この記事の監修者

医療法人社団ウェルエイジング
Dクリニック東京 メンズ

事務長 加藤 知久 (かとう ともひさ)

髪に関する美容業界を経て、1999年にDクリニック名古屋の前身である錦クリニックに入職。入職当時より事務長としてクリニック運営に尽力してきた。日本における発毛治療分野の黎明期からこれまでの変遷を知る。
数年前に住まいを名古屋から東京近郊に移し、Dクリニックの中で最大規模を誇るDクリニック東京 メンズ の事務長として、スタッフ教育、業務改善、接遇強化に取り組み、毎日さまざまな髪のお悩みを持つ患者さまに真摯に向き合っている。

【AGA治療ってどんな内容なの?】男性の代表的な脱毛症であるAGA(男性型脱毛症)。その治療は、どんな内容なのでしょうか。AGA(男性型脱毛症)治療に使用するお薬やどこで治療を受けるべきか、コスト(治療費用)の目安はどのくらいか、そもそも治療効果はあるのか不安ですよね。AGA(男性型脱毛症)治療について詳しく解説します。

baseimage

そもそも、AGA治療の効果はあるのか?

テレビCMなどの影響から、AGA(男性型脱毛症)という単語は今や市民権を得ています。
「AGAの治療に効果があるなら、ぜひ病院で治療を受けたい」と、検討している人も少なくないでしょう。

結論から言いますと、AGA(男性型脱毛症)治療に効果はあります。
例えば、その内のAGA(男性型脱毛症)治療薬の場合は、「ミノキシジル製剤」の外用薬なら、4ヶ月から有効性が認められていいます。その他の治療薬でも、「フィナステリド」は3年間利用した患者様の80%が発毛効果を実感している、という報告もあります。

ただし、AGA(男性型脱毛症)は思春期以降の男性にみられる進行性の脱毛症です。治療をせずに放置していると、症状は徐々に進行し、やがては頭部全体に進行してしまいます。
AGA治療によって希望の毛量を得たいのであれば、治療は少しでも早くスタートした方がいいでしょう。

AGA(男性型脱毛症)治療の効果について、当メンズヘルスクリニック東京のこちらのコラムをご覧ください。

治療効果
AGA(男性型脱毛症)は完治するのか?

AGA治療ってどんな内容なの?詳しく知りたい!

テレビCMなどの影響から、AGA(男性型脱毛症)という単語は今や市民権を得ています。
「AGAの治療を病院で行いたい」と、検討している人も少なくないでしょう。
しかし、薄毛や抜け毛の症状の進行に悩んでいる方が特に気になるのは、その治療の内容やコスト(治療費用)の目安です。AGA(男性型脱毛症)の治療にはどんなお薬を使うのか。また、どこで治療を受ければいいのか。コスト(治療費用)の目安はどれくらいかかるのかなど、AGA(男性型脱毛症)治療について詳しく解説します。

【AGAの治療コスト】AGA治療は保険適用外の自由診療

まずAGA(男性型脱毛症)の治療費の内容についてですが、AGA(男性型脱毛症)治療は基本的に保険適用外の自由診療となります。つまり全額自己負担となります。かつ、治療費は病院ごとに「自由に」決まるため、AGA(男性型脱毛症)の治療費にはある程度の相場こそあれ、一定していません。

健康保険適応外のAGA治療を、どう考えるか

なぜAGA(男性型脱毛症)治療は保険適用外なのでしょうか?
それは、AGA(男性型脱毛症)は「生活に支障をきたしたり、生命維持に影響したりする怪我や病気」ではないためです。
これはAGA(男性型脱毛症)治療の専門クリニックでも、一般の皮膚科医院でも同じことです。また、医療費控除を受けることもできません。(ローンを組むことは可能です。)

では、生活に支障をきたしたり、命に関わることが無いのなら、AGA(男性型脱毛症)は治療しなくてもいいのでしょうか。
確かにAGA(男性型脱毛症)によって命を落としたり、生活自体に支障をきたすことはありません。

しかし薄毛や抜け毛の症状の進行は、人によっては男性のQOL(生活の質)を著しく低下させます。おしゃれが決まらなくなり、容姿にコンプレックスを抱くようになると覇気が無くなる人もいるでしょう。薄毛や抜け毛の症状の進行に不安で悩む人が、再び生き生きとしたQOL(生活の質)の高い人生を送るためには、AGA(男性型脱毛症)の治療をした方がいいのは間違いありません。

AGA(男性型脱毛症)の治療費の内容については、当メンズヘルスクリニック東京のこちらのコラムをご覧ください。

AGAの治療費はいくらかかる?気になる治療費の相場まとめ
AGAの費用と治療内容について

【AGA治療の種類】AGA治療にはどんなものがあるのか

AGA(男性型脱毛症)治療に使用される治療薬は、主として「プロペシア」「ザガーロ」そして「ミノキシジル製剤(外用薬・内服薬)」が知られています。

AGA治療薬の種類(1)プロペシアとザガーロ

AGA(男性型脱毛症)の元凶的な存在といえる、男性ホルモンのジヒドロテストステロン(DHT)。DHTが結果的に毛母細胞の活動を阻害することから、AGA(男性型脱毛症)は発症します。
DHTは、男性ホルモンのテストステロンが還元酵素「5αリダクターゼ」の作用で生成されます。

プロペシアとザガーロの成分「フィナステリド」と「デュタステリド」はその5αリダクターゼの作用を阻害する効果があることから、AGA(男性型脱毛症)治療に使用されるようになりました。

(プロペシア=フィナステリド、ザガーロ=デュタステリド)

「フィナステリド」と「デュタステリド」は、どちらも厚生労働省に承認された治療効果の高い医薬品ですが、女性には効果がないことと副作用の懸念があることから、女性のFAGA(女性男性型脱毛症)治療に使用することができません。

AGA(男性型脱毛症)治療薬「フィナステリド」と「デュタステリド」の価格はおよそ5,000円〜1,0000円前後とされ、プロペシアには安価なジェネリック医薬品も存在します。

プロペシアとザガーロの治療効果と副作用については、当メンズヘルスクリニック東京のこちらのコラムをご覧ください。

プロペシアとは?
【クリニック監修】「ザガーロ」という男性型脱毛症治療薬の副作用と効果

AGA治療薬の種類(2)ミノキシジル製剤

ミノキシジルは、発毛を促進する作用が認められた医薬品成分です。ミノキシジルを配合した医薬品「ミノキシジル製剤」には、塗り薬の外用薬(塗りミノ)と、飲み薬(ミノタブ)の内服薬があります。

ミノキシジルは、もともとは高血圧症の治療を目的とした降圧剤として開発された薬です。血管が拡張して多くの栄養が毛母細胞に届けられることで、発毛作用が起こると考えられていましたが、最近ではミノキシジルが直接、毛母細胞に作用して発毛を促していることがわかってきました。

日本ではミノキシジル外用薬(塗りミノ)のみがOTC医薬品として市販されています。

(参照|ヘアメディカル 「AGA治療薬」

ミノキシジルの治療効果と副作用については、当メンズヘルスクリニック東京のこちらのコラムをご覧ください。

「ミノキシジル」外用薬・内服薬、育毛・発毛剤の効果、副作用、入手方法まで全部
ミノキシジルの効果を引き出すために、知っておきたい!ミノキシジル効果のポイント

その他にもあるAGA治療/メソセラピー、HARG、PRP、植毛、サプリメント、ウィッグ

ここまでは、治療薬を使用したAGA(男性型脱毛症)治療をご説明してきましたが、AGA治療には、この他にも、
・薬剤や発毛に必要な成分を、直接頭皮に注入する:メソセラピー、HARG、PRP再生医療
・自前の頭髪や、人工毛を患部に毛根ごと移植する:植毛
・AGAの治療薬以外に必要な栄養を補うためのサプリメントの処方
・ウィッグの着用(QOLを向上させることを目的とした、広義な意味での治療)

など、様々な治療方法があります。
これらは皮膚科ではなく、上記の治療を取り扱っている専門クリニックを受診して施術します。AGA治療自体が自由診療であることと、上記の治療法は取り扱いのある医療機関が少ないことから、一般的に費用が高額になります。1回で数十万円以上の施術をある程度の回数をかけて受けるだけでなく、アフターメンテナンスが必要な場合などもあり、トータルの費用負担が大きいことも特徴です。(※メソセラピー、HARG、PRP再生医療、植毛、ウィッグについては、当院では取り扱っておりません。また、ウィッグはクリニックではなく、専門店でお求めください。)【AGA治療の種類】AGA治療にはどんなものがあるのか

【AGA治療を受ける】AGA治療はどこで行うのがいい?

AGA(男性型脱毛症)治療は、主に「自分で行う」「皮膚科で行う」「AGA(男性型脱毛症)の専門クリニックで行う」の3つの選択肢が考えられます。それぞれのメリットとデメリットを説明します。

AGA治療はどこで行うのがいい?(1)自分で治療を行う

AGA(男性型脱毛症)治療を自分で行う人は少なくありません。AGA(男性型脱毛症)治療薬のミノキシジル外用薬(塗りミノ)は、ドラッグストアなどでOTC医薬品として対面販売されています。また、リスクはありますが、より強力で安価なAGA(男性型脱毛症)治療薬を、海外からの個人輸入で入手する人もいます。
AGA(男性型脱毛症)治療薬の購入方法にもよりますが、1か月の治療コストは2,000円~10,000円といったところでしょうか。

AGA(男性型脱毛症)治療を自分で行う場合のメリット

AGA(男性型脱毛症)治療を自分で行う場合のメリットは、なんといっても「リーズナブル」という点が挙げられます。市販のミノキシジル外用薬(塗りミノ)は、1本(30日分)が7,0000円ほどで購入できます。また、注意点が多々ありますが、海外からのAGA(男性型脱毛症)治療薬(プロペシアやミノキシジルタブレットなど)の個人輸入は、ジェネリック医薬品も多数あり、病院で自由診療を受けるよりも、コストは安くなります。

AGA(男性型脱毛症)治療を自分で行う場合のデメリット

AGA(男性型脱毛症)治療を自分で行う場合のデメリットは、メリットの裏返しの部分です。

AGA(男性型脱毛症)治療を自分で行うのは、全て自己責任です。ドラッグストアで入手したミノキシジル外用薬(塗りミノ)の使用には副作用などのリスクは高くありませんが、個人輸入の代行サイトで購入したAGA(男性型脱毛症)治療薬を自己判断で使用するのは、副作用などの大きなリスクがあります。また、AGA(男性型脱毛症)治療薬の偽薬なども横行しているため非常に危険な行為といえます。

AGA治療はどこで行うのがいい?(2)皮膚科の病院で治療を行う

髪は頭部の皮膚、すなわち頭皮から生えてきます。ですから、AGA(男性型脱毛症)の治療を一般の病院で行うなら、皮膚科に足を運ぶ人が多いのではないでしょうか。もちろん、皮膚科でAGA(男性型脱毛症)治療を行うことは可能です。
皮膚科でのAGA(男性型脱毛症)治療費の目安は、1か月でおよそ7,000円~15,000円といったところです。

AGA(男性型脱毛症)治療を病院の皮膚科で行う場合のメリット

AGA(男性型脱毛症)治療を病院の皮膚科で行うメリットは、まず通いやすいことが挙げられます。また、医師の処方箋がもらえるため、医療用医薬品であるプロペシアやザガーロ、ミノキシジル外用薬(塗りミノ)などのAGA(男性型脱毛症)治療薬を使用できます。

AGA(男性型脱毛症)に治療は、皮膚科の病院であっても自由診療です。しかし、AGA(男性型脱毛症)治療で処方される薬剤はだいたい決まっているため、専用クリニックに比べてコスト(治療費用)の目安が分かりやすく、比較的安価にAGA(男性型脱毛症)治療をスタートできます。

AGA(男性型脱毛症)治療を病院の皮膚科で行う場合のデメリット

AGA(男性型脱毛症)治療を病院の皮膚科で行う場合のデメリットは、皮膚科の病院は皮膚の疾患全体を治療しているため、AGA(男性型脱毛症)治療に関しては特化した知識と経験が豊富ではない場合がある、ということです。

AGA(男性型脱毛症)治療といっても、ガイドラインに沿った治療が一般的です。積極的な発毛を目指すものではなく、AGA(男性型脱毛症)の進行を抑止するための「現状維持」が目的となっている場合、満足できる治療成果が得られるかは分かりません。

また、病院の皮膚科では待合室が他の皮膚疾患の人と一緒になるなど、できればAGA治療のことを人に知られなくないと思っているAGA患者様への配慮にも気になるところです。

AGA治療はAGA治療の専門クリニックで行う

AGA治療(男性型脱毛症)の専門クリニックは、文字通り、AGA(男性型脱毛症)の治療に特化したクリニックです。
自由診療ですので、治療費は専門クリニックによりかなりの違いがあります。
AGA(男性型脱毛症)治療薬処方のみの場合で、およそ1か月で7,000円~30,000円です。

AGA(男性型脱毛症)治療を専門クリニックで行う場合のメリット

AGA(男性型脱毛症)治療を専門クリニックで行う場合のメリットは、なんといっても、専門クリニックだけあって積極的な発毛治療をアプローチしてくれることです。

医師の処方を受けて、プロペシアやミノキシジル外用薬(塗りミノ)などのAGA(男性型脱毛症)治療薬を使用できるほか、薄毛や抜け毛の症状や進行状況によっては複数のAGA(男性型脱毛症)治療薬を組み合わせて使用することも可能です。

AGA(男性型脱毛症)の症状や進行状況は一人ひとり異なり、それぞれに適した薄毛治療を行う必要があります。
AGA(男性型脱毛症)治療の専門クリニックでは、発毛専門の医師による診察を受けることができます。AGA(男性型脱毛症)の進行や症状に合わせた、適切な薄毛治療が受けられるなど、AGA(男性型脱毛症)治療に関する豊富なノウハウがあることが強みになっています。

また、薄毛治療の専門クリニックでは、診察は予約制だったり、待合室は男女別だったりと、プライバシーへの配慮も行き届いているため、通院する患者様の精神的な負担も比較的少ないといえます。

AGA(男性型脱毛症)治療を専門クリニックで行うデメリット

AGA(男性型脱毛症)治療を専門クリニックで行う場合のデメリットは、やはり専門クリニックだけあって、コスト(治療費用)が比較的高いということが挙げられます。また、AGA(男性型脱毛症)治療の専門クリニックは数が少ないため、地方に住んでいる人は通院がしにくいということもあります。

AGA(男性型脱毛症)の治療については、当メンズヘルスクリニック東京のこちらのコラムをご覧ください。

AGA治療で薄毛が改善!治療はやめていい?継続すべき?
AGA治療が効果なし!?その理由とは?

【AGA治療の入口】薄毛対策の第一歩は無料カウンセリングから!

薄毛や抜け毛の治療は保険適用外の自由診療ですので、それなりのコスト(治療費用)がかかります。しかし、費用だけを重視して医薬品を海外通販サイト等から購入するのは、いかにリーズナブルだからといっても、危険な行為なので、オススメはできません。

やはり「餅は餅屋」です。AGA(男性型脱毛症)の治療を真剣に考えているなら、多少のコスト(治療費用)はかかっても、AGA(男性型脱毛症)治療の専門クリニックで効果的な治療をするのがベストでしょう。

とはいえ、いきなり薄毛治療にかかるのは不安なもの。薄毛治療の専門クリニックとの相性もあります。
そんなときは、まずAGA(男性型脱毛症)治療の専門クリニックで無料カウンセリングを利用し、不安を解消してみてはいかがでしょうか。現在のAGA(男性型脱毛症)の進行状況や、治療に必要なコスト(治療費用)の目安をカウンセリングで聞くことができ、薄毛治療の目安にもなります。

メンズヘルスクリニック東京の無料カウンセリングは予約制です。下記フォームから申し込むことが可能ですので、お気軽にお申込みください。

メンズヘルスクリニック東京 無料カウンセリングフォーム

【AGA治療の入口】薄毛対策の第一歩は無料カウンセリングから!

相談無料

AGAは一人で悩まないでください。
薄毛が気になりだしたら、お気軽にご相談ください

個人個人で髪の悩みはさまざまです。同じような症状でも原因や治療方法が全く違う場合があります。
ご自分で判断せずにクリニックにご相談ください。AGAは早めの治療が効果的です。

関連記事

最新記事