この記事の監修者

医療法人社団ウェルエイジング
Dクリニック東京 メンズ

事務長 加藤 知久 (かとう ともひさ)

髪に関する美容業界を経て、1999年にDクリニック名古屋の前身である錦クリニックに入職。入職当時より事務長としてクリニック運営に尽力してきた。日本における発毛治療分野の黎明期からこれまでの変遷を知る。
数年前に住まいを名古屋から東京近郊に移し、Dクリニックの中で最大規模を誇るDクリニック東京 メンズ の事務長として、スタッフ教育、業務改善、接遇強化に取り組み、毎日さまざまな髪のお悩みを持つ患者さまに真摯に向き合っている。

【ハゲを治す】ハゲを治すには、まず、その原因を知りましょう。ハゲを治すために自宅でできることは何でしょうか?ハゲを治す薬にはどのようなものがあって、どうすれば入手できるのでしょうか?またハゲを治すクリニックには、どのように相談すればよいのでしょうか?

baseimage

ハゲを治すには「原因」を知って、「対策」と「治療」を!

「ハゲは治すことなんてできない…」
そんなふうに、諦めていませんか?

しかし、希望を失ってはいけません。治すことのできるハゲもあります。

なぜハゲるのか、その原因を知って、効果的な対策や治療を行うことで、あなたのハゲは治せるかも知れません。

このコラムを読んだら、すぐに実践してみましょう!

ハゲを治す(1) ハゲとは何か?

ところで、「ハゲ」とは何でしょうか?

国語辞典で「ハゲ」の意味を調べてみましょう。

◎はげ(禿)
1 毛髪が抜け落ちている部分。また、抜け落ちている状態。
(引用|デジタル大辞泉「はげ【×禿】の意味」

なんらかの原因で毛髪が大量に抜けたり、新しい毛髪が生えてこなくなったりすると、ハゲになります。また、毛髪の本数はさほど減っていなくても、一本いっぽんが細くなったり、ハリやコシがなくなってくると地肌が見えるようになってきます。

これが、一般的に「ハゲ」といわれる状態ですが、医学的には「脱毛症」とよばれています。

ハゲる病気=脱毛症

ハゲる病気には、どのようなものがあるのでしょうか?

たとえば、甲状腺機能障害や膠原病など、全身性の疾患の影響でハゲてしまう場合もあります。
また、抗がん剤など薬剤の副作用で、ハゲる場合もあります。
出産後のホルモンバランスの変化や、急激なダイエットなどの影響で引き起こされるハゲもあります。

しかし、男性のハゲの95%は男性型脱毛症(AGA/MPHL)であるといわれています。
極論すれば、「男のハゲは、概ね男性型脱毛症である」と言えるかもしれません。

(参照|「男性型脱毛―その特性と未来像」安達健二(1992)

<おもな脱毛症>
・円形脱毛症
・男性型脱毛症・女性型脱毛症
・休止期脱毛症
・瘢痕性脱毛症
・その他の脱毛症
(参照|「毛髪と全身・多臓器疾患」木下美咲(2018)

男性型脱毛症は男性ホルモンの作用と遺伝的要因でハゲる

男性型脱毛症は、男性ホルモンと大きくかかわっています。そのため、男性ホルモンの分泌が多くなる思春期以降に発症し、20歳代から30歳代にかけて症状が進行していきます。一度発症すると治ることはありません。

また、男性型脱毛症の発症には遺伝的要因もかかわっていて、ハゲやすい遺伝子を受け継いだ人は存在するのです。

ハゲを治す(2) ハゲるメカニズム

男性型脱毛症でハゲるとき、毛髪はどのように変化しているのでしょうか?

毛髪には「ヘアサイクル(毛周期)」という、成長のリズムがあります。
毛髪全体の85%くらいは、毛髪がよく伸びる(成長する)「成長期」のものです。成長が止まって、抜けやすい状態となる「休止期」は7〜13%くらいだといわれています。

つまり、毎日抜け毛があっても、全体の9割近くの毛髪はそのまま残っているので、ハゲることはありません。

しかし、男性型脱毛症が進行すると、「成長期」の期間が極端に短くなります。すると毛髪が長く、太く育つことができなくなり、細くて、ハリやコシのない毛髪の割合が増えてきます。
さらに、「休止期」のまま停滞する毛包の割合が増え、新しい発毛が減っていき、毛髪の本数も減っていきます。

ヘアサイクルが乱れ、毛髪が細く、短くなり、やがて本数も減っていく…これが男性型脱毛症によるハゲの実体なのです。

<健康なヒトの毛髪のヘアサイクル(毛周期)>
成長期(2〜6年):毛母細胞が増殖して毛髪をつくっている時期
退行期(2〜3週間):成長が不活発になり、退縮する時期
休止期(3〜4か月):成長が完全に止まり、脱毛する時期

(参照|「男性型脱毛症の治療薬」森岡進(2010)

ハゲを治す(3) 頭皮環境を整える

さて、ハゲを治すにはどうすればいいのでしょうか?
男性のハゲの9割以上を占める男性型脱毛症(AGA/MPHL)を治す方法に焦点を当ててみていきましょう。

ハゲの進行を抑制するためには、頭皮環境を整えることが有効です。
なぜなら、なんらかの原因で頭皮環境が悪化すると、抜け毛が増えることがあるからです。

たとえば、汗をかいたまま洗髪をしなかったり、就寝前に洗髪をして髪を乾かさずに寝たりすると、常在菌が異常繁殖して頭皮が炎症を起こすことがあります。

また、冬の乾燥した外気やエアコンの影響で、頭皮が乾燥しすぎても、頭皮環境は悪化します。
頭皮の角質層は、微生物の侵入を防ぎ、紫外線や温熱などの刺激から頭皮を守っています。しかし、皮膚が乾燥しすぎると角質細胞が剥離し、頭皮のバリア機能が低下して、薄毛や抜け毛を誘発する可能性があるのです。

頭皮環境を整えるためには、正しいヘアケア・頭皮ケアの方法を知って、肌質にあったシャンプーや頭皮用保湿液などを使いこなすとよいでしょう。

(参照|アンファー:ニュースリリース 「頭髪専門クリニック限定「頭皮用保湿液」誕生」

なお、常在菌が頭皮のおよぼす影響については、Dクリニック東京メンズ(旧メンズヘルスクリニック東京)・頭髪コラムにも詳しい記事があります。ぜひ、ご覧ください。

常在菌が頭皮に影響を及ぼす可能性は?

ハゲを治す(3) 頭皮環境を整える

ハゲを治す(4) 生活習慣を変える

ハゲを治すために、生活習慣の改善は避けては通れない道です。

<ハゲを治すために効果的な生活習慣>
・規則正しく、バランスのよい食事
・充分な睡眠
・適度な運動習慣
・ストレスの解消やリラクゼーション
・禁煙

毛髪は、毛母細胞が分裂することで生成されますが、毛髪生成のためにはタンパク質、ミネラル、ビタミンなどが必要です。
こうした、毛髪の生成に必要な成分を摂取するためには、バランスのよい食事が必要になります。

また、睡眠不足は毛髪の成長を抑制する可能性があり、強い精神的ストレスは休止期脱毛症の原因になることもあります。
充分な睡眠がとれるように生活リズムを整え、適度にストレスを解消する習慣を身につけましょう。運動習慣は、健康な毛髪を維持するための体調を整えるだけでなく、ストレス解消にもなります。

ハゲを治す(5) 治療薬を使用する

ハゲを治すためには、治療薬の使用も有効です。

男性型脱毛症(AGA/MPHL)の治療に用いられる薬剤にはさまざまなものがありますが、日本皮膚科学会が推す治療薬は下記の3つです。

<日本皮膚科学会が推奨する男性型脱毛症の治療法>
・ミノキシジルの外用(薬)
・フィナステリドの内服(薬)
・デュタステリドの内服(薬)
日本皮膚科学会「男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン 2017年版」より

ミノキシジル外用薬

ミノキシジルには、毛乳頭細胞や毛母細胞の増殖を促進する作用があります。
その結果、毛包のミニチュア化を抑制し、ヘアサイクルの「休止期」にある毛包を「成長期」へと移行し、「成長期」の期間を長く維持することができます。

ミノキシジル外用薬は一般用医薬品なので、薬局やドラッグストアなどで薬剤師との対面により購入することができます。また、許可を受けた薬局などが運営するウェブサイトなどから、通信販売で入手することも可能です。

頭髪治療専門クリニックでは、ミノキシジルを配合したオリジナルの院内製剤(外用液)を処方するところもあります。

フィナステリド内服薬とデュタステリド内服薬

前述のように、男性型脱毛症には男性ホルモンがかかわっています。
フィナステリドやデュタステリドは、男性ホルモンが活性の高い物質に変化することを抑制する医薬品です。その結果、男性型脱毛症によるハゲの進行が抑制されるのです。

フィナステリドとデュタステリドは、処方箋医薬品です。つまり、入手するには医師の発行する処方箋が必要です。
そのため、頭髪治療専門クリニックを受診して、処方してもらうのが一般的です。

ハゲを治す(6) 頭髪治療専門クリニックを受診する

以上のように、ハゲを治す方法には、自宅で取り組めるものと、医師や薬剤師の指導のもとに行うべきものとがあります。

しかし、頭皮環境の整え方や、ハゲを治すために必要な生活習慣の改善などは、なかなか自分ひとりではコントロールしにくいものです。

では、どうするか?

やはり、頭髪治療専門クリニックで相談することをおすすめします。
頭髪治療専門クリニックでは、ミノキシジルやフィナステリド、デュタステリドなどの治療薬の処方だけではなく、現在の頭皮や毛髪の状態をチェックして、より効果的な治療法や生活習慣の改善法などをアドバイスしてくれます。

Dクリニック東京メンズ(旧メンズヘルスクリニック東京)では、男性型脱毛症(AGA/MPHL)の無料カウンセリングを実施しています。

もし、ハゲを本格的に治したいと思っているのであれば、まずは「無料カウンセリング」をご利用ください。

Dクリニック東京メンズ(旧メンズヘルスクリニック東京) 無料カウンセリングフォーム

なお、ハゲを治す治療については、メンズヘルスクリニック東京の頭髪コラムにも詳しい記事があります。ぜひ、ご覧ください。

AGA(男性型脱毛症)の原因
治療の流れ
AGAの検査で薄毛の原因を知ろう
薄毛と薄毛治療
AGA専門外来の奥義

ハゲを治す(6) 頭髪治療専門クリニックを受診する

(まとめ)

ハゲを治す方法について、ご理解いただけたでしょうか?

ハゲにもさまざまなものがありますが、男性のハゲの95%は男性型脱毛症(AGA/MPHL)によるものです。

男性型脱毛症によるハゲを治すためには、頭皮環境の改善、生活習慣の改善、そしてミノキシジルやフィナステリド、デュタステリドなどの治療薬の使用が有効です。

フィナステリドやデュタステリドの入手には医師の処方箋が必要で、医療機関への受診が必須となります。

自身のハゲの現状を把握し、効果的な対策や治療法の指導を受け、必要な治療薬を処方してもらうためには、頭髪治療専門クリニックを受診するのがよいでしょう。

投稿:Dクリニック東京 メンズ

相談無料

AGAは一人で悩まないでください。
薄毛が気になりだしたら、お気軽にご相談ください

個人個人で髪の悩みはさまざまです。同じような症状でも原因や治療方法が全く違う場合があります。
ご自分で判断せずにクリニックにご相談ください。AGAは早めの治療が効果的です。

関連記事

最新記事