきましょう。

baseimage

ベッド周りの抜け毛が目立つ理由

ベッド周りは、抜け毛を顕著に確認できます。目を覚ましたとき、まず視界に入るのがベッド周りになりますので、抜け毛の状況が目に入りやすいのです。
また、ベッド周りの抜け毛が目立つ理由としては、枕と髪の毛がこすれることが要因として挙げられます。髪の毛は、成長が止まると抜け毛になって、再び生えてくるのですが、日常生活においては抜け毛が頭の中にとどまっている場合があります。こうした抜け毛が枕とこすれることで、ベッド周りに付着します。睡眠中は、長い時間ベッドで過ごしていますので、それだけ抜け毛の量も増えるというわけです。
これらの点から、ベッド周りは、抜け毛の状況を確認するバロメーターにもなりうるのです。

ベッド周り以外で抜け毛を確認しやすい場所は?

ベッド周り以外で、抜け毛に気付きやすいのは、やはりバスルームの排水口になります。バスルームでは、洗髪によって抜け毛が出やすく、さらに排水口に抜け毛が集まりやすいので、抜け毛を確認しやすい状況があります。
ほかにも、ブラッシングしているときのヘアブラシには、抜け毛が付着します。掃除をしているときの床からも、抜け毛を確認できるでしょう。

1日の抜け毛の量を把握しておく

抜け毛のタイミングは、「成長期」「退行期」「休止期」というヘアサイクルが関係してきます。成長期では、髪の毛が約4~6年のあいだに伸び続けます。そして、約2~3週間の退行期に入ると、髪の毛の成長スピードが遅くなっていき、約3~6ヵ月の休止期に入ると、髪の毛が抜けていきます。そこから再び、成長期を迎えることになります。髪の毛は、このヘアサイクルを繰り返しているのです。

抜け毛が多いかどうかを判断するには、そもそも正常な状態での抜け毛の本数を把握しなければなりません。一般的な人で、抜け毛は1日50~100本といわれています。「そんなに抜けているのか!」と驚かれる方もいるかもしれませんが、髪の毛の総数は、およそ10万本です。そのうち0.05~0.1%が毎日のように生え替わっていることになります。
1日の抜け毛の本数は正確に数えることはできませんが、ベッド周りを中心にどのくらいの量の抜け毛があるのか確認してみてください。おおよその目安で構いません。AGAが進行している場合は、明らかに抜け毛の本数が違うはずです。そのため、ベッド周りの抜け毛を見ながら、その変化の予兆がないかを確認してみるといいでしょう。
また、夏から秋にかけては、1日の抜け毛が200本に至ることもあります。夏の紫外線による頭皮への刺激や、夏バテによる体力の減退、季節の変わり目の毛の生え変わりなど、さまざまな説があります。いずれにしても、夏は頭髪にとって好ましくない季節といえそうです。

抜け毛が多い場合はAGAを疑ってみる

「ベッド周りの抜け毛が急に増えてきた」と感じたら、AGAの発症を疑ってみてもいいでしょう。
そもそもAGAの原因とは、男性ホルモンの一種である「ジヒドロテストステロン(DHT)」により、ヘアサイクルの成長期が短くなることです。人間の体内には、「テストステロン」という男性ホルモンが存在します。このテストステロンが、「5αリダクターゼ」という還元酵素と結び付き、ジヒドロテストステロンが産生されます。ジヒドロテストステロンは、髪を作り出す毛根の組織に働きかけ、ヘアサイクルを乱してしまうという性質を持っています。
ヘアサイクルが乱れると、髪は十分に成長することができないまま、抜け落ちてしまいます。そのため、髪がだんだん薄くなり、脱毛が進んでいくのです。

AGAだと判断するためのポイント

AGAは、生え際あるいは頭頂部から抜け毛が増えていくことが多いので、その点も確認してみるといいでしょう。これは、生え際や頭頂部に5αリダクターゼが集まっていることが原因だとされています。

また、AGAの兆候は、髪質に表れることもあります。健全な抜け毛は、根元が丸みを帯びてふっくらしています。しかし、AGAが発症すると、根元までストレートな抜け毛が多くなります。こうした髪質の変化にも注目したいところですが、根元がストレートであっても髪の毛が途中から切れただけの可能性もあります。髪質が変化しているからといってAGAだと断定するのではなく、AGAのサインという程度に受け取るといいかもしれません。

ベッド周りに起きるAGAの兆候をもう1点挙げるとすれば、「臭いの変化」です。AGAを発症すると、皮脂の分泌が盛んになるといわれています。この皮脂は、いわゆる「ミドル脂臭」の場合があり、枕に不快なにおいを残します。ミドル脂臭の正体は「ジアセチル」という臭い成分にあり、加齢臭とは異なる独特の分泌物です。また、後頭部や頭頂部に発生しやすいという特徴があります。

抜け毛が気になるなら早めの対策を!

AGAが進行すると、明らかに普段とは抜け毛の量が変わります。
頭髪に関して不安を感じたら、メンズヘルスクリニック東京をはじめとした頭髪を扱う専門クリニックにて、無料カウンセリングを受けてみてはいかがでしょうか。自己判断するのではなく、専門の医師に診察してもらうことで、早めの対策を心掛けましょう。

相談無料

AGAは一人で悩まないでください。
薄毛が気になりだしたら、お気軽にご相談ください

個人個人で髪の悩みはさまざまです。同じような症状でも原因や治療方法が全く違う場合があります。
ご自分で判断せずにクリニックにご相談ください。AGAは早めの治療が効果的です。

関連記事

最新記事