この記事の監修者

医療法人社団ウェルエイジング
Dクリニック東京 メンズ

事務長 加藤 知久 (かとう ともひさ)

髪に関する美容業界を経て、1999年にDクリニック名古屋の前身である錦クリニックに入職。入職当時より事務長としてクリニック運営に尽力してきた。日本における発毛治療分野の黎明期からこれまでの変遷を知る。
数年前に住まいを名古屋から東京近郊に移し、Dクリニックの中で最大規模を誇るDクリニック東京 メンズ の事務長として、スタッフ教育、業務改善、接遇強化に取り組み、毎日さまざまな髪のお悩みを持つ患者さまに真摯に向き合っている。

「筋トレをしていたら髪の毛が薄くなった」という噂を耳にしたことはないでしょうか?AGA(男性型脱毛症)の原因として男性ホルモンが関係していることから、この噂が出回っているようです。

今回は、筋トレとAGAの関係について精査していきましょう。

baseimage

AGAに筋トレの影響はありうる

筋トレをする目的としては、当然ながら筋力を増強させることがあります。筋肉が大きくなり、体のラインもきれいになるなど、さまざまなメリットがあります。

筋トレとAGAの関連性のカギとなるのは男性ホルモンです。筋トレなどの激しい運動を行うと、体内から男性ホルモンの一種である「テストステロン」が分泌されます。テストステロンは、骨や筋肉の機能を維持し、強化する男性ホルモンです。

AGAにおいては、このテストステロンがひとつの要因となります。テストステロンは、「5αリダクターゼ」という酵素と結合することで、「ジヒドロテストステロン(DHT)」という男性ホルモンに変容します。このジヒドロテストステロンがヘアサイクルを乱すことで、AGAが発症して薄毛の症状が現れます。

そのため、理論上は筋トレによって、AGAを招く可能性があることになります。ただし、筋トレがAGAに影響を及ぼすことは、科学的に証明されているわけではありません。

男性ホルモンとAGAの関係について

男性ホルモンとAGAの関係について、もう少し詳しく説明していきましょう。

髪の毛は、「成長期」「退行期」「休止期」を繰り返しながら、一定の毛髪量を保っています。成長期はおよそ4~6年で、髪の毛の元となる細胞の生成が始まり、髪の毛が太く長く成長する時期です。成長期を終えると、髪の毛の成長スピードが衰えてきます。これが退行期で、期間は2週間ほどになります。さらに、3~6ヵ月の休止期を経て、再び成長期を迎えることになります。これが、ヘアサイクルです。

しかし、ジヒドロテストステロンによって、4~6年あるはずの成長期が短くなってしまいます。十分に成長できなかった髪の毛は、やがて薄毛や抜け毛になっていくのです。

AGAのもうひとつの要因「活性酸素」

筋トレとAGAの関係を考える上で、もうひとつ「活性酸素」が影響している可能性があります。

筋トレなど激しい運動を行うと、肺へ取り入れた酸素が、活性酸素へと変化します。活性酸素は、有毒な細菌などを攻撃したり取り除いたりする働きがあるとされています。通常、強い毒素を持つ活性酸素は、水素と結合することで水となり、体外へ排出されます。しかし、活性酸素が増えすぎると、体内に蓄積されて、細胞を傷付ける働きがあり、それが老化を招くことになります。髪の毛を発育する毛母細胞にも悪影響を与える可能性が考えられます。

ただし、上記については、男性ホルモンと同様、エビデンスがあるわけではありません。

筋トレが悪いわけではない

AGAに男性ホルモンや活性化酸素が影響していることはわかりましたが、筋トレとAGAの関係には、科学的な根拠はありません。筋トレをすると髪の毛に悪影響があると、いたずらに考える必要はありません。気にしすぎることで悩みを抱えてしまい、髪に余計なストレスを与えることにもなりかねません。

AGAが発症するかどうかは、さまざまな条件が影響しています。テストステロンと5αリダクターゼが結合しやすいかどうかは、遺伝的要素が関係します。また、日常における生活環境も影響がありますし、適度な運動も必要です。本来、筋トレは、メタボ対策や体型維持につながりますので、髪の毛にとっても良い影響を与えている可能性があるのです。

AGAになったら専門クリニックに相談を!

もし、AGAの症状が現れていて、筋トレをやめようかと考えているなら、AGAの専門クリニックなどにご相談ください。

専門クリニックで診察を受けることで、現在の頭髪の状況やAGA改善に向けてのプランが明確になるでしょう。

投稿:Dクリニック東京 メンズ

相談無料

AGAは一人で悩まないでください。
薄毛が気になりだしたら、お気軽にご相談ください

個人個人で髪の悩みはさまざまです。同じような症状でも原因や治療方法が全く違う場合があります。
ご自分で判断せずにクリニックにご相談ください。AGAは早めの治療が効果的です。

関連記事

最新記事