03-5224-5551(代表)

関連コンテンツ

LINE@に登録してクリニックからのお得な情報を今すぐゲット!

AGAプロテイン

メンズヘルス12のオキテ

メンズヘルス向上委員会

03-5224-5551
(代表)

メンズヘルスクリニック東京
100-6210
東京都千代田区丸の内1-11-1
パシフィックセンチュリープレイス丸の内 10F

メンズヘルスクリニック東京 > メンズヘルスクリニック東京のAGA専門外来TOP > 抜け毛 > 抜け毛に関係する病気と症状まとめ 最近、抜け毛が多くないですか?

抜け毛に関係する病気と症状まとめ 最近、抜け毛が多くないですか?

抜け毛にはいろいろな原因があります。ストレスや食事、睡眠なども抜け毛の要因ですが、男性の場合は特に男性ホルモンが大きな原因になっていることがあり、改善するには医学的に適切な診断と治療が必要です。
今回は、抜け毛に関係するさまざまな病気と原因を解説します。

AGA(男性型脱毛症)

薄毛を意識している男性は1,260万人、薄毛を気にしている男性は800万人と推計されています(厚生統計協会「日本の将来推計人口」より)。そのうちの多くの人はAGA(男性型脱毛症)と考えられます。
AGAの進行過程には、額の生え際から後退していくタイプ、頭頂部から薄くなるタイプ、これらの混合タイプなどがあります。最終的には側頭部だけを残して、頭髪がなくなってしまいます。

AGA発症の主な原因は、男性ホルモンの一種であるジヒドロテストステロン(DHT)の増加であると考えられています。ジヒドロテストステロンは、体内に存在する5αリダクターゼ(還元酵素)の作用によってテストロステロンという男性ホルモンから作られます。ジヒドロテストステロンの作用により、毛髪が十分に育たないまま細くて短いうちに抜けてしまうという症状が発生し(軟毛化)、その結果、地肌が見えるようになります。5αリダクターゼの働きには個人差があり、遺伝子が関連しています。

AGAを治療するためには、ジヒドロテストステロンを合成する5αリダクターゼの働きを弱めることが有効です。
厚生労働省に承認されているAGA治療薬には、「ミノキシジル」「フィナステリド」「デュタステリド」の3種類があります。このうち、5αリダクターゼの働きを弱める治療薬はフィナステリドとデュタステリドです。どちらも内服薬ですが、医師に処方してもらう必要のある「医療用医薬品」です。

ミノキシジルは直接頭皮に塗布する一般用医薬品です。ドラッグストアで購入可能です。ミノキシジルが発毛を促す正確な作用の仕組みははっきりしていませんが、ミノキシジルを塗布した部位の血管拡張作用と考えられています。

これらの医薬品を用いたAGA治療は、日本皮膚科学会の「男性型脱毛症診療ガイドライン(2010 年版)」において「行うよう強く勧められる」治療方法として報告されています。ただし、治療効果が出るまで少なくとも3カ月から6カ月程度は継続する必要があります。

円形脱毛症

円形脱毛症と聞くと、「10円玉くらいの円い形に脱毛する」「ストレスが原因らしい」というイメージを持つ人が多いでしょう。必ずしも間違いではありませんが、症状自体の全体像はもっと複雑です。
コインのように円く脱毛することが多いために「円形脱毛症」という名前がついていますが、必ずしも円形に脱毛するとは限りません。また、脱毛した場所(脱毛斑)も1カ所とは限らず、多発することもあります。時に頭全体の毛が抜け、さらに全身の毛が抜けることもあります。

円形脱毛症の原因は、毛包組織(毛髪が生える場所)に対する自己免疫疾患と考えられています。通常の免疫反応とは、体に細菌やウイルスが入ってきたときにリンパ球などの細胞が外敵を攻撃して排除する反応のことをいいます。ところが、何らかの理由で自分自身の組織を「異物」として認識して攻撃し、破壊してしまうことがあります。これが自己免疫疾患です。自己免疫疾患を引き起こす原因ははっきりしていませんが、ストレスが引き金となっていると考えられています。また、遺伝的な影響も大きいといわれます。

円形脱毛症は次のように分類されます。

1.通常型円形脱毛症

単発型:脱毛斑が単発のもの 多発型:脱毛斑が2カ所以上のもの

2.全頭脱毛症

頭部全体が脱毛するもの

3.汎発性脱毛症

脱毛が全身に拡大するもの

4.蛇行性脱毛症

生え際が帯状に脱毛していくもの

通常型円形脱毛症の単発型(10円玉くらいの円形脱毛症)は治療をしなくても自然に治ります。通常型円形脱毛症の多発型も2、3カ所の場合は自然に治ることもあります。しかし、脱毛斑が10個以上に増えたり、他の脱毛斑とくっついて大きくなってしまうことがあり、そうなると日常生活に影響が出始めます。

円形脱毛症に対する治療にはいくつかの方法があります。
「日本皮膚科学会円形脱毛症診療ガイドライン2010」において、「行うよう勧められる」とされている治療法は「局所免疫療法」と「ステロイド局所注射」です。

局所免疫療法とは脱毛部位に軽いかぶれを起こすことで治していく方法で、30年以上の歴史があります。安全性が高く、単発型や多発型円形脱毛症には比較的高い効果があり、約7割の人に効果が期待できます。ガイドラインでは、多発型や全頭脱毛症、汎発性脱毛症に対して最初に行う治療方法(第一選択肢)となっています。

ステロイド局所注射は、副腎皮質ステロイドという注射薬を脱毛部位に直接投与する治療方法です。

脂漏性皮膚炎

脂漏性皮膚炎とは、皮脂腺が発達している頭部や顔、脇の下、股間、胸、背中の上部などの皮膚が炎症を起こす病気です。通常、皮脂腺から分泌される皮脂は皮膚を保護していますが、その分泌が多すぎたり、皮膚に棲むカビの一種が皮脂を分解することで炎症が起こり、この病気を引き起こすといわれます。

脂漏性皮膚炎にかかると、体や顔は湿疹が出て赤くカサつきます。一方、頭部の場合は髪が細くなったり、灰白色で鱗のようなフケが出ます。脂漏性皮膚炎による脱毛を粃糠性(ひこうせい)脱毛といいます。

牽引(けんいん)性脱毛症

髪形などで起こる脱毛のことです。毛髪を長年引っ張っていると、頭皮の決まった部位に負担がかかり、毛髪部位が委縮して脱毛してしまうことがあります。髪の毛を同じ方向に引っ張り続けることによって起こる脱毛のことを牽引性脱毛症といいます。ポニーテールや三つ編み、アップなどヘアスタイルを長年変えることなく、ぎゅっとまとめる人に見られます。

薬物による脱毛症

薬物の副作用によって引き起こされる脱毛のことです。
毛髪は成長期、退行期、休止期の3つのサイクルを繰り返しています。抗がん剤など細胞の成長を阻害する薬剤を服用すると、成長期の毛髪が障害を受けます。
抗がん剤による脱毛の程度には個人差があり、服薬する抗がん剤の量によっても変わりますが、広範囲にわたって脱毛することが多いようです。抗がん剤投与開始後、1〜2週間で脱毛が始まり、1〜2カ月後には脱毛が目立つようになります。
抗がん剤による脱毛を食い止める方法は今のところありません。抗がん剤の投与終了後もしばらく脱毛は続きますが、毛髪はその後再生してきます。

毛髪全体のうち、約10%は休止期の状態にあります。しかし、薬の影響で休止期の毛髪の割合が増えたり、成長期の期間が短くなることがあります。これを休止期脱毛といいます。抗がん剤と同様、薬剤の内服をやめれば脱毛は治ります。休止期脱毛を引き起こす薬剤は、高血圧、糖尿病、うつ病の薬など多岐にわたります。

甲状腺機能低下症

甲状腺機能が低下することで、甲状腺ホルモンの分泌量が減少し、活動性が低下する病気です。男性よりも女性に多いことが特徴です。甲状腺ホルモンの主な働きは全身の代謝をコントロールすることで、毛髪の成長を促す作用もあります。

抜毛症

ストレスなどで自ら毛髪を抜いてしまう症状です。本人が自覚せずに無意識のうちに抜いてしまう場合もあります。一般に発症率が高いのは小、中学生ですが、大人でもうつ病などの精神疾患を持つ人に見られることがあります。

先天性無毛症

生まれつき毛根がなく、全く毛髪が生えない遺伝性の病気です。先天性無毛症の原因は遺伝子によるものと考えられていますが、はっきりとはわかっていません。先天性無毛症は全頭無毛症と限局性無毛症に分類されます。全頭無毛症は頭部の毛髪がすべてない無毛症であり、限局性無毛症は頭部の一部の毛髪が生えてこない無毛症を指します。先天性無毛症の多くは限局性無毛症です。

抜け毛、薄毛に悩んだら専門外来を受診しましょう

男性の抜け毛の大部分はAGAです。しかし、自己免疫疾患、内臓疾患や精神疾患が脱毛の原因となっている場合もあります。「抜け毛が増えた気がする」「家族に薄毛を指摘された」など、抜け毛の多さや薄毛に不安を感じたときは、一度AGAの専門外来で診てもらいましょう。
毛が抜けることで、毛髪のことを考えて他のことが手につかなくなったり、心配で眠れなくなることで、心療内科や精神科による治療が必要になることもあります。食事や睡眠、洗髪の仕方など、自分で改善できることを実行しても変化がなく、不安が強い場合は、専門外来で薄毛に悩んでいることを伝え、アドバイスを受けるのが効果的です。

メンズヘルスクリニック東京のAGA専門外来はAGA治療のパイオニアとして国内最多の臨床数を有する医療機関です。

03-5224-5551(完全予約制)

03-5224-5551(完全予約制)

相談無料

AGAは一人で悩まないでください。
薄毛が気になりだしたら、お気軽にご相談ください

個人個人で髪の悩みはさまざまです。同じような症状でも原因や治療方法が全く違う場合があります。
ご自分で判断せずにクリニックにご相談ください。AGAは早めの治療が効果的です。