この記事の監修者

医療法人社団ウェルエイジング
メンズヘルスクリニック東京

事務長 加藤 知久 (かとう ともひさ)

髪に関する美容業界を経て、1999年にAACクリニック名古屋の前身である錦クリニックに入職。入職当時より事務長としてクリニック運営に尽力してきた。日本における発毛治療分野の黎明期からこれまでの変遷を知る。
数年前に住まいを名古屋から東京近郊に移し、ヘアメディカル関連クリニックの中で最大規模を誇るメンズヘルスクリニック東京の事務長として、スタッフ教育、業務改善、接遇強化に取り組み、毎日さまざまな髪のお悩みを持つ患者さまに真摯に向き合っている。

【ハゲの原因究明】世の中にハゲる人とそうでない人がいるのはどうしてか、考えたことがありますか。ハゲる人にはそれなりの理由があるのでしょうか。誰だって好きでハゲたいわけじゃない。ハゲずに済むならその方がいいに決まっています。今こそハゲる原因が知りたい!

baseimage

ハゲの原因は何?

ハゲていても格好いい人はいます。
ハゲていることが理由ではないでしょうが、ブルース・ウィリスやショーン・コネリー、渡辺謙さんなどはスタイリッシュで格好いいと思えます。

お笑い芸人のトレンディエンジェルの斎藤司さんは、自分のハゲをネタに笑いを取っています。
でも、彼の場合も、きっとあそこに至るまでに悩んだでしょうし、もしかしたら人知れずさまざまな手立てを講じたのかもしれません。

世の中のほとんどの男性はハゲたくないと思っているはずです。
ハゲると、どうしても年齢より上に見られますし、若い男性の場合「モテる」か「モテない」かが大きく左右されます。

ハゲを予防するには、まずハゲる原因を知ることから。
きちんと原因が分からなければ適切な対応は取れません。

ハゲは、医学的には「脱毛」です。
脱毛の原因をきちんと知り、可能な対応をすることで少しでも悩みが軽くなるといいですね。

脱毛の原因<1> AGA(男性型脱毛症)・FAGA(女性男性型脱毛症)

脱毛に悩む男性の大半がAGAだと言われます。
また、女性版AGA「FAGA」というのも存在し、悩んでいる女性も大勢います。

脱毛には悪しき生活習慣、頭皮環境の悪化、遺伝などいくつかの要素が絡んで発症しますが、AGAの場合の一番大きな原因は男性ホルモンです。

AGA のメカニズム
男性ホルモン「テストステロン」は、毛乳頭に存在する還元酵素「5αリダクターゼ」によってDHT(ジヒドロテストステロン)へと変性します。このDHTが毛乳頭細胞内にある「アンドロゲン受容体」と結びつくと脱毛を促す指令が出され、髪を生み育てる力が弱くなります。

ヘアサイクルが乱れる
本来なら髪の毛は「成長期」にグングン伸びるのですが、成長途中だろうが生えた直後だろうがお構いなしの「脱毛指令」で、髪がどんどん抜けていきます。
成長期が途中で打ち切られ、「休止期」に突入してしまうため、抜けた後の新しい髪の毛もなかなか生えてこず、頭部が薄い状態になります。

発症年齢は実に幅広く、20代で発症する人もいます。

治療をためらっているうちに、AGAは進行します。
あれ?と思ったら、早めに治療にとりかかりましょう。

女性のAGA「FAGA」
女性の体内にも男性ホルモンが分泌されています。
通常は女性ホルモンの分泌量が多いのですが、更年期の時期、或いは閉経後などは女性ホルモンの分泌量が少なくなることにより、相対的に男性ホルモンが優位になることがあります。
また、ストレスや極端なダイエットなどで自律神経が乱れると、若い女性でも男性ホルモンが優位になることは珍しくありません。
そのような場合に、女性でも女性のAGA「FAGA」を発症することがあります。
こちらもやはり早めの治療をお勧めします。

AGAについてはこちらの記事をお読みください。

AGAを引き起こす5αリダクターゼとは
AGAの検査で薄毛の原因を知ろう
AGA発症リスクを調べるアンドロゲンレセプター遺伝子検査とは

脱毛の原因<2> 病気

円形脱毛症
「10円ハゲ」などと言われますが、実際には10円玉より大きい範囲で脱毛することも稀ではありません。また、脱毛箇所が1ヶ所とは限らず、複数ヶ所の場合もあります。
ストレスが原因だと言われてきましたが、近年では自己免疫疾患説が有力です。

皮膚の病気
◎脂漏性湿疹
脱毛を起こす皮膚疾患で多く聞くのは、脂漏性湿疹です。
脂漏性湿疹は、「マラセチア菌」という菌が原因です。マラセチア菌は、もともと頭皮に存在する菌で、通常はそんなに悪さをしないのですが、皮脂が増えると、マラセチア菌がそれらを分解する際に炎症を引き起こし、かゆみやフケの原因となります。
悪化すると、脱毛症を誘発する恐れもあります。

余談ですが、このマラセチア菌の増殖が加齢臭の原因にもなっているようです。

そのほかにも
◎頭部白癬菌(しらくも)
◎乾癬
などもよく聞く脱毛症に関連する皮膚疾患です。
皮膚疾患に関する記事はこちらもお読みください。

常在菌が頭皮に影響を及ぼす可能性は?

アレルギー
ひと口にアレルギーと言っても、花粉症、食物アレルギー、金属アレルギーなどいろいろです。そしてアレルギーによって現れる症状も、かゆみや発赤といった程度からショック状態まで人それぞれですので、アレルギーを持っていると必ず脱毛症になる、というわけではありません。しかし、例えばアトピー性の疾患と円形脱毛症を合併症する人は多く、これについては両疾患に共通して免疫に関わる遺伝子的な条件の存在についても研究されているようです。

その他の病気
甲状腺分泌機能障害や、膠原病、梅毒などでも脱毛が起こることがあります。

抜毛症
自分で自分の毛を抜くことが止められない。そのため結果として髪の毛がなくなるというものです。精神疾患の1つで、学童期から10代にかけて発症が多いと言われます。(※1)
治療は精神科で行われます。

(※1|時事メディカル 家庭の医学「抜毛症[ばつもうしょう]」)

ハゲは予防できる?

最近、健康をテーマにしたテレビ番組が大当たりで視聴率も良いようです。
それを見ると分かるように、万病の予防はやはり「生活習慣を整えること」。
健康でいるために良い生活習慣が必須なのと同じで、少しでも良い頭皮環境でいるためにも、やはり良い生活習慣は必須です。

脱毛を予防する生活習慣その1:食事

毎日摂る食事こそ、何よりも重要な予防策です。

・インスタント食品ばかり食べている
・脂っこいものが多い
・肉が好きだから肉ばかり。野菜は食べない
・痩せたいから食べないようにしている
・そもそも食事が面倒くさい。あまり食事を摂らない
・スナック菓子でお腹がふくれる。それが食事代わり

こんな食生活はもってのほか。
頭皮にも体にも良くありません。

「毎日」「きちんと」「いろいろなものを」食べていれば、極端な栄養不良には陥りません。

どうしても食事が摂れない、アレルギーなどの関係で食べられないものがある、といった場合にはサプリメントの摂取もアリかと思いますが、基本は食事で栄養を摂取しましょう。

脱毛を予防する生活習慣その2:睡眠を見直す

髪の毛の成長には、成長ホルモンが欠かせません。そしてその成長ホルモンは、睡眠中にたくさん分泌されますから、睡眠時間はきちんと確保したいですね。
しかし、ただ長時間寝ればいいというものでもありません。「よく寝たはずなのに体がだるい」のは、睡眠の質が悪いからかもしれません。

時間だけでなく、質の確保もお忘れなく。
自分に合わせた寝具を選び、寝る前のスマホをやめたり、部屋を薄暗くしたり、日中適度な運動を取り入れ、いい状態で入眠できるように工夫しましょう。

脱毛を予防する生活習慣その3:運動を取り入れる

運動の習慣はありますか。
良い睡眠を取るためにも、血行促進の意味からも、日々適度な運動は欠かせません。
また、ストレス発散にも運動は効果的です。
軽いウォーキングなどから始めてみてはどうでしょう。

運動のための時間を取る余裕のない人は、ひと駅前で降りて歩く、エスカレーターやエレベーターを使わずに階段を使う、などといった日常のちょっとした動作からでも構いません。
チリも積もれば…で、小さな運動習慣がきっと後々良い結果につながります。

脱毛を予防する生活習慣その4:喫煙と飲酒を控える

タバコは、血流を悪くさせる原因の1つです。
血流が悪くなると、頭皮の栄養不足を招きます。
また、ニコチンは髪の毛の栄養に欠かせないビタミンCを破壊します。
タバコは、体のことを考えたら「百害あって一利なし」。早く禁煙しましょう。

お酒は「百薬の長」と言われますから、お酒そのものが体に悪いということはありません。
しかし、飲み過ぎは体にも頭皮にも良くありません。
アルコールは肝臓で代謝されますが、アルコールを分解するのにアミノ酸が消費されます。
適量を超えた飲酒で、たくさんアルコールを分解しようとすると、大量のアミノ酸が必要となります。

髪の毛をつくっているケラチンというタンパク質は、18種類ものアミノ酸が結合してできています。
アルコールの分解に大量のアミノ酸が使われてしまうと、髪の毛に行く分がなくなってしまい、髪の毛の健康を害することになります。
お酒はほどほどに。

ハゲは予防できる?

ハゲの原因が知りたい時、もしかしてハゲ?と思った時にするべき一番のこと

脱毛の原因は実にさまざま。さらに原因が1つであるとは限らず、複数の原因が絡み合っていることも少なくありません。
それを素人が「これが原因だ」と断定するのは難しいものです。

また「もしかして薄くなってきた?」と思った時に、生活習慣の改善などを行うのは決して無駄ではありませんが、直接的に脱毛を止めることはできません。

蛇の道は蛇、ではありませんが、やはり髪の毛のことは髪のことを専門としている頭髪治療専門クリニックに行くのが、間違いないでしょう。

ハゲた原因、今後の対応など、適切な治療の提示やアドバイスがもらえます。
一度、メンズヘルス東京のカウンセリングを受けてみてはいかがでしょうか。
カウンセリングは治療ではありませんから、費用はかかりません。
是非お気軽に「早めの手立て」を講じてください。

メンズヘルスクリニック東京 無料カウンセリングフォーム

ハゲの原因が知りたい時、もしかしてハゲ?と思った時にするべき一番のこと

まとめ

誰だってハゲたくないですよね。
でも、意志とは関係なくハゲていく無念さ…
ハゲの原因はいくつかあります。なかなか特定が難しいので、ハゲてきたと思ったら早めに頭髪治療専門クリニックで原因をハッキリさせ、適切な対応を取りましょう。

相談無料

AGAは一人で悩まないでください。
薄毛が気になりだしたら、お気軽にご相談ください

個人個人で髪の悩みはさまざまです。同じような症状でも原因や治療方法が全く違う場合があります。
ご自分で判断せずにクリニックにご相談ください。AGAは早めの治療が効果的です。

関連記事

最新記事