この記事の監修者

医療法人社団ウェルエイジング
Dクリニック東京 メンズ

事務長 加藤 知久 (かとう ともひさ)

髪に関する美容業界を経て、1999年にDクリニック名古屋の前身である錦クリニックに入職。入職当時より事務長としてクリニック運営に尽力してきた。日本における発毛治療分野の黎明期からこれまでの変遷を知る。
数年前に住まいを名古屋から東京近郊に移し、Dクリニックの中で最大規模を誇るDクリニック東京 メンズ の事務長として、スタッフ教育、業務改善、接遇強化に取り組み、毎日さまざまな髪のお悩みを持つ患者さまに真摯に向き合っている。

「プロペシア」と「ミノキシジル」は、AGA(男性型脱毛症)の投薬治療で使われる薬剤です。すでに多くの病院で使われており、ミノキシジルについては一般医薬品としても販売されています。
今回は、プロペシアとミノキシジルの違いや治療効果と購入方法、特徴について説明していきましょう。

baseimage

プロペシアとミノキシジルは作用機序が違う

プロペシアとミノキシジル、どちらもAGAの投薬治療では欠かせない薬剤です。ともにAGA治療に用いると、発毛を促す作用を発揮してくれます。

内服薬と外用薬の違い

プロペシアとミノキシジルには、いくつかの違いがあります。
プロペシアは内服薬で、ミノキシジルは外用薬としておもに使われています。内服薬とは口から直接飲むタイプの治療薬のことで、外用薬は頭皮に直接塗布するタイプの治療薬です。
また、プロペシアとミノキシジルでは、薬が作用するメカニズムである「作用機序」がそれぞれ異なり、プロペシアは「薄毛・脱毛の進行を抑える薬」であり、ミノキシジルは「発毛を促す薬」です。

脱毛に対して違った角度からのアプローチをする、と考えればいいでしょう。

プロペシアとミノキシジルの併用も可能

プロペシアとミノキシジルは、それぞれに働きが違いますから、併用することも可能です。実際に多くの皮膚科や頭髪治療の専門クリニックでは、プロペシアとミノキシジルの併用による治療を行っています。

プロペシアとはどんな薬?

AGAの治療薬として、広くその名を知られているのがプロペシアです。
日本皮膚科学会がまとめたAGA治療のガイドラインの中でも、プロペシアの有効成分について「高い水準の根拠があるので、内服療法を行うよう強くすすめる」と推奨されています。

AGAの投薬治療のメインともいえるプロペシアについて、しっかりと把握しておきましょう。

プロペシアは固有の商品名

プロペシアは、厚生労働省に承認を受けているAGA治療薬です。日本国内ではMSD株式会社が製造・販売しています。混同している人も多いのですが、プロペシアとは商品名であり、そこに含まれる有効成分は「フィナステリド」です。現在では、プロペシアの安価なジェネリック医薬品が複数の製薬会社から販売されており、それらは「フィナステリド錠」など、有効成分を商品名にすることが多いようです。

プロペシアの作用機序

プロペシアは、脱毛を防ぐという働きを持っており、現在のAGA治療の主軸となります。AGAによる脱毛は、男性ホルモン「テストステロン」と毛乳頭の酵素「5αリダクターゼ」が結び付き、「ジヒドロテストステロン(DHT)」という物質が生まれることで起こります。DHTが頭皮の毛根に作用し、ヘアサイクルを乱すことで、髪が太く長く成長する前に抜け落ちてしまうのです。

プロペシアに含まれるフィナステリドは、体内の5αリダクターゼに働きかけ、男性ホルモンとの結び付きを阻害します。そのため、ジヒドロテストステロンが作られにくくなり、ヘアサイクルの乱れを抑えることができるのです。

ミノキシジルとはどんな薬?

ミノキシジルは、おもに外用薬として使われます。現在では、AGA治療を扱う多くの病院で使われており、一般用医薬品として手軽に購入することもできます。

元々は高血圧の薬だったミノキシジル

ミノキシジルは当初、血管拡張剤として開発されました。血管を広げることで血圧を下げる、高血圧症のための薬だったのです。
ところが、この薬を使った人の中から「体毛が濃くなった」という報告が相次ぎ、ミノキシジルを調べてみると発毛効果がある可能性が認められました。そこで、ミノキシジルは、薄毛治療薬として使われるようになったのです。
なお、ミノキシジルは成分名で、プロペシアのような商品名ではありません。

ミノキシジルの作用機序

ミノキシジルは作用機序が解明されておらず、なぜ髪が生えるのか、そのメカニズムが正確にわかっていません。ただし、ミノキシジルが髪の毛の発育を担う毛包の細胞を活性化させることは確かです。正常なヘアサイクルを取り戻すための発毛治療には、ミノキシジルは欠かせない存在です。

ミノキシジルは一般医薬品として手軽に手に入る

ミノキシジルの外用薬は一般用医薬品として、濃度1%や5%のものが販売されています。そのため、生え際や頭頂部に脱毛の予兆が見えたら、病院へ行く前にセルフケアとしてミノキシジル外用薬を試してみる、という人も多いでしょう。

ただし、AGA治療の専門クリニックで処方されるミノキシジルは、患者様一人ひとりの状態に合わせて調整しています。そのため、市販品よりも症状に合わせた処方を行うことができます。

ミノキシジルの濃度は高いほうがいい?

「ミノキシジルは濃度が高いほうが効果も高い」。これはよくある思い込みのひとつです。医薬品全般にいえることですが、やみくもにミノキシジルの成分濃度を高めたからといって、そのまま結果に表れるとは限りません。効果がほとんど変わらない上、副作用のリスクだけが高くなるということもあります。

皮膚科や専門クリニックでは、一般用医薬品よりも高濃度のミノキシジルを処方されることもありますが、それは患者様の状態に最適な濃度設定になりますので、すべての人にあてはまるものではありません。
海外のミノキシジル製品の中には「濃度10%」というものも見られますが、濃度と効果は必ずしも一致するものではないということは覚えておいてください。

ミノキシジルの内服薬と外用薬について

一般的に外用薬として使われるミノキシジルですが、タブレットタイプ(錠剤)の内服薬も存在し、一部の病院の発毛治療で用いられているようです。
ミノキシジルは元々血管拡張剤であり、内服薬として使用する場合は、副作用のリスクを考える必要があります。具体的には、血圧低下やめまい、ふらつき、胸痛、むくみなどが挙げられます。また、これらの副作用がどの程度の頻度で起こるのか、十分に検証されていません。
ミノキシジルを外用薬として使用しているならば、副作用が起こる可能性があるのは薬を塗った部分だけですし、大事に至ることはまずないでしょう。異常が起こった場合はミノキシジルの使用をやめたり、クリニックの処方した外用薬であれば、濃度を調整したりするなど、対処することができます。

「プロペシアやミノキシジル」などの輸入医薬品は品質と偽物に注意!

プロペシアやミノキシジルを個人的に購入し、服用している人は意外と多くいるようです。そのほとんどは、海外からの個人輸入という形で、プロペシアやミノキシジルが日本に持ち込まれています。

高濃度で安価な輸入医薬品もある

海外には、プロペシアの有効成分であるフィナステリドを含んでいる薬は数多く存在しますし、ミノキシジル配合の医薬品も、日本以上に高濃度のものがあります。しかも、価格が非常に安く、長く使えば使うほどコスト面でのメリットは大きくなります。AGA治療は長期間にわたる治療ですし、治療費の総額は大きくなりがちですから、海外の安価な薬を使いたくなる気持ちもわかります。

プロペシアやミノキシジルの品質や偽物に注意が必要

ですが、個人輸入による医薬品は玉石混交で、品質が定かでない物や、中にはプロペシアやミノキシジルとうたっていても、明らかな偽物もあるというのが実情です。これでは、確実な効果など望めません。ましてや口にするものですので、品質はもちろん、服用することによって体に影響がないとは言い切れません。通販で輸入品を安易に使うと、取り返しのつかないことにもなりかねないでしょう。医師の診察ではなく、海外の通販から個人でミノキシジルを購入して使用することは、おすすめできることではありません。健康に関わることですから、プロペシアやミノキシジルを海外から個人的に通販で購入するときは、くれぐれもご注意ください。

「プロペシアとミノキシジル」の処方なら、専門クリニックでまずは相談を

プロペシアとミノキシジルの処方については、費用と健康を天秤にかけるようなことはせず、育毛治療の専門クリニックでまずは相談してみてください。
AGA治療は、医師の正しい知識と状況判断のもと、行うべきです。
優れた実績を持つ専門の医師と二人三脚で、AGA治療を進めていきましょう。

メンズヘルスクリニック東京では、無料のカウンセリングを行っております。
プロペシアやミノキシジルの処方など、頭髪治療について気になる方は、まずはお気軽にお問合せください。

投稿:Dクリニック東京 メンズ

相談無料

AGAは一人で悩まないでください。
薄毛が気になりだしたら、お気軽にご相談ください

個人個人で髪の悩みはさまざまです。同じような症状でも原因や治療方法が全く違う場合があります。
ご自分で判断せずにクリニックにご相談ください。AGAは早めの治療が効果的です。

関連記事

最新記事