この記事の監修者

医療法人社団ウェルエイジング
Dクリニック東京 メンズ

事務長 加藤 知久 (かとう ともひさ)

髪に関する美容業界を経て、1999年にDクリニック名古屋の前身である錦クリニックに入職。入職当時より事務長としてクリニック運営に尽力してきた。日本における発毛治療分野の黎明期からこれまでの変遷を知る。
数年前に住まいを名古屋から東京近郊に移し、Dクリニックの中で最大規模を誇るDクリニック東京 メンズ の事務長として、スタッフ教育、業務改善、接遇強化に取り組み、毎日さまざまな髪のお悩みを持つ患者さまに真摯に向き合っている。

風呂上がりに鏡を見て、「おでこが広くなったかな…」と思うことはありませんか。前髪の生え際が後退していったり、あるいは前髪が細く、抜けやすくなったりすると、おでこが目立ってきます。そうなると「老けて見られるかもしれない」と、気になり始める人が少なくありません。友人と話しているときも、つい相手の視線がおでこへいっていないか、気になってしまいがちです。あなたがいつまでも若々しく、自信を持って活躍し続けるために、前髪が薄毛になっていく原因対策についてご紹介します。

baseimage

前髪がスカスカ、、、薄毛になる原因は?

前髪が薄くなる原因には、どのようなものがあるのでしょうか?ここでは、代表的な薄毛になる原因をいくつかご紹介します。

前髪の薄毛に注意のAGA(男性型脱毛症)

・前髪が細く、ハリやコシがない。

・産毛のような短い抜け毛が目立つ。

・前髪の密度がまばらである。

このような変化を感じたら、AGA(男性型脱毛症)が始まっているのかもしれません。

AGA(男性型脱毛症)には、

・おもに前髪が薄毛になり、生え際が後退していく「M型」

・後頭部のつむじの部分から薄毛が目立ってくる「O型」

があります。

前髪の薄毛が気になる男性のAGA(男性型脱毛症)は、M型である可能性が高いでしょう。

男性型脱毛症は、男性ホルモンである「テストステロン」が、「5αリダクターゼ」という酵素の作用によって、髪の発毛を抑制する働きがある「ジヒドロテストステロン(DHT)」に変わってしまうことで起きます。AGA(男性型脱毛症)の方の前髪は、成長しきれない段階で髪の毛が抜けてしまうことが多くなります。

前髪が抜けやすくなるヘアスタイル

「牽引性脱毛症」と呼ばれる症状があります。ヘアバンドで結んだり、強いパーマをかけたり、整髪料などで髪を一方向へ引っ張ったりするヘアスタイルをずっと続けていると、頭皮や毛根にダメージが蓄積されて、髪が抜けやすくなります。女性に多く見られますが、男性でも個性的なヘアスタイルを好む人は、牽引性脱毛症のリスクが高まり、前髪の生え際が薄毛になる可能性があります。

加齢による前髪の薄毛

AGA(男性型脱毛症)は、10代や20代の若年層にも一部で見られますが、50代以上の男性になると、年齢を重ねたことによって、身体全体の新陳代謝が衰えてきます。発毛も新陳代謝の一種ですから、AGA(男性型脱毛症)とは別に、加齢が原因で前髪が薄毛になることがあります。

頭皮の血行不良、ストレスなどによる前髪の薄毛

過度な喫煙、あるいは生活環境でのストレスによって、血のめぐりが悪くなり、頭皮への血行も滞って、薄毛の原因になる可能性があります。

また、シャンプーの仕方に間違いがあって、頭皮をゴシゴシと引っかいて洗ったり、すすぎが足りず、毛穴にシャンプーの成分が残っていたりすると、発毛環境に悪い影響を与えてしまいます。

今すぐできる前髪の薄毛対策は?

前髪が薄くなった方におすすめの、自分でできる薄毛対策をいくつかご紹介します。

前髪の薄毛対策<1> 生活習慣を改善する

まずは、基本的な食生活を見直してみましょう。髪の毛のおもな成分は、たんぱく質(ケラチン)です。肉、魚、卵、大豆などを積極的に食事に取り入れつつ、発毛を促進するビタミンB群や亜鉛が多く含まれる食材も、忘れずにとるようにしましょう。普段の食事で栄養を十分にとることが難しい場合は、サプリメントで補充できます。

パソコンを使ってのデスクワークなどを長時間されている方や、コンピューターゲームの愛好家の方は、同じ姿勢で居続けることで、肩こりなどが起こり、血行が悪くなります。血行が悪くなることで、頭皮に栄養分が行きわたりにくくなり、髪が生えにくい状況となってしまうのです。

髪の毛のためには、喫煙の習慣も控えておくべきです。タバコのニコチンによって体全体の血行が悪くなり、頭皮への血流も弱まるため、やはり発毛・育毛には悪影響となるでしょう。

前髪の薄毛対策<2> 育毛剤・発毛剤を使う

育毛剤や発毛剤を使って、今までよりも大事に、前髪や頭皮をケアしましょう。また、シャンプーはしっかりとお湯ですすぎ、洗浄成分などが付着したまま放置せず、頭皮に負担がかからないようにします。

前髪の薄毛対策で使える育毛剤や発毛剤には、「スカルプD・メディカルミノキ5」などの「ミノキシジル外用薬」があります。

発毛剤は、「ミノキシジル」という成分が含まれている物を、毎日定期的に、前髪を中心に頭皮に塗布します。前髪の薄毛対策に即効性はありませんが、焦らず、粘り強く使い続けることが必要です。

ミノキシジル配合の発毛剤を使っていると、以前よりも抜け毛が増えてくることがあります。これは、「初期脱毛」といい、正常な発毛ライフサイクルから外れた頭髪が一度抜けて、正常な頭髪に生え替わるための準備となります。

前髪の薄毛対策<3> 頭皮マッサージを行う

頭皮マッサージにより血流を良くすることで、頭皮環境の改善にもつながります。血流の改善やリラックス効果が目的なので、前髪の薄毛対策に即効性があるわけではありませんが、治療の効果を高めるためにも非常に重要です。

頭皮マッサージは両手の指の腹を使って、自分自身で頭皮をゆっくりマッサージします。近頃では頭皮マッサージ専用のマッサージ器も、機種がいろいろと増えてきました。スカルプケアをしてくれるヘッドスパに通うのもいいでしょう。

(上記参照|メンズヘルスクリニック東京 |【自宅でできる】育毛方法10選

髪に優しいヘアスタイルを!

男性ですと、長髪をヘアバンドで結んだり、ハードな髪型を決めるために整髪料で固めたりする方もいらっしゃるでしょう。前髪の薄毛が改善されるまでは、好きなヘアスタイルはいったん我慢して、前髪をいたわってみませんか?

ただし、自分で薄毛対策を試してみても、前髪の薄毛がなかなか改善されないこともあるでしょう。そんなときは、薄毛・抜け毛治療専門クリニックに相談してみてください。

相談無料

AGAは一人で悩まないでください。
薄毛が気になりだしたら、お気軽にご相談ください

個人個人で髪の悩みはさまざまです。同じような症状でも原因や治療方法が全く違う場合があります。
ご自分で判断せずにクリニックにご相談ください。AGAは早めの治療が効果的です。

関連記事

最新記事