この記事の監修者

医療法人社団ウェルエイジング
Dクリニック東京 メンズ

事務長 加藤 知久 (かとう ともひさ)

髪に関する美容業界を経て、1999年にDクリニック名古屋の前身である錦クリニックに入職。入職当時より事務長としてクリニック運営に尽力してきた。日本における発毛治療分野の黎明期からこれまでの変遷を知る。
数年前に住まいを名古屋から東京近郊に移し、Dクリニックの中で最大規模を誇るDクリニック東京 メンズ の事務長として、スタッフ教育、業務改善、接遇強化に取り組み、毎日さまざまな髪のお悩みを持つ患者さまに真摯に向き合っている。

【生え際の育毛方法を知りたい!】額の生え際の抜け毛や薄毛は、男性・女性を問わず脱毛症の初期症状かもしれません。生え際の抜け毛はどうして起きるのか。額の生え際の育毛はどうすればいいのか。分かりやすく説明します。

baseimage

生え際の育毛は脱毛症予防に必須!

若い頃に比べて、心なしか生え際が後退している…。そんな悩みを抱えている人はいませんか? 額の生え際の後退は、脱毛症のシグナル。生え際の育毛は脱毛症予防の第一歩と言えるかもしれません。

生え際を育毛したい!
生え際の抜け毛はAGAやFAGAの症状かも?

AGA(男性型脱毛症)は、男性特有の脱毛症です。
AGAは、男性ホルモンのテストステロンが、還元酵素の5αリダクターゼによって、より活性化した男性ホルモンのジヒドロテストステロン(DHT)に変異し、頭皮にある毛母細胞の活動を阻害することで発生します。

還元酵素の5αリダクターゼにはⅠ型とⅡ型の2種類があります。そしてⅡ型は、頭頂部や額の生え際に多く存在していると言われています。
つまり、額の生え際が後退するということは、AGAが発症していることが考えられるのです。

AGAは男性特有の脱毛症ですが、女性でも同様に、男性ホルモンに関連した脱毛症を発症することがあります。
男性ホルモンは女性でも微量に分泌されています。そのため、ホルモンバランスが乱れて女性ホルモンが減少すると、相対的に男性ホルモンの方が優位に立ち、AGAに似た脱毛症を発症する場合があるのです。この症状はFAGA(女性男性型脱毛症)と呼ばれます。
FAGAの多くは「びまん性」と呼ばれるうっすらとまばらに薄毛になる症状ですが、額の生え際の抜け毛が起こることもあります。

生え際の育毛に大切なこと

生え際の育毛をするために、生活の中で注意した方がいいポイントがいくつかあります。順番に紹介しましょう。

生え際の育毛のためにするべきこと(1)
生活習慣を改善する

髪が健やかに成長するためには、その母体となる体が健康であることが大切です。しかし年を重ねると、生活はドンドン忙しくなる反面、体力はドンドン低下していきます。不規則な生活リズムは生活習慣病を招き、万病にもつながります。そんな状態は、生え際の育毛に悪影響を与えることも考えられるでしょう。

生活習慣を整え、生え際の髪がスクスク育つ育毛環境を整備することが大切です。

生活習慣の改善に大切なこと

・生活リズムを整える
・質の高い睡眠をとる
・なるべくストレスを溜め込まない
・適度な運動を心がける
・暴飲暴食を控える
・アルコールやタバコは控える

生え際の育毛のためにするべきこと(2)
食生活の栄養バランスに留意する

髪の毛の主成分は、18種類のアミノ酸が結合して構成された「ケラチン」というタンパク質です。生命維持のために、タンパク質・炭水化物・脂質の3大栄養素の摂取はもちろんですが、ケラチン生成のためには、特にタンパク質とビタミン、そしてミネラルの摂取を心掛けましょう。

脂っこい食べ物を多く摂取していると、頭皮の皮脂が必要以上に分泌して雑菌が繁殖し、炎症を引き起こす可能性があります(脂漏性炎症)。

また、極端なダイエットは、額の生え際の育毛には大敵です。育毛に必要な栄養が不足する可能性があるので注意しましょう。

生え際の育毛のためにするべきこと(3)
遺伝の可能性に注意する

家族や親戚の中に、額の生え際から薄毛が進んでいる人がいる場合は、同様の生え際の抜け毛が遺伝している可能性があります。

遺伝は抗いがたいものですが、「じゃあ何をしても無駄」と生え際の育毛を諦めるのではなく、リスクが高いからこそ、体調を整えたり適切な栄養を摂取するなど、生え際の育毛に努めるのも大切なことです。

生え際の育毛のためにするべきこと(4)
ヘアケアや髪型に注意する

シャンプーやヘアカラーなどのヘアケア製品が頭皮の肌質に合っていないと、頭皮が炎症を起こす可能性があります。
肌質に合っていないと、ヘアケア製品の成分が頭皮に刺激を与えたり、洗浄成分が合わずに乾燥や、逆に洗浄不足によって炎症を起こしたりすることがあります。

生え際の育毛のためには、肌質に合ったヘアケア製品を選びましょう。

シャンプーは1日1回、優しく!

シャンプーは1日1回にとどめましょう。シャンプーの回数が極端に少ないと皮脂が頭皮に蓄積され、前述した「脂漏性炎症」を起こす可能性があります。逆に、神経質になって1日に何回もシャンプーすると、頭皮の保護に必要な皮脂まで洗い流してしまい、フケが大量発生して炎症を起こす「粃糠(ひこう)性炎症」を発症する可能性があります。

また、シャンプーは頭皮が傷つかないように、爪を立てずに優しく行いましょう。手のひらや指の腹を使えばマッサージ効果もあります。

頭皮と髪に負担のかからない髪型を

髪型によっては頭皮に負荷がかかり、ダメージが蓄積されて抜け毛につながる場合があります。特に女性は要注意で、ポニーテールやお団子のような髪を引っ張る髪型は、額の生え際にも負担をかけやすいので注意が必要です。
髪と頭皮の負担を減らす髪型にすることが、生え際の育毛につながります。

生え際の育毛のためにするべきこと(4)
女性はホルモンバランスの乱れに注意

女性の場合、発毛をつかさどるホルモンの1つが、卵巣から分泌される女性ホルモンの「エストロゲン」です。
女性にはホルモンバランスが乱れる時期があり、その時期は抜け毛が増える傾向にあります。
その代表的なものが、「出産後」と「更年期」です。

出産後は、妊娠中に分泌量が多くなったエストロゲンが元の量に戻ることで、一時的に抜け毛が多くなります。更年期の場合には、エストロゲンの分泌量にブレーキがかかり、抜け毛が進行します。多くは頭髪全体がまばらに薄くなる「びまん性」と呼ばれる症状ですが、生え際も含めた全体の育毛には、医療機関での適切な治療を受けるなども検討しましょう。

(参照|ウィメンズヘルスクリニック東京「産後の女性に特有の「分娩後脱毛症」って何?」

生え際の育毛のためにするべきこと(4)
育毛剤を使う

育毛剤は、現在生えている髪を守り、長持ちさせることを狙いとした成分が含まれています。頭皮環境を清潔に保ったり、髪の成長を支える成分を多く含んでいます。
ただし、現在生えている髪には有効だったとしても、毛母細胞そのものが元気になって髪が新しく生えてくる効果はありません。

育毛剤についてはこちらの記事もご覧ください。

AGA対策で知っておきたい育毛剤について

生え際の育毛に大切なこと

生え際の抜け毛がすでに進行中なら「育毛」よりも「発毛」対策を

額の生え際の抜け毛の原因から、その対策としての育毛方法を説明してきました。しかし残念ながら、生え際の抜け毛がすでに進行中なら、今ある髪を長持ちさせ、現状維持を目的にした「育毛」ではあまり効果がないかもしれません。生え際の抜け毛がかなり進行しているなら、むしろ「発毛」に目を向けるべきでしょう。

育毛と発毛の違いについてはこちらの記事もご覧ください。

「育毛」・「増毛」・「植毛」と「発毛治療」の違い
育毛・発毛・増毛・植毛の違いとは?知っておきたいAGA治療の内容

発毛剤の種類は3つある

発毛は文字通り、「新たに髪を発生させる」ことです。それには、医薬品の発毛剤を使うことです。
日本には、厚生労働省から承認を受けたAGAに治療効果のある医薬品成分が、3つあります。
それは
・ミノキシジル
・フィナステリド
・デュタステリド
です。

ミノキシジルとフィナステリド、デュタステリドの違い

ミノキシジルとフィナステリド、デュタステリドは、それぞれAGA改善の効果がある医薬品成分ですが、違いがあります。

ミノキシジル

ミノキシジルは、毛母細胞に直接働きかけて発毛を促す作用がある医薬品成分です。
ミノキシジルが配合された外用薬(塗り薬)は、ドラッグストア等で薬剤師と対面で購入できるOTC医薬品です。

ミノキシジルについてはこちらの記事もご覧ください。

ミノキシジルは育毛剤?メカニズム、効果、副作用、他の育毛剤、AGA治療薬との併用について

フィナステリドとデュタステリド

フィナステリドとデュタステリドは、ともにAGAに深く関りのある5αリダクターゼのはたらきを阻害することで、毛母細胞の活動を正常な状態に戻す作用があります。
5αリダクターゼはⅠ型とⅡ型があり、「フィナステリドはⅡ型のみ」作用します。「デュタステリドはⅠ型とⅡ型どちらにも作用する」という違いがあります。
フィナステリドでは効果が実感できない人でも、デュタステリドを使用することによって効果が現れる場合も、もちろんあります。

フィナステリドとデュタステリドの配合薬は内服薬で、医師の処方箋が必要な医療用医薬品です。

フィナステリドとデュタステリドの効果や副作用については、こちらの記事もお読みください。

AGA治療薬「フィナステリド」の効果と副作用
AGA治療薬「デュタステリド」の効果と副作用
AGAの治療薬デュタステリドとフィナステリドの違いとは?

生え際の育毛・発毛を真剣に考えているなら専門クリニックに相談しよう

額の生え際への育毛・発毛対策として、さまざまな方法を紹介しました。
生え際に限らず、抜け毛の症状や進行パターンには個人差があり、素人判断の生え際の育毛・発毛は、思ったような成果が出にくいこともあります。

生え際の育毛・発毛に悩んだときは、発毛治療専門クリニックに相談しましょう。
専門クリニックでは、今までの治療経験をデータベース化し、あらゆるパターンに対応した脱毛の治療メニューを作成し、生え際の育毛・発毛に関しても、的確な対策をご提示いたします。

まずは無料カウンセリングを受けて、コストなどの気になることを聞いたうえで、生え際の育毛・発毛治療を受けるか決めてもいいでしょう。強引に治療を勧めることはありませんので、ご安心ください。

Dクリニック東京メンズ(旧メンズヘルスクリニック東京)の無料カウンセリングは予約制です。下記フォームから申し込むことが可能なので、お気軽にお申込みください。

Dクリニック東京メンズ(旧メンズヘルスクリニック東京) 無料カウンセリングフォーム

生え際の育毛・発毛を真剣に考えているなら専門クリニックに相談しよう

(まとめ)

生え際の育毛に関する記事はいかがでしたか? 生え際の後退は、AGAやFAGAの兆候である可能性が高く、早期の育毛・発毛対策が重要です。生え際の後退が知らないうちに重症化する前に、適切な育毛・発毛対策を行いましょう。

投稿:Dクリニック東京 メンズ

相談無料

AGAは一人で悩まないでください。
薄毛が気になりだしたら、お気軽にご相談ください

個人個人で髪の悩みはさまざまです。同じような症状でも原因や治療方法が全く違う場合があります。
ご自分で判断せずにクリニックにご相談ください。AGAは早めの治療が効果的です。

関連記事

最新記事