この記事の監修者

医療法人社団ウェルエイジング
Dクリニック東京 メンズ

事務長 加藤 知久 (かとう ともひさ)

髪に関する美容業界を経て、1999年にDクリニック名古屋の前身である錦クリニックに入職。入職当時より事務長としてクリニック運営に尽力してきた。日本における発毛治療分野の黎明期からこれまでの変遷を知る。
数年前に住まいを名古屋から東京近郊に移し、Dクリニックの中で最大規模を誇るDクリニック東京 メンズ の事務長として、スタッフ教育、業務改善、接遇強化に取り組み、毎日さまざまな髪のお悩みを持つ患者さまに真摯に向き合っている。

縮毛矯正と薄毛の関係は?縮毛矯正することで、かえって頭皮や髪へダメージを与え、薄毛が進行してしまうことへの不安から、縮毛矯正に踏み切れない…そんな方もいるかもしれません。縮毛矯正と薄毛の関係について、解説します。

baseimage

縮毛はどうして生じるの?

縮毛矯正と薄毛の関係を知る前に、縮毛の基本的なことをご説明します。

縮毛はくせ毛の一種で、細かな波を描きながら伸びる髪質のことを指します。縮毛のメカニズムについては、さまざまな説がありますが、最も有力だと考えられるのは、毛穴の構造との関係でしょう。毛穴の形が扁平だったり、あるいは毛穴内部の構造が曲がったりしていると、髪の毛の正常な発育を阻害してしまいます。
髪の毛内部にあるたんぱく質が、均等につながっていると直毛になりますが、縮毛は毛穴の形や構造の影響により、たんぱく質が偏ってつながった状態なのです。なお、ドライヤーで髪に熱をあてると、このたんぱく質のつながりを一時的に切断することができます。

縮毛は遺伝?

また、髪の毛の色や質は、遺伝の影響を受けやすく、両親のいずれかが縮毛の場合、その子供は縮毛になる可能性が高いといわれています。一方、生活習慣のような後天的要因も考えられます。ホルモンバランスの乱れや、毛穴への老廃物の詰まりなどによっては、髪の毛が健常に作られなくなり、髪の毛が細くなることがあります。さらに、髪の毛の伸び方に偏りが出てしまうと、縮毛を生じさせることがあります。

縮毛矯正の流れとストレートパーマとの違い

縮毛は、専用の薬剤とアイロンを使った熱の力で、まっすぐにすることができます。これが縮毛矯正です。縮毛矯正の手順はサロンなどによって細かな違いがあるものの、以下のような流れになっています。

<縮毛矯正の流れ>

・シャンプーをして髪の毛の汚れを落とす
・薬剤を塗布して髪の毛に浸透させる
・薬剤を洗い流し、アイロンの熱を使って髪の毛を伸ばしていく
・髪の毛がまっすぐになったら、その形状を記憶させるための薬剤を塗布し、時間を置いてすすぐ
・髪の毛をセットして完了

ちなみに、縮毛矯正とよく似ているものに、ストレートパーマがあります。
縮毛矯正は、薬剤とアイロンによる熱で髪をまっすぐにしますが、ストレートパーマは、薬剤のみを使います。アイロンによる熱を使う分、縮毛矯正のほうがストレートパーマよりも効果があるといえます。

縮毛矯正で薄毛に?髪の毛へのダメージとは?

縮毛矯正は、薄毛の直接的な原因にはならないといえますが、髪の毛にダメージを与えることにはなります。髪の毛の表面を覆うキューティクルには、外部からのダメージを保護し、水分を閉じ込めておく役割があります。縮毛矯正によりキューティクルが失われることがあり、そうなるとダメージを受けた髪の毛が切れやすくなることがあります。
また、縮毛矯正では、頭皮に対して保護剤を用いるのが一般的ではあるものの、万全とは言い切れません。縮毛矯正で用いる薬剤が頭皮に付着すると、かぶれや炎症、一時的な抜け毛が生じる可能性があります。
縮毛強制が薄毛に直接的な原因がないとしても、頭皮へのダメージは気をつけたいところです。

くせ毛のさまざまな種類

縮毛矯正と薄毛についてお話してきましたが、くせ毛には、縮毛以外にもさまざまな種類があります。それぞれのどのような髪質でケア方法があるのかについて確認しておきましょう。

・波状毛(はじょうもう)

波状毛とは、ある程度のまとまった髪の毛が、同じような波形を描いて生えている状態です。日本人に最も多いくせ毛になります。軽い波形のものから、大きな波形のものまで、波状毛にはさまざまなタイプがあります。また、波状毛は湿気が高いと、さらにくせ毛が強くなって、髪全体のボリュームが増える傾向があります。
波状毛の方は、髪の保湿のためにオイルや乳液タイプのヘアケア製品を使用してみるといいでしょう。また、寝る前にドライヤーを使ってくせ毛を伸ばしてみたりしてみるのもおすすめです。軽いくせ毛であれば、髪の毛をカットするだけでも、くせ毛が落ち着くことがあります。それでも気になる場合は、縮毛矯正を検討してみましょう。

・捻転毛(ねんてんもう)

捻転毛とは、髪の毛が回転しながら生えている状態で、一見するとソバージュのように見えます。ねじれの度合いが強く、ブラッシング時に強い抵抗を感じることが多いでしょう。
捻転毛は髪が切れやすいので、縮毛矯正に向いていません。髪の保湿を重視して、オイルや乳液タイプのヘアケア製品を、気になる箇所になじませて使用するといいでしょう。

・連球毛(れんきゅうもう)

連球毛とは、数珠が連なったような髪の毛になっている状態です。連球毛は、髪の毛の細さが一定ではなく、波状毛を伴うケースもあります。
連球毛の場合も、縮毛矯正に向いていません。薬剤を使用すると、連球毛になっている髪の細くなっている部分が切れやすいからです。無理なブラッシングも避けて、オイルや乳液タイプのヘアケア製品を使用するようにしましょう。

ヘアサロンで髪の毛の悩みを相談

縮毛矯正は、薄毛の直接的な原因にはなりませんが、頭皮や髪の毛にダメージを与えてしまう可能性があります。メンズヘルスクリニック東京では、ヘアサロンも開設していますので、縮毛矯正など髪の毛のさまざまな悩みがある場合は、ぜひご相談ください。
また、薄毛についての専門的な治療が必要なら、メンズヘルスクリニック東京をはじめとする頭髪を扱う専門クリニックにて、お気軽にご相談ください。

相談無料

AGAは一人で悩まないでください。
薄毛が気になりだしたら、お気軽にご相談ください

個人個人で髪の悩みはさまざまです。同じような症状でも原因や治療方法が全く違う場合があります。
ご自分で判断せずにクリニックにご相談ください。AGAは早めの治療が効果的です。

関連記事

最新記事