この記事の監修者

医療法人社団ウェルエイジング
メンズヘルスクリニック東京

事務長 加藤 知久 (かとう ともひさ)

髪に関する美容業界を経て、1999年にAACクリニック名古屋の前身である錦クリニックに入職。入職当時より事務長としてクリニック運営に尽力してきた。日本における発毛治療分野の黎明期からこれまでの変遷を知る。
数年前に住まいを名古屋から東京近郊に移し、ヘアメディカル関連クリニックの中で最大規模を誇るメンズヘルスクリニック東京の事務長として、スタッフ教育、業務改善、接遇強化に取り組み、毎日さまざまな髪のお悩みを持つ患者さまに真摯に向き合っている。

薄毛対策として、発毛剤や育毛剤の使用を検討する方は多いと思います。しかし、発毛剤と育毛剤にはどんな違いがあるのか、ご存じですか?発毛剤と育毛剤は、主成分やそもそもの役割が異なるため、効果や目的を正しく把握することは健康な毛髪や頭皮環境を育てていくためにとても大切です。頭髪の状態や目的に応じて、自分に合った選択をする必要があります。
そこで、発毛剤と育毛剤の違いや、自分に合ったヘアケアを見極める方法についてご紹介します。

baseimage

発毛剤と育毛剤の違いとは

まず、発毛剤と育毛剤の違いについて見ていきましょう。発毛剤と育毛剤では、その役割や用途が違います。発毛剤の役割は、新しく毛を生やす「発毛」です。一方、育毛剤のおもな役割は、新しい毛の生成を助ける「毛髪を育成する」で、いわば新しい毛が生える頭皮の環境を整えることです。発毛剤と育毛剤のどちらも、すでにある毛を丈夫に育てる「育毛」や「脱毛の予防」に効果があるとされていますが、新しい毛を生やす役割を持つのは発毛剤のみであるということを押さえておきましょう。このように育毛剤と発毛剤は、根本的に異なるのです。

また、発毛剤と育毛剤では、商品としての分類も異なります。スキンケア用品は治療や美容、健康といったことを目的とした物ですが、基本的に「医薬品」「医薬部外品」「化粧品」の3つに分類されています。この分類ごとに効能の高さや、副作用が出る可能性も異なります。この中で、発毛剤は「医薬品」、育毛剤は「医薬部外品」に分類されます。さらに、医薬品の中でOTC薬品(発毛剤)は成分により、要指導医薬品、第一類医薬品、第二類医薬品、第三類医薬品に分けられます。要指導医薬品と第一類医薬品は、購入時に使用者の年齢、ほかの医薬品の使用状況などについて、薬剤師が確認する必要があると厚生労働省が定めています。

発毛剤と育毛剤の違いを知らずに使っていると…

では、発毛剤と育毛剤の違いを知らないと、どんなリスクがあるのでしょうか?
育毛剤を使用している場合は単純ですが「期待していた効能が感じられない」ということが挙げられます。自分の求める効果と効能が合っていなければ意味がありません。
発毛剤を使用している場合は、医薬品のため副作用のリスクがあります。発毛剤に含まれているミノキシジルの副作用としてあげられるのは、皮膚だと頭皮の発疹・発赤、かゆみ、かぶれがあり、フケの発生の可能性もあります。精神神経だと頭痛やめまい、循環器系だと胸の痛み、代謝系だと手足のむくみや原因のわからない急激な体重増加などが報告されています。
このように、自分の症状や求める結果にあった頭皮ケアを選択しないと、時間やお金の無駄になってしまうだけでなく、さらに悩みを悪化させてしまう危険性があります。特に医薬品を使用する際は、不明な点があれば、薬剤師に聞いておくなど十分に注意しましょう。

発毛剤・育毛剤はこんな方におすすめ

発毛剤と育毛剤の違いを踏まえた上で、それぞれがどんな方におすすめなのかを見ていきましょう。広告で見た印象や人気の度合いで使用を決めるのではなく、自分の頭髪の状態や目的に合わせて最適な物を選ぶことが大切です。
発毛剤の使用がおすすめなのは、薄毛がかなり進行していて、積極的に新しい毛を生やしたい方です。副作用が心配な場合は、AGA(男性型脱毛症)の治療を行っている病院や専門のクリニックで診察を受けてから、発毛剤を処方してもらうというといいでしょう。
一方、育毛剤の使用がおすすめなのは、薄毛がまだ進行していないものの予防はしたい、そして今ある毛を丈夫に育てていきたいという方です。

<発毛剤がおすすめの方>

・薄毛がかなり進行している方
・積極的に新しい毛を生やしたい方
・副作用について理解できる方
・初期の薄毛症状が出ている方

<育毛剤がおすすめの方>

・今ある毛を丈夫に育てていきたい方
・薄毛予防をしたい方

AGA対策ではどの発毛剤・育毛剤を選べば良い?

発毛剤と育毛剤の使用を検討している場合は、それぞれの違いと自分の頭髪の状態をしっかり把握して、最適な物を購入することが大切です。例えば、発毛剤としては、厚生労働省が認可した有効成分ミノキシジルが配合されている外用薬「リアップ」シリーズが市販されています。

ただしAGAの本格的な改善を考えているのであれば、専門クリニックでの投薬を中心とするAGA治療が欠かせません。メンズヘルスクリニック東京では、専門の医師による一人ひとりの症状に応じた発毛治療と、AGAの進行抑制を目的とした「単剤処方治療」を行っています。内服薬と外用薬を組み合わせた600以上のパターンから、一人ひとりに合わせたオリジナルの処方は、メンズヘルスクリニック東京をはじめとするヘアメディカルグループ全体で190万人を治療してきた実績から導き出されたものです(※)。
薄毛が気になるという方は、メンズヘルスクリニック東京をはじめとした頭髪を専門で扱うクリニックにお気軽にご相談ください。

※1999年から2017年のヘアメディカルグループ延べ患者数

投稿:メンズヘルスクリニック東京

相談無料

AGAは一人で悩まないでください。
薄毛が気になりだしたら、お気軽にご相談ください

個人個人で髪の悩みはさまざまです。同じような症状でも原因や治療方法が全く違う場合があります。
ご自分で判断せずにクリニックにご相談ください。AGAは早めの治療が効果的です。

関連記事

最新記事