この記事の監修者

医療法人社団ウェルエイジング
Dクリニック東京 メンズ

事務長 加藤 知久 (かとう ともひさ)

髪に関する美容業界を経て、1999年にDクリニック名古屋の前身である錦クリニックに入職。入職当時より事務長としてクリニック運営に尽力してきた。日本における発毛治療分野の黎明期からこれまでの変遷を知る。
数年前に住まいを名古屋から東京近郊に移し、ヘアメディカル関連クリニックの中で最大規模を誇るDクリニック東京 メンズ の事務長として、スタッフ教育、業務改善、接遇強化に取り組み、毎日さまざまな髪のお悩みを持つ患者さまに真摯に向き合っている。

【AGAは治るのか?】AGA(男性型脱毛症)は治るのでしょうか?発症時期や薄毛のパターンなどに個人差があるのは、なぜなのでしょうか?AGAの効果的な治療法とは何でしょうか?AGA専門クリニックではどのような指導・治療が受けられるのでしょうか?

baseimage

AGAは治る?それとも、治らない?

「AGAは治る」と言われたとき、あなたはそれを信じますか?

「AGAは遺伝だから治るはずがない」
「医学の進歩はめざましいから、AGAも治る」
「AGAは“改善”はするけど“完治”はしない」

さて、どれが本当なのでしょうか?

AGAは治るのか、それとも治ることはないのか。AGA治療について解説します。

AGAは治る(1) AGAとは何?

AGAが治るかどうかを知る前に、AGAの基本情報について確認しておきましょう。

AGAとは、androgenetic alopeciaを略した医学用語で、日本語では「男性型脱毛症」とよばれます。

alopeciaとは「脱毛症」のことで、発症に男性ホルモン(androgenic hormone)が関与していることからこのように名付けられたようです。

女性に発症した場合にはfemale androgenetic alopecia(FAGA=女性男性型脱毛症)とよばれます。

しかし、近年はAGAやFAGAに対する概念が変化していて、男性型脱毛症はmale pattern hair loss(MPHL)、女性の場合には「女性型脱毛症=female pattern hair loss(FPHL)」と表記されることが多くなってきました。

しかし、日本社会では「AGA」がすでに市民権を得ているため、MPHLよりもAGAと表記されることが多いようです。

AGAは治る(2) AGAで薄毛になるのはなぜ?

ところで、AGA(MPHL)になると、薄毛になるのはなぜなのでしょうか?
このことを理解するためには、発毛の仕組みについて知る必要があります。

ヘアサイクル(毛周期)

毛髪には「ヘアサイクル」とか「毛周期」とよばれる、成長のサイクルがあります。

「成長期」では、毛母細胞が盛んに増殖することで毛髪が生成され、毛包は大きくなり、毛髪も長く、太く育ちます。
「休止期」になると毛髪の成長は止まり、毛髪が抜けやすくなるため、毛髪を引っ張ったり、洗髪をすると抜けてしまいます。
しかし、「休止期」から「成長期」へと移行すると、新しい毛髪が発毛してくるため、健康なヒトの頭髪は全体としてフサフサとした同じ毛量を保っているのです。

<健康なヒトの毛髪のヘアサイクル(毛周期)>
成長期(2〜6年):毛母細胞が増殖して毛髪をつくっている時期
退行期(2〜3週間):成長が不活発になり、退縮する時期
休止期(3〜4か月):成長が完全に止まり、脱毛する時期

(参照|「男性型脱毛症の治療薬」森岡進(2010)

AGAのヘアサイクル

AGA(MPHL)になると、ヘアサイクルが変化します。

ヘアサイクルの「成長期」は、「前期」「中期」「後期」に分けることができますが、AGA(MPHL)になると、「成長期前期」から、いきなり「退行期」へと移行してしまいます。つまり、「成長期」の期間が極端に短くなってしまうのです。
さらに、「休止期」から「成長期」へと移行する毛包の数も、減少していきます。

ところで、毛髪の長さや太さは、「成長期」の長さと深い関係があります。

毛髪の長さは「成長期」の長さに、毛髪の太さは毛包の大きさに比例します。毛包の大きさは、「成長期」の長さにほぼ比例するので、「成長期」が長いと毛髪は長く、太く育つのです。

しかし、前述のようにAGA(MPHL)によってヘアサイクルが乱れて「成長期」が短くなると、毛髪は短く、細いまま「休止期」を迎えることになります。これが「軟毛化」です。
そして、「休止期」から「成長期」へと移行する毛包の割合も減少するために、新しい発毛が生じない部位が拡がっていきます。

つまり、AGA(MPHL)による薄毛とは、毛髪一本いっぽんが細く、短くなってボリュームがなくなることと、毛髪の本数そのものが少なくなることが重なって起きているのです。

<ヘアサイクル「成長期」の期間と毛髪>
・毛髪の長さは、「成長期」の期間の長さに比例する。
・毛包の大きさは、「成長期」の期間の長さにほぼ比例する。
・毛髪の太さは、「毛包」の大きさに比例する。

(参照|「男性型脱毛症の治療薬」森岡進(2010)

AGAのヘアサイクル
監修:東京女子医科大学 皮膚科 前教授・講座主任 川島 眞

「AGAになる人」と「AGAにならない人」

同じ男性でもAGA(MPHL)になる人とならない人がいます。またAGA(MPHL)の人でも、薄毛のパターンに違いがあります。

こうした差異には、遺伝的要因が関係しています。

AGA(MPHL)の発症には、前述の通り男性ホルモンが関与しています。

血液によって運ばれてきた「テストステロン」という男性ホルモンは、毛乳頭で5α-還元酵素(5α-リダクターゼ)の作用でDHT(ジヒドロテストステロン)という、より活性の高い男性ホルモンへと代謝されます。

このDHTが毛乳頭にある男性ホルモン受容体(アンドロゲンレセプター)と結合すると、毛母細胞の分裂を抑制する物質が分泌されます。その結果、前述のようなヘアサイクルの乱れが引き起こされるのです。

アンドロゲンレセプターの感受性や5α-還元酵素の発現強度には個人差があり、それがAGA(MPHL)の発現の差につながっています。

AGA専門クリニックなどでは、こうしたアンドロゲンレセプターや5α-還元酵素に関する遺伝子情報を検査してくれるところも増えてきています。

Dクリニック東京メンズ(旧メンズヘルスクリニック東京) AGAリスク遺伝子検査(AGA関連遺伝子発現量の測定)
Dクリニック東京メンズ(旧メンズヘルスクリニック東京) アンドロゲンレセプター遺伝子検査

AGAは治る(3) 「AGAが治る」とは?

さて、「AGAが治る」とはどのような状況を指すのでしょうか?

AGA(MPHL)の発症には、男性ホルモンと遺伝的要因が関係していることは前述の通りです。

なんらかの方法で、アンドロゲンレセプターや5α-還元酵素の発現に関する遺伝子を書き換えることができれば、AGA(MPHL)の発症を回避できるかも知れません。つまり「AGAが治る」のです。
しかし、現時点では、こうした遺伝子治療は確立されてはいません。

現在行われているAGA(MPHL)の治療法は、5α-還元酵素のはたらきを阻害する医薬品や、乱れたヘアサイクルを改善する医薬品を使用することで、AGA(MPHL)の進行を遅らせたり、発毛を促進することが主流です。

しかし、こうした医薬品の使用を中止すると、AGA(MPHL)の症状が再び顕著になってくることが多いようです。
つまり、AGA治療薬によって症状が改善することはあっても、根治することはないといえるでしょう。

AGAは治る(4) AGA治療について

AGA治療薬によってAGA(MPHL)が完全に治ることはありませんが、発毛を回復したり、症状の進行を遅らせることは可能です。

では、どのような治療薬が効果的なのでしょうか?

日本皮膚科学会では、AGA(MPHL)の診療ガイドラインを作成しています。
そのガイドラインでは、さまざまな治療法の有効性を検証して、5段階に分類しています。

その分類でもっとも評価の高い「推奨度A:行うことを強く勧める」とされた治療法が3つあります。

<日本皮膚科学会が推奨するAGA治療法>
・ミノキシジルの外用(薬)
・フィナステリドの内服(薬)
・デュタステリドの内服(薬)

(参照|日本皮膚科学会「男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン 2017年版」

ミノキシジル外用薬は一般用医薬品(OTC医薬品)で、薬局やドラッグストアで購入することができます。また、多くのAGA専門クリニックでも処方されています。

フィナステリド内服薬やデュタステリド内服薬は、薬局などで直接購入することはできません。どちらも処方箋医薬品であるため、医師の発行する処方箋が必要なのです。
多くのAGA専門クリニックでは、フィナステリド内服薬やデュタステリド内服薬を処方しています。

AGAは治る(5) AGA治療クリニック

AGAを治すためには、AGA治療薬が有効であることが分かりました。

しかし、どのAGA治療薬をどのように使用するのか、いつから使用するのかは、その人のAGA(MPHL)の遺伝的要因や進行度、ライフスタイルによって異なります。
また、AGA(MPHL)の治療には薬だけでなく、適切なヘアケアや頭皮環境の改善、生活習慣の改善なども必要です。

こうした総合的な視野に基づいたAGA治療を受けるには、やはりAGA専門クリニックで指導や治療を受けることが効果的でしょう。

Dクリニック東京メンズ(旧メンズヘルスクリニック東京)では、AGA(MPHL)の無料カウンセリングを実施しています。

もし、AGA(MPHL)を本格的に治したいと思っているのであれば、まずは「無料カウンセリング」で相談してみてはいかがでしょうか。

Dクリニック東京メンズ(旧メンズヘルスクリニック東京) 無料カウンセリングフォーム

なお、AGA(MPHL)については、Dクリニック東京メンズ(旧メンズヘルスクリニック東京)・AGA薄毛コラムにも詳しい記事があります。ぜひ、ご覧ください。

AGA(男性型脱毛症)は完治するのか?
【専門医師の本音】自宅でできるAGA対策について
AGA治療で専門病院を選ぶメリット
AGAの早期治療について
初期症状でAGAに気付く方法は?
AGAだと判断するのはどんなとき?
AGA治療で薄毛が改善!治療はやめていい?継続すべき?

AGAは治る(5) AGA治療クリニック

【まとめ】

AGAが治るかどうかについて、ご理解いただけたでしょうか?

AGAの発症には遺伝的要因が大きく関わっています。
現時点では、このAGAに関する遺伝子治療は確立されていません。

しかし、効果のあるAGA治療薬は開発されています。

ミノキシジル外用薬やフィナステリド内服薬、デュタステリド内服薬などがそれで、AGA専門クリニックなどで処方してもらうことができます。

AGAを克服するためには、AGA専門クリニックでの指導・治療が効果的です。

相談無料

AGAは一人で悩まないでください。
薄毛が気になりだしたら、お気軽にご相談ください

個人個人で髪の悩みはさまざまです。同じような症状でも原因や治療方法が全く違う場合があります。
ご自分で判断せずにクリニックにご相談ください。AGAは早めの治療が効果的です。

関連記事

最新記事