この記事の監修者

医療法人社団ウェルエイジング
Dクリニック東京 メンズ

事務長 加藤 知久 (かとう ともひさ)

髪に関する美容業界を経て、1999年にDクリニック名古屋の前身である錦クリニックに入職。入職当時より事務長としてクリニック運営に尽力してきた。日本における発毛治療分野の黎明期からこれまでの変遷を知る。
数年前に住まいを名古屋から東京近郊に移し、Dクリニックの中で最大規模を誇るDクリニック東京 メンズ の事務長として、スタッフ教育、業務改善、接遇強化に取り組み、毎日さまざまな髪のお悩みを持つ患者さまに真摯に向き合っている。

育毛・発毛・増毛・植毛。これらの薄毛や抜け毛のケアの違いについて、正確に説明することができるでしょうか?それぞれの違いを理解していなかったことで、誤った頭皮のケアを選択してしまうことがあります。せっかく時間や費用をかけた頭皮の予防やケアが適切ではなく、思っていたような結果が得られなかったというような事態は避けたいものです。
そこで、育毛・発毛・増毛・植毛にはそれぞれどんなケア方法の違いがあるか、薄毛の治療内容と併せてご紹介します。

baseimage

今ある髪を育てて、強く太くする「育毛」

育毛とは、「今ある髪を育てて、強く太くする」ケアの方法を指します。育毛の具体的な方法としては、おもに育毛剤や育毛シャンプーなどを用いて頭皮環境を整え、抜け毛や薄毛を予防して、太くて強い健康的な髪を育てていきます。育毛は市販の育毛剤やシャンプーを使用できるため、自宅でも手軽に実践できるケア方法になります。

育毛・発毛の違いについて

発毛とは、一度、毛髪が抜け落ちた場所から「自らの力で新たに自分の毛を生やす」ことを目的とした治療法です。育毛との違いは、育毛が「今ある髪を育てる」ケア方法であるのに対して、発毛は「新しい髪を生やす」治療法であるという点です。
発毛効果のある代表的な内服薬はプロペシア錠、ザガーロカプセルがあり、外用薬ではミノキシジルがあげられます。投薬による発毛は、ほかの発毛方法と異なりリスクが少ないものの、デメリットは短期で発毛を希望する患者様が多い中、実際には発毛効果が得られるまでに一定期間(3~6ヵ月)がかかる点です。

AGA治療薬の違いについて、詳しく知りたい方はこちらの記事をご覧ください。

プロペシアとは?
ザガーロってどんなAGA治療薬?2016年より新しい薬が登場
ミノキシジルの効果と副作用を徹底解説!生え際にも効く?

育毛・発毛と「増毛」の違いについて

増毛とは、「人工毛を現在生えている髪の毛に接着するあるいは編み込む」というケア方法になります。

増毛の処置方法の違いとは

処置の方法としては、育毛・発毛・植毛とは違い、1本の髪の毛に人工毛を複数本接着したり、人工毛を植え付けた透明な糸を、髪と髪のあいだに編み込んだりする増毛方法があります。
育毛や発毛とは違い、一気に髪の毛を増やすことができるので、短期間で増毛を実現できますが、髪が伸びると人工毛をつけた部分が浮いてしまうため、定期的なメンテナンスが必要です。

増毛の注意点とは

また、急激に毛髪が増加するため、程度によっては周囲に方に増毛したことがわかってしまう可能性もあります。育毛や発毛と違い長期間のケアを必要としない増毛ですが、メンテナンスの度に費用も発生するため、それなりのコストが必要になります。

育毛・発毛と「植毛」の違いについて

植毛とは、「頭皮に毛を植え付ける」医療行為で、育毛・増毛との明確な違いがあります。医療行為ではありますが、美容整形のように保険適用外となり自由診療に属します。

植毛の処置方法の違いとは

処置方法としては、育毛・発毛・増毛とは違い、自分の髪の毛を植毛する自毛植毛と、人工毛を用いて植え付ける人工植毛があります。
自分の髪の毛を植毛する場合は、後頭部や側頭部の髪の毛を、植毛したい部分に植え付けます。植毛後は普通の髪の毛と同じサイクルで成長していきます。一方、人工毛を植毛する場合は、植毛後に成長することがないため、髪の毛の長さは変わりません。

人工植毛の注意点とは

人工毛の植毛で注意したいのは、植毛したすべての毛髪が生着するわけではないことや体の拒否反応によって炎症を起こすリスクがあるということです。ただし、技術が進歩して90%ほどの生着率とされています。保険外の医療行為となるため、増毛と同様に費用もそれなりにかかると考えたほうが良いでしょう。

育毛・発毛の違いとAGA治療の種類

薄毛や抜け毛のケアの方法として、育毛・発毛・増毛・植毛の4つを紹介してきましたが、この中でAGA(男性型脱毛症)の治療方法は基本的に発毛療法にあたります。
AGA(男性型脱毛症)は、男性ホルモンの一種「ジヒドロテストステロン(DHT)」の作用によってヘアサイクルが乱れ、薄毛や脱毛が起こる症状です。このAGA(男性型脱毛症)の根本的な解決につながるAGA(男性型脱毛症)治療では、プロペシアといった内服薬や、ミノキシジル配合の外用薬を用います。

AGA治療の期間の違いについて

AGA(男性型脱毛症)治療では、外科的治療のようなリスクが低く、万が一体の不調があったとしても、服用をいつでもやめることができるため、体の様子を見つつ、身体への負担を軽減して治療を進めることができます。治療期間は平均3~4ヵ月で、長くて6ヵ月ほどです。また、頭髪は徐々に変化していくため、周囲にAGA(男性型脱毛症)の治療中であることを気付かれにくいという違いもあります。

AGA治療「アドバンスト発毛治療」「単剤処方治療」の違いについて

メンズヘルスクリニック東京のAGA(男性型脱毛症)治療では、「アドバンスト発毛治療」と「単剤処方治療」という2つの治療法を行っています。それぞれの違いについて詳しく説明します。

・アドバンスト発毛治療

メンズヘルスクリニック東京のAGA(男性型脱毛症)治療のひとつである「アドバンスト発毛治療」は、その名のとおり、発毛によるAGA(男性型脱毛症)治療となります。オリジナルの院内製剤を用いて、積極的な発毛を目的とした治療法です。メンズヘルスクリニック東京では、豊富な薄毛治療の経験から、一人ひとりの症状の違いに合わせた600パターン以上のオリジナルの処方薬による治療を行っています。また、血圧測定やマイクロスコープによる診察に加えて血液検査も行い、薬の投与や治療が体に与える影響がないかを詳しく見ることができます。

・単剤処方治療

アドバンスト発毛治療が発毛を目的としたAGA(男性型脱毛症)治療である一方、「単剤処方治療」はAGA(男性型脱毛症)の進行の抑制を目的とした「抜け毛治療」という違いがあります。
AGA(男性型脱毛症)は進行性の病気であるため、進行を抑制する薬剤を処方することによって、抜け毛や薄毛のケアをしていく治療です。あくまで進行の抑制を目的とするため、より積極的な発毛治療を行いたい場合は、アドバンスト発毛治療を選択することとなります。

AGA(男性型脱毛症)の原因と対策について、詳しく知りたい方はこちらの記事をご覧ください。

AGA について
AGAとは
AGAの原因

育毛・発毛の違いに悩んだら適切なケアを選ぼう

育毛・発毛・増毛・植毛の違いや、それぞれのケア方法の特徴、AGA(男性型脱毛症)治療の内容についてご紹介してきました。
育毛・発毛・増毛・植毛の違いを理解して、適切なケアを選択するためには、まずは自分の症状や悩みを明確に把握したうえ、適切に処置することが大切です。
メンズヘルスクリニック東京では、ここでご紹介した「アドバンスト発毛治療」と「単剤処方治療」の両方に対応しています。診察とヒアリングを行い、育毛・発毛・増毛・植毛の違いを理解して、患者様ご自身に治療方法を選択していただいています。また、定期的な診察で治療経過を見つつ、治療方法を変更することも可能です。薄毛やAGA(男性型脱毛症)の育毛・発毛・増毛・植毛の違いとケア方法にお悩みの方は、まずはお気軽に無料カウンセリングでご相談ください。

メンズヘルスクリニック東京_無料カウンセリング

投稿:Dクリニック東京 メンズ

相談無料

AGAは一人で悩まないでください。
薄毛が気になりだしたら、お気軽にご相談ください

個人個人で髪の悩みはさまざまです。同じような症状でも原因や治療方法が全く違う場合があります。
ご自分で判断せずにクリニックにご相談ください。AGAは早めの治療が効果的です。

関連記事

最新記事