03-5224-5551(代表)

関連コンテンツ

LINE@に登録してクリニックからのお得な情報を今すぐゲット!

AGAプロテイン

メンズヘルス12のオキテ

メンズヘルス向上委員会

03-5224-5551
(代表)

メンズヘルスクリニック東京
100-6210
東京都千代田区丸の内1-11-1
パシフィックセンチュリープレイス丸の内 10F

AGA(男性型脱毛症)の原因

AGAで悩む人は、現在全国で1,260万人ともいわれ、
一般的に男性ホルモンや遺伝の影響などが主な原因と考えられています。

AGAの最も大きな原因として考えられているのは男性ホルモン(テストステロン)です。テストステロンは5αリダクターゼという変換酵素の働きで、ジヒドロテストステロンというホルモンに変換され、このホルモンが毛乳頭細胞にある受容体に結合することにより、発毛が抑制されてしまうといわれています。

※ジヒドロテストステロン(DHT):
DHTの働きは胎児期と思春期以降で異なる働きをします。胎児期には胎児の外性器の正常な分化という重要な役割を果たしますが、思春期以降には、AGA、ニキビ、前立腺肥大などの症状を引き起こします。

遺伝

遺伝

遺伝に関して『朝日新聞』 2005.06.14の記事で以下内容が掲載されています。

“ドイツ・ボン大学の研究チームが『男性型脱毛症の遺伝子』の有力候補の一つを発見し、米専門誌アメリカン・ジャーナル・オブ・ヒューマン・ジェネティクス7月号(電子版)に発表した。男性型脱毛症に直結するとみられる遺伝子が見つかるのは初めてという。

「男性型脱毛症は遺伝する」と経験的には知られているが、どの遺伝子が原因なのかについて詳細は分かっていない。研究チームは、40歳以前に頭髪が薄くなり始めた男性のいる家系の血液を分析してみた。
その結果、若くして頭髪が薄くなる人は、X染色体にある男性ホルモン(アンドロゲン)の受容体遺伝子に変異が目立つことが分かった。 研究チームは「遺伝子変異のため頭皮でアンドロゲンの働きが強まって、髪の毛が抜けやすくなるのではないか」とみている。
男性はXとYの二つの染色体を持ち、X染色体は母親から受け継ぐため、母方の祖父が頭髪が薄ければ、自分も薄くなる可能性がある。
ただ、研究チームは「ほかにも男性型脱毛症の遺伝子があると思われるので、一概には言い切れない」としている。”

尚、AGAの進行や治療効果には遺伝以外の関係も示唆されているため、今後もその要因に関しては追及の余地があるようです。

その他の原因

ストレス

ストレス

ストレス

ストレスを強く感じると、自律神経などのバランスが乱れます。
その結果、血流が悪化し、毛乳頭まで栄養が行き届かなくなります。
ストレスは髪の成長を妨げるだけでなく、あらゆる病気に悪影響があるといわれていますので、ストレスをためない工夫が必要です。

遺伝

食事・生活習慣

遺伝

栄養バランスの悪い食事や喫煙習慣、睡眠不足などで、身体の新陳代謝が低下します。
頭皮の状態にも悪影響を及ぼすので、毛髪の健康を損なう原因となります。

AGA(男性型脱毛症)の治療

AGA(男性型脱毛症)は「進行する脱毛症」です。
そのままにしておくと硬毛の軟毛化、脱毛量の増加、毛量の全体的な減少など進行します。
AGAの治療においては、早期の治療が重要とされています。
当院においても20代から30代にかけて悩み始めた方が多く来院し、全体の半数以上を占めています。
また、来院される患者様の多くが頭頂部と前頭部を気にしていることから、AGAが原因で来院される患者様が多いことがわかります。

メンズヘルスクリニック東京のAGA治療

遺伝

一般的にAGAの治療は、脱毛症外来を併設している医療機関でおこなっています。
メンズヘルスクリニック東京では頭髪専門医療機関としてより専門的なAGA治療をおこなっています。

メンズヘルスクリニック東京のAGA専門外来はAGA治療のパイオニアとして国内最多の臨床数を有する医療機関です。

03-5224-5551(完全予約制)

03-5224-5551(完全予約制)

相談無料

AGAは一人で悩まないでください。
薄毛が気になりだしたら、お気軽にご相談ください

個人個人で髪の悩みはさまざまです。同じような症状でも原因や治療方法が全く違う場合があります。
ご自分で判断せずにクリニックにご相談ください。AGAは早めの治療が効果的です。