この記事の監修者

医療法人社団ウェルエイジング
Dクリニック東京 メンズ

事務長 加藤 知久 (かとう ともひさ)

髪に関する美容業界を経て、1999年にDクリニック名古屋の前身である錦クリニックに入職。入職当時より事務長としてクリニック運営に尽力してきた。日本における発毛治療分野の黎明期からこれまでの変遷を知る。
数年前に住まいを名古屋から東京近郊に移し、Dクリニックの中で最大規模を誇るDクリニック東京 メンズ の事務長として、スタッフ教育、業務改善、接遇強化に取り組み、毎日さまざまな髪のお悩みを持つ患者さまに真摯に向き合っている。

薄毛・脱毛と並ぶ髪の悩みが白髪です。数本ならまだしも、目に見えて白髪が増えると、どうしても実際の年齢より老けて見られがちです。さらに、定期的に白髪染めをする必要があり、お金も手間もかかります。誰でも一度は悩んだことがある白髪について、その原因を解説していきましょう。

baseimage

実は、白髪ばかりな作りたての髪

白髪の原因を知る前に、まずは、髪が作られていくプロセスの確認です。

髪は、毛母細胞で作られます。毛根にある毛母細胞はまさに「髪の母」で、正常な状態だと常に細胞分裂を繰り返しています。細胞分裂の中で角質化した細胞が毛髪になっていきますが、この段階では、髪は白髪そのものの状態で、色がついていません。

しかし、毛母細胞の周辺には「メラノサイト」という細胞群がありこれが髪に色をつける役割を果たします。こうした作用を持っていることから、メラノサイトは色素細胞とも呼ばれています。
メラノサイトは、「チロシン」というアミノ酸から「メラニン」という色素を作り出す特殊な細胞です。肌のシミやソバカスを作り出す張本人ですが、黒々とした髪の色は、このメラノサイトのおかげです。
毛母細胞は分裂を繰り返しますから、髪は次々と作られていきます。出来上がった髪は、押し上げられるように上へ上へと伸びていき、その過程でメラノサイトがメラニンを産生し、黒髪となって毛穴の外へと押し出されていきます。

白髪ができる原因はひとつではない

メラノサイトがチロシンを原料にメラニンを生成し、それによって髪が着色されているということは、白髪の原因はメラノサイトの機能低下か、あるいは原料となるチロシンの不足だろうということは容易に想像できます。問題は、その機能低下や原料不足の根本的な原因は何かということでしょう。
白髪の原因とされる要素はいくつかあり、完全に解明されていない部分も多く残されています。ですが、次に挙げるものは、白髪の発生に大きく関わっていると考えられています。

・白髪の原因1 加齢

年齢を重ねるごとに、全身の細胞は少しずつ老化し、機能が衰えていきます。毛母細胞やその周辺のメラノサイトも例外ではありません。ところが、加齢による機能低下の場合、何らかの刺激を受けることで機能が復活するということがあります。
例えば、AGA(男性型脱毛症)治療の一環としてミノキシジルの外用薬を使ったり、各種成分が配合された市販の育毛剤を使ったりした場合に、まれではありますが、白髪が改善されたという例が実際にあります。これは、機能停止していたメラノサイトが、薬剤などの刺激によって活性化した結果と見られております。ただし、その効果はあくまでも限定的で、誰にでも効果が期待できるものではありません。

・白髪の原因2 ストレス

人生を左右する大事件や、ショッキングな出来事が起こったときに「一夜にして髪が真っ白になった」という話があります。しかし、実際にこのようなことはありません。すでに、頭皮の外に伸びていった髪に充填されたメラニンは、非常に壊れにくく、ヘアカラーなどを使わない限り、色が抜けてしまうということはまずありません。
ただし、過度のストレスは白髪を増やす要因のひとつです。強いストレスを受けると人の体内では活性酸素が発生し、これが周辺の細胞の活動を阻害するといわれています。頭皮のメラノサイトにもダメージを与え、そのために白髪が増えると考えられています。

・白髪の原因3 遺伝

白髪にも、遺伝的要素は関係します。そのため、若いうちから白髪が増えてしまったという場合もあります。両親のいずれかが若いころから白髪が多かったという場合には、その体質を受け継いでいる可能性があります。

・白髪の原因4 食習慣の偏り

メラニンは、チロシンというアミノ酸を原にして生成されますが、このチロシンが不足していると、当然ながらメラニンを作ることができません。工場の生産ラインはちゃんと動いているのに、肝心の原材料が入荷してこないという状態です。
チロシンの不足は、偏った食事による栄養不足が原因だと考えられます。アミノ酸は、一般的な食生活を送っていれば不足することはまずありません。しかし、ジャンクフードやスナック菓子などを常食していると、体内で栄養不足に陥ることがありえます。

白髪とAGAにはどんな関係があるのか

「白髪体質だと薄毛にならない」「若いうちの白髪は薄毛になりやすい」など、さまざまな俗説もあるようですが、白髪とAGAには何か関係があるのでしょうか。結論としては、これら2つに直接の関連性はありません。若いうちから白髪が多かったとしても、将来AGAが発症するかどうかは、まったく別の話です。
ここまで解説してきたように、白髪は頭皮のメラノサイトの機能低下によるものであり、AGAの薄毛・脱毛は男性ホルモンによってヘアサイクルが乱れることで起こるもの。発生する原因やメカニズムがまったく異なりますから、完全な別物と考えていいでしょう。
ただし、白髪もAGAも、症状を助長する要因として、ストレスや睡眠不足など、共通点が多いことも事実です。健康を害するような習慣は、髪にとっても悪影響をもたらします。すこやかで豊かな髪を目指すのであれば、まず心身ともに健康であることを目指すのが正解といえそうです。

白髪の原因より上手な付き合いかたを考えてみる

白髪を改善するには、手間をいとわないのであれば、市販の白髪染めを使ったり、美容室でカラーリングしてもらったりするのがいいでしょう。髪の成長とともに根元部分の白髪が目立ってしまうため、定期的に染める必要がありますが、髪型を工夫すれば目立たなくすることもできます。

いずれにせよ、白髪はメラノサイトの機能低下であり、それを引き起こす原因はさまざまです。悩むばかりではストレスが増える一方で、髪にも良くありません。どうしても気になるのであれば、専門の医師に相談してみてはいかがでしょうか。

発毛を扱う専門クリニックならば、きっと頼りになるアドバイスをくれるはずです。メンズヘルスクリニック東京では、クリニックとは別にヘアサロンをご用意しております。頭皮のケアはもちろん、白髪染めなどのメニューもございますので、ぜひご利用ください。

投稿:Dクリニック東京 メンズ

相談無料

AGAは一人で悩まないでください。
薄毛が気になりだしたら、お気軽にご相談ください

個人個人で髪の悩みはさまざまです。同じような症状でも原因や治療方法が全く違う場合があります。
ご自分で判断せずにクリニックにご相談ください。AGAは早めの治療が効果的です。

関連記事

最新記事