この記事の監修者

医療法人社団ウェルエイジング
メンズヘルスクリニック東京

事務長 加藤 知久 (かとう ともひさ)

髪に関する美容業界を経て、1999年にAACクリニック名古屋の前身である錦クリニックに入職。入職当時より事務長としてクリニック運営に尽力してきた。日本における発毛治療分野の黎明期からこれまでの変遷を知る。
数年前に住まいを名古屋から東京近郊に移し、ヘアメディカル関連クリニックの中で最大規模を誇るメンズヘルスクリニック東京の事務長として、スタッフ教育、業務改善、接遇強化に取り組み、毎日さまざまな髪のお悩みを持つ患者さまに真摯に向き合っている。

AGA(男性型脱毛症)治療の中心的存在となっているのが、フィナステリド配合薬とデュタステリド配合薬とミノキシジル配合薬の投薬です。これら3つの有効成分が、どのような働きを持っているのか確認してみましょう。
また、このほかにも髪に良いとされるさまざまな有効成分についてもご紹介していきます。

baseimage

AGAが発症する原因とは?

現在のAGA治療は、フィナステリド配合薬とデュタステリド配合薬とミノキシジル配合薬の投薬治療が中心となっています。これら2つの有効成分がなぜ薄毛・脱毛に効くのかを理解する前に、なぜAGAになるのかを知っておいたほうがいいでしょう。

人間の体内には「テストステロン」という男性ホルモンがあるのですが、これが「5αリダクターゼ」という還元酵素と結び付いて、「ジヒドロテストステロン(DHT)」が産生されます。ジヒドロテストステロンが頭皮の毛根に作用するとヘアサイクルが乱れ、髪が十分に成長しないうちに毛根が活動を止めてしまい、髪は細く短いまま抜け落ちてしまいます。そのために薄毛・脱毛が進んでいくのです。

AGA治療で使われる薬品は、このAGAのメカニズムに大きく関係しています。

脱毛を防ぐ効果が期待できる「フィナステリド」と「デュタステリド」

フィナステリドは、よく知られたAGA治療薬「プロペシア」の有効成分です。また、デュタステリドは2016年に発売された「ザガーロ」の有効成分です。どちらも5αリダクターゼの働きを抑えることで脱毛を防ぎ、発毛を促すという作用を持ちます。

男性ホルモンであるテストステロンは、そのままの状態であれば、髪に悪さをするようなことはありません。しかし、5αリダクターゼと結合し、ジヒドロテストステロンが産生されると、ヘアサイクルが乱れていきます。そこで、フィナステリドやデュタステリドによって5αリダクターゼの働きを妨げれば、ジヒドロテストステロンの発生を防ぐことができます。すると、毛根は正常なヘアサイクルを取り戻し、太く長い髪を作り続けるようになるのです。

強制的に髪を生やすのではなく、毛根の働きを邪魔している物質の産生を防ぐことで、健康な髪を取り戻す。これが、有効成分フィナステリドとデュタステリドの働きです。

発毛効果が期待できる「ミノキシジル」

フィナステリドやデュタステリドの有効成分とは対照的に、AGA治療のもうひとつの柱であるミノキシジルは「なぜ効くのか」というメカニズムが、正確にわかっていません。ミノキシジルは、元々血管拡張剤として開発されたもので、頭皮の血流を促進することで毛根により多くの栄養を送り届ける作用があるといわれていますが、詳しいところははっきりしていないのです。

しかし、ミノキシジルを服用した方に、体毛が増える多毛の症状が見られたことで研究開発が進められ、薄毛治療の外用薬として使われるようになりました。

ヘアケア製品に使われる有効成分

シャンプーやヘアトニックなど、一部の「医薬部外品」と呼ばれるヘアケア製品にも、髪に働きかけるさまざまな有効成分を配合しています。ここでは、その一部をご紹介しましょう。

・センブリエキス

センブリはリンドウ科の植物で、日本各地に自生しています。非常に強い苦みがありますが、古くから健胃剤として用いられ、漢方でも使われてきました。開花期の葉を採って抽出したセンブリエキスが、育毛剤などに使われています。

・サイトプリン

サイトプリンは、発毛を促す働きを持つたんぱく質を、効率良く増産する作用を持つといわれています。日本皮膚科学会は、サイトプリンについて「有効性を示す弱い根拠がある」と、控えめながら一定の評価をしています。

・ペンタデカン

髪の主成分は、ケラチンと呼ばれるたんぱく質です。このケラチンを合成するために必要なエネルギーを増やす働きを持つとされているのがペンタデカンです。日本皮膚科学会では、ペンタデカンにもサイトプリンと同様の評価を与えています。

・キャピキシル

キャピキシルは、「アカツメクサ花エキス」と「アセチルテトラペプチド3」を組み合わせたもので、抜け毛を防ぎ、毛根の毛母細胞を活発にするとされています。

有効成分の働きを知っておこう

AGA治療薬やヘアケア製品の有効成分を知ることは、みずからの頭髪にどのような作用をしているのかを把握することにつながります。ただし、素人判断は危険ですので、やはり専門の医師に相談することをおすすめします。

メンズヘルスクリニック東京では、有効成分の濃度を変えた内服薬と外用薬を一人ひとりに合わせたオリジナルの処方を行っています。これらのパターンは、メンズヘルスクリニック東京をはじめとするヘアメディカルグループ全体で190万人を治療してきた実績から導き出されたものです(※)。
頭髪に関して不安をお持ちでしたら、メンズヘルスクリニック東京をはじめとした頭髪を扱う専門クリニックにて、お気軽にご相談ください。

※1999年から2017年のヘアメディカルグループ延べ患者数

投稿:メンズヘルスクリニック東京

相談無料

AGAは一人で悩まないでください。
薄毛が気になりだしたら、お気軽にご相談ください

個人個人で髪の悩みはさまざまです。同じような症状でも原因や治療方法が全く違う場合があります。
ご自分で判断せずにクリニックにご相談ください。AGAは早めの治療が効果的です。

関連記事

最新記事