03-5224-5551(代表)

関連コンテンツ

LINE@に登録してクリニックからのお得な情報を今すぐゲット!

AGAプロテイン

メンズヘルス12のオキテ

メンズヘルス向上委員会

03-5224-5551
(代表)

メンズヘルスクリニック東京
100-6210
東京都千代田区丸の内1-11-1
パシフィックセンチュリープレイス丸の内 10F

メンズヘルスクリニック東京 > メンズヘルスクリニック東京のAGA専門外来TOP > 抜け毛 > 【抜け毛予防対策】知っておきたいシャンプーの常識

【抜け毛予防対策】知っておきたいシャンプーの常識

正しい頭皮ケア・抜け毛対策方法を知るためには、男女の頭皮の違いについて正しく知り、特に重要な正しいシャンプー方法を理解する必要があります。また、日常何気なく行っている、朝シャンプーなどがもたらす悪影響についても解説します。

男女の頭皮環境の違いとは?

男性・女性にともに気になる抜け毛に対しての正しいケア方法。ここでは、正しいケア方法を行う前に、髪の土壌となる男女それぞれの頭皮環境の違いについて解説します。

男性と女性は身体のつくりから行動〜考え方まで違う生き物。もちろん頭皮環境も男女で違いがありますが、その鍵は体内に存在するホルモンが握っているようです。
というのも、男性の体内に多く分泌する男性ホルモンは、いわゆる男らしい身体をつくりますが、皮膚に関連したものだとお肌をかたくしたり皮脂分泌を促進させる働きをもちます。それに対して女性ホルモンは女性らしさをつくるホルモン。頭皮も同じ皮膚。そう、男性と女性の頭皮の違いは皮脂の分泌量にあるのです。お分かりのとおり、男性のほうが皮脂が多いので毛穴につまりやすいです。またストレスなど様々な要因からホルモンバランスが崩れると皮脂の分泌量も増えるだけでなくお肌・毛周期のサイクルも乱れやすいのです。
ただ、女性にもわずかですが男性ホルモンは分泌されていますので、男性とまではいきませんがホルモンバランスの乱れで似たような症状が起こる可能性はあります。

頭皮環境の異常・悪化が招く「脂漏性脱毛症」について

ここで皮脂に関する脱毛症についてお話。「脂漏性脱毛症」をご存知でしょうか。
脂という漢字のとおり、皮脂が過剰に分泌され毛穴を塞いでしまうことで、毛穴周辺の常在菌が異常繁殖して皮膚や毛根に炎症がおきて毛が抜けてしまうことをいいます。
中から=根本から治療することがベストですが、実は「脂漏性脱毛症」は症例が少なく明確な原因が分かっていません。ただ、思春期に多いためホルモンバランスの関係や精神的な不安が考えられています。
対症療法ですが、刺激の少ないシャンプーで洗い頭皮を清潔に保つこと、食事は脂肪の多いものや刺激物は避け皮脂を調節するビタミンB2を摂ること、散歩などのリラックスできる時間をとることなどの生活指導を中心にお話しています。

朝シャンはハゲる?朝シャンが及ぼす悪影響

1日の始まりに、スッキリ朝シャンして出かけたい方も多いと思います。でもそれが思わぬ抜け毛・頭皮への悪影響につながっていることをご存知でしたでしょうか?ここでは、朝シャンが招く影響についてお話していきます。

まず、考えられるのが朝の時間。ゆとりを持もち朝シャンして朝食を…という方はいらっしゃいますでしょうか。朝はつい忙しく動いてしまいがちで頭皮をこすりすぎたり、すすぐ時間が短かったりと夜ほど丁寧にできないのではと思います。例えば、朝からブラッシングしてシャンプーして、トリートメントパックしてなんて思わないですよね。
次に、紫外線の影響。実はシャンプー6時間後辺りから頭皮を守ってくれる皮脂が徐々に出て外部の刺激から守ってくれます。顔だとクリーム・お化粧をして肌を守りますが、髪は難しいですよね。朝シャンをしてすぐに出かけてしまうと、紫外線の影響をより受けやすくなってしまうのです。

シャンプーはいつが理想的

やはり夜に洗うのがベストでしょう。
というのも、髪をつくる工場が最も働く時間が睡眠後3時間前後だからです。この時間、どこかで耳にしたことがありますよね。そう、お肌のゴールデンタイムで体内では成長ホルモンが活発になっている時。頭皮も髪の毛も皮膚の一部ですから同じことが当てはまるのですね。
頭皮を清潔にして、この時間を迎えることが望ましいといえます。
汚れたままの髪で眠ると、枕も汚れ頭皮がむれるなど雑菌が繁殖しやすい環境をつくることにもなるでしょう。
またスタイリングの面からも、夜洗いしっかりと乾かすことで朝には頭皮の皮脂がベストな状態で保たれているのです。

抜け毛対策!正しいシャンプー方法と選び方

ここまでは抜け毛予防に大切な頭皮環境について解説と、シャンプーがもたらす悪影響についてご説明しました。これらを踏まえた上で、ここでは正しいシャンプー方法と、選び方についてお伝えします。

より良いシャンプーとベストな方法で洗髪することで、更に薄毛対策効果が上がりますよ。それではシャンプー選びからいきましょう。

少しでも長く健康な髪の毛を保つためにも、身体に害が少ないものを使いたいですが、選択次第では髪のパサつきが気になったり汚れが落ちにくいものも。髪に刺激が少なくて適度に汚れを落としてくれるものがベストかと思います。
現在出ているもので最もおすすめしたいのはアミノ酸系のシャンプーでしょう。
わたしたちの身体の材料でもある「タンパク質」を構成しているアミノ酸を洗浄成分としており、数あるシャンプー剤の中で最も刺激が弱く乾燥している方や頭皮にトラブルがある方に向いています。
かつマイルドな洗浄力で汚れや余分な皮脂のみを落とすので安心ですね。
アミノ酸系の代表的な成分は、ココイルグルタミン酸・ラウリン酸・ヤシ油脂肪酸など。
成分は多いものから順に表示してあるので、チェックしてアミノ酸系のものがしっかりと入っているものを選びましょう。
また最近聞かれるノンシリコン。
シリコンは毛穴に詰まる恐れがあります。つや出しを目的としているだけなので、含まれていないものだとなお良いでしょう。

次にシャンプー方法です。

まずは、ブラッシング。
シャンプー剤を泡立ちやすくするために髪の毛の汚れをしっかりと浮かせます。ブラシが頭皮に当たらないよう髪の毛をとかすような気持ちです。
その後、頭皮を指の腹を使って、こすりすぎないように優しくぬるま湯で1〜2分程予洗いします。この段階で汚れの8割程度は落ちるとのこと。
しっかりと泡立てたシャンプー剤を頭皮につけ、予洗いと同じ要領で全体を1分程優しく洗いましょう。頭皮への刺激を少なくするために、シャンプー剤は直接つけないでくださいね。シャンプーの量はショートカットで100円玉、ロングヘアで500円玉大程度です。
すすぎは3〜5分程行い、髪の根元を立ち上げたり毛の流れに逆らってシャワーを当て、シャンプー剤が残らないよう念入りに行ってくださいね。
最後はドライヤー。髪から20センチ程離したところで、弱い温風を根元にあてましょう。60度を超える熱風は髪の成分であるタンパク質を変形させてしまいます。充分に乾いたら清潔なベッドで、たっぷりと休みましょうね。
シャンプーをするタイミング・方法など、些細なことですが少し気をつけるだけで良好な頭皮環境に近づくことができます。逆に毎日の積み重ねで悪影響をも与えてしまいかねないということ。
習慣化してしまえれば、とてもラッキーですよね。是非この機会に見直していただければと思います。

メンズヘルスクリニック東京のAGA専門外来はAGA治療のパイオニアとして国内最多の臨床数を有する医療機関です。

03-5224-5551(完全予約制)

03-5224-5551(完全予約制)

相談無料

AGAは一人で悩まないでください。
薄毛が気になりだしたら、お気軽にご相談ください

個人個人で髪の悩みはさまざまです。同じような症状でも原因や治療方法が全く違う場合があります。
ご自分で判断せずにクリニックにご相談ください。AGAは早めの治療が効果的です。