この記事の監修者

医療法人社団ウェルエイジング
Dクリニック東京 メンズ

事務長 加藤 知久 (かとう ともひさ)

髪に関する美容業界を経て、1999年にDクリニック名古屋の前身である錦クリニックに入職。入職当時より事務長としてクリニック運営に尽力してきた。日本における発毛治療分野の黎明期からこれまでの変遷を知る。
数年前に住まいを名古屋から東京近郊に移し、Dクリニックの中で最大規模を誇るDクリニック東京 メンズ の事務長として、スタッフ教育、業務改善、接遇強化に取り組み、毎日さまざまな髪のお悩みを持つ患者さまに真摯に向き合っている。

AGA(男性型脱毛症)が原因の薄毛治療は、医薬品による投薬治療が一般的です。誰しもができるだけ安価に治療ができないかを考え、クリニックで処方を受けるよりも、コストが安い個人輸入で医薬品を購入したいという方もいるでしょう。しかし、AGA治療薬の個人輸入には、健康被害の危険性や粗悪品を輸入してしまうといったリスクがあります。
そこで、AGA治療薬の個人輸入がなぜ危険なのか、またクリニックで処方してもらうことによるメリットについてご紹介します。

baseimage

AGA治療薬の個人輸入とは?

日本の頭髪治療専門クリニックで処方されているAGA治療薬は、海外の通販サイトや日本の個人輸入代行業者などを通じて購入することができます。例えば「プロペシア」などの「フィナステリド」を含むAGA治療薬は、医師の処方がなければ購入できない医薬品ですが、個人輸入の場合は処方箋なしで安く手に入れることができます。

また、同じくAGA治療薬である「ミノキシジル」も、個人輸入による購入が可能です。ミノキシジルは国内でも取り扱っているクリニックが限られている、比較的高価なAGA治療薬ですが、個人輸入では高濃度の物を安く購入できることがあります。

個人輸入の5つのリスク

AGA治療薬の個人輸入には、さまざまなリスクがあります。大きく分けて以下のような5つのリスクが考えられます。AGA治療薬の個人輸入を検討する前に、そのリスクを慎重に考えてください。

1 健康被害の危険性

日本国内で取り扱われている医薬品は、「医薬品医療機器等法」という法律のもと、その有効性と安全性が確認されています。しかし、個人輸入される医薬品は、販売元の国の基準でチェックされているだけの状態です。日本における医薬品としての有効性や安全性の保証がなく、最悪の場合は健康被害に遭うリスクもあります。

2 偽造品や粗悪品の可能性

個人輸入の販売サイトによっては、正規品に似せて作られた偽造品を取り扱っているという可能性も考えられます。国内におけるチェックもなしに個人に届く上に、素人には正規品と偽造品を見分けることが難しいという問題もあります。

3 症状に適しているか判断が難しい

個人輸入では、医師の診断がなくともAGA治療薬の購入が可能です。専門の医師の診断を受けていない場合、例えば「AGA治療薬を購入したけれど、実は自分の薄毛の症状はAGAではなかった」ということもあります。自分の症状やその原因に適した治療薬であるかどうかの判断は、専門の医師以外には難しいものです。薬の購入が無駄になってしまうばかりか、副作用を起こしてしまうリスクも考えられます。

4 成分や使用上の注意がわかりづらい

個人輸入で手に入れるAGA医薬品は海外の商品であるため、その成分や用法・容量、使用上の注意といったものがすべて外国語表記となっているものがほとんどです。そのため、適切な使用方法を理解したり、使用禁止や使用上の注意に自分が該当するかどうかの判断をしたりすることが難しくなります。使用方法や副作用について詳しく理解せずに服用して具合が悪くなってしまっても、自己責任であきらめるしかありません。

5 関税がかかる・返品できない

一般的に、個人輸入する商品の価格が合計10,000円を超えると、関税や消費税がかかります。AGAの医薬品は高価な物も多く、またジェネリック医薬品の安い物でも、ある程度まとめ買いすると手間が少なくて済むため、つい多めに注文してしまいがちです。そうして10,000円を超えた場合には、関税・消費税がかかってしまうのです。

また、一度購入した商品は返品・交換が難しいということもあります。海外の通販サイトでは、基本的にその国の言葉でやりとりをします。ですから、その国の言葉が堪能でない限り、返品・交換のハードルは高いでしょう。日本の個人輸入代行業者を利用した場合には、返品・交換ができない契約になっていることがほとんどです。

AGA治療薬はクリニックでの購入がおすすめ

AGA治療薬を個人輸入することの5つのリスクからもわかるように、AGA治療薬はクリニックで専門の医師による診察やカウンセリングを受けてから処方してもらい購入する方法が安心・安全です。

いくら個人輸入のほうが時間もコストもかからないといっても、適切な薬ではなかったり、症状が悪化してしまったりしては効果がないばかりか、かえって余計に時間も費用もかかってしまうことも考えられるのです。また、個人輸入した薬剤は医薬品副作用被害救済制度を受けることができません。

参考:医薬品副作用被害救済制度について

医師にAGA治療薬を処方してもらうメリット

頭髪の専門クリニックで医師にAGA治療薬を処方してもらうことには、次のようなメリットがあります。

  • ・国内基準を満たした正規品のため、安全性が保証されている
  • ・医師の診断を経て処方されるため、症状に応じた適切な薬を服用できる
  • ・血液検査や遺伝子検査に基づいた診断や処方ができる
  • ・適切な用法・用量で使えるため、誤用のリスクをなくせる
  • ・副作用が出た場合、すぐに相談できる

医師に処方してもらうことで、自分の症状に適した治療薬を処方してもらえる上、健康被害のリスクも大幅に軽減できます。適切で安心・安全な服用のためにも、まずは頭髪の専門クリニックで医師の診察を受けることが大切です。

AGA治療薬の処方にかかる費用

では、頭髪の専門クリニックでAGA治療薬を処方してもらう場合、どれくらいの費用がかかるのでしょうか?クリニックで治療を受ける場合、治療薬によっては初回と2回目以降とで費用が変わってくることもあります。ここでは、代表的なAGA治療薬である「プロペシア」「ザガーロ」と、「ミノキシジルタブレット」の費用を見ていきましょう。

・プロペシア

約5,000~7,000円

※メンズヘルスクリニック東京では、1ヵ月分6,500円(税別)で処方しています。

・ザガーロ

約5,000~10,000円

※メンズヘルスクリニック東京では、1ヵ月分9,500円(税別)で処方しています。

クリニックによって料金は異なるため、事前にウェブサイトなどで確認しておくことをおすすめします。

AGA治療薬は専門の医師に処方してもらおう

GA治療薬を個人輸入することの危険性と、頭髪の専門クリニックで処方してもらうことによるメリットについてご紹介しました。やはりAGAの治療では、頭髪の専門クリニックでカウンセリングや診察を受け、自分の症状や悩みに適したAGA治療薬を処方してもらうことが、薄毛治療の第一歩といえるでしょう。

メンズヘルスクリニック東京では、AGAや薄毛・抜け毛などの悩みを抱える方に、無料カウンセリングを行っています。専門の医師による一人ひとりの症状に合わせた治療と、内服薬と外用薬を組み合わせた600以上のパターンから一人ひとりに合わせたオリジナルの処方を行っています。これらのパターンは、メンズヘルスクリニック東京をはじめとするヘアメディカルグループ全体で190万人を治療してきた実績から導き出されたものです(※)。

ご自分だけで悩んだり、自己責任でAGA治療薬を個人輸入したりする前に、まずはお気軽にご相談ください。

※1999年から2017年のヘアメディカルグループ延べ患者数

投稿:Dクリニック東京 メンズ

相談無料

AGAは一人で悩まないでください。
薄毛が気になりだしたら、お気軽にご相談ください

個人個人で髪の悩みはさまざまです。同じような症状でも原因や治療方法が全く違う場合があります。
ご自分で判断せずにクリニックにご相談ください。AGAは早めの治療が効果的です。

関連記事

最新記事