この記事の監修者

医療法人社団ウェルエイジング
Dクリニック東京 メンズ

事務長 加藤 知久 (かとう ともひさ)

髪に関する美容業界を経て、1999年にDクリニック名古屋の前身である錦クリニックに入職。入職当時より事務長としてクリニック運営に尽力してきた。日本における発毛治療分野の黎明期からこれまでの変遷を知る。
数年前に住まいを名古屋から東京近郊に移し、Dクリニックの中で最大規模を誇るDクリニック東京 メンズ の事務長として、スタッフ教育、業務改善、接遇強化に取り組み、毎日さまざまな髪のお悩みを持つ患者さまに真摯に向き合っている。

メンズヘルスクリニック東京のAGA(男性型脱毛症)治療は、投薬治療が中心です。そしてAGA治療薬には、塗り薬(外用薬)と飲み薬(内服薬)を併用することがほとんどです。
今回はAGA治療の塗り薬を中心に、その治療内容について解説していきます。

baseimage

AGA治療の塗り薬「ミノキシジル」とは?

AGA治療で使われる外用薬は、発毛効果を持つとされている「ミノキシジル」を中心に処方された物が使われています。このミノキシジルは、血管を広げて血圧を下げる作用を持っており、元々は高血圧の改善のための内服薬として海外で使われていました。
ところが、この薬を使った人たちのあいだから「体毛が濃くなった」という報告が相次いだため、発毛効果を持つ可能性があることがわかってきたのです。そこで、発毛剤として改めて研究開発が行われました。そして、1980年のアメリカで、ミノキシジル配合の発毛剤として登場したのが「ロゲイン」です。
日本では、AGA治療の外来があるクリニックで、ミノキシジルを処方してもらうことが可能です。また、大正製薬から、ミノキシジル配合の「リアップ」が一般医薬品として発売されています。

ミノキシジルの塗り薬、その「しくみ」は?

ミノキシジルによる発毛効果のメカニズムにはさまざまな説があり、詳しくは解明されていませんが、血管拡張効果を持つところから、髪を作る毛母細胞周辺の血管を広げ、血流を良くして十分な栄養を届けるためという説があります。また、毛母細胞そのものを活発にする作用があるという説もあります。いずれも一理あるのですが、細かい部分に未解明のところが多く、はっきりとはわかっていないのが現状です。
それでもミノキシジルに発毛効果があるとされており、「フィナステリド」配合薬と並んで、AGA治療の二本柱に位置付けられています。

また、ミノキシジルは、薄毛に悩む女性にとっても心強い味方といえます。日本皮膚科学会がまとめた「男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン2017年版」においても、ミノキシジルの外用については「推奨度A」と最高ランクの評価をされています。男性型脱毛症に5%ミノキシジル、女性型脱毛症に1%ミノキシジルを外用するよう強くすすめると結論付けています。

参考:男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン2017年版

市販と専門クリニックの処方薬の違いとは?

さて、ミノキシジルは専門クリニックで処方される物のほか、ドラッグストアでも一般用医薬品(市販薬)として購入することができます。一般用医薬品と専門クリニックの処方薬には、どのような違いがあるのか、それぞれについて確認してみましょう。

一般用医薬品のメリット

大正製薬から発売されている「リアップ」シリーズは、一般用医薬品の中で唯一「壮年性脱毛症における発毛、育毛および脱毛(抜け毛)の進行予防」という効能・効果を標榜しています。ミノキシジルの配合濃度も1%と5%から選ぶことができ、髪に悩む人にとって手軽に使える発毛剤といえます。
使用方法は、1日2回、1回1mlを薄毛・脱毛が気になる頭皮に塗布します。これ以上、回数を増やしたり、使用量を増やしたりしても、効果に違いはないとされています。また、脱毛範囲が広くても、1回1mlで脱毛範囲を十分に塗布できるように設計されていますので、使用量を守るようにしましょう。

医師から処方される薬剤のメリット

処方薬のメリットとしては、治療薬のパターンが豊富だということが挙げられるでしょう。処方薬は、患者様の頭皮や髪の状態に合わせて、専門の医師のもとで調整されます。また、定期的に診察を行いながら、処方薬の種類や濃度を変えていくケースもあります。
例えば、メンズヘルスクリニック東京では、外用薬と内服薬を組み合わせた600以上のパターンから、一人ひとりに合わせたオリジナルの処方を行っています。これらのパターンは、メンズヘルスクリニック東京をはじめとするヘアメディカルグループ190万人の治療実績から導き出されたものです(※)。

また、どんな薬も副作用が考えられますので、専門の医師に診察してもらえるのは心強いでしょう。ミノキシジルにも、副作用が起こる可能性があります。血管拡張の作用を持つミノキシジルは、血圧低下に伴う目まいやふらつきなどの副作用が指摘されています。また、起立性低血圧が起こる可能性があります。起立性低血圧とは、座った状態から急に立ち上がったとき、一時的な低血圧状態に陥り、体がふらついたり、目まいを起こして一瞬気が遠くなったりすることです。
「副作用かもしれない…」と思ったときは、専門クリニックで相談すれば、どのような対処をすればいいのか的確なアドバイスをもらえるので安心です。

※1999年から2017年のヘアメディカルグループ延べ患者数

医師と二人三脚でAGA治療!

単に塗り薬を頭に塗るだけならば、わざわざ専門クリニックに行くのも馬鹿らしい…と思う人もいるかもしれません。
ですが、AGA治療の専門クリニックでは、症例を持っており、少しでも発毛効果を高めるような工夫が、いたるところでなされています。そのため、さまざまな角度から工夫を重ね、結果を出す努力を怠っていません。

またあるときは、「この調子なら、あと○ヵ月ほどでこのくらいになるでしょう」と先の見通しを立て、患者様を励ましてくれます。AGA治療は長期間に及ぶ治療です。一人で塗り薬を使うだけの日々を送っていると、どれほどの成果が出ているのか客観的な判断ができません。そのため、「本当に大丈夫なのかな」と不安になり、治療意欲が衰えてしまうこともあります。
頭髪治療の専門クリニックは、そんな患者様のメンタルにも配慮した治療を施してくれる、頼もしい存在です。医師と二人三脚で臨むAGA治療ならば、きっと満足のいく結果を得られることでしょう。

投稿:Dクリニック東京 メンズ

相談無料

AGAは一人で悩まないでください。
薄毛が気になりだしたら、お気軽にご相談ください

個人個人で髪の悩みはさまざまです。同じような症状でも原因や治療方法が全く違う場合があります。
ご自分で判断せずにクリニックにご相談ください。AGAは早めの治療が効果的です。

関連記事

最新記事