03-5224-5551(代表)

関連コンテンツ

LINE@に登録してクリニックからのお得な情報を今すぐゲット!

AGAプロテイン

メンズヘルス12のオキテ

メンズヘルス向上委員会

03-5224-5551
(代表)

メンズヘルスクリニック東京
100-6210
東京都千代田区丸の内1-11-1
パシフィックセンチュリープレイス丸の内 10F

薄毛・抜け毛の原因と正しい基礎知識

薄毛・抜け毛となる原因を正しく理解するには、ヘアサイクルの仕組みや抜け毛のメカニズムへの理解が重要です。薄毛・抜け毛につながる様々な要因について、解説します。

正常なヘアサイクルとは?男女の薄毛の原因について

薄毛・抜け毛の原因は、ヘアサイクルについての知識を知っておくと理解が深まります。ここでは、通常のヘアサイクルと、ヘアサイクルに異常をきたす原因について解説します。

正常なヘアサイクルと抜け毛のメカニズムについて

髪は、新しい髪が生まれる「成長期(2年~6年)」、毛髪の成長が弱まる「退行期(2~3週間)」、毛髪の成長が完全に休止する「休止期(3ヶ月)」という一定のサイクルを繰り返します。発毛してから抜け落ちるまでのこのサイクルをヘアサイクルと呼んでいます。このサイクルが何らか原因により正常に繰り返されなくなり、毛母細胞がストップしたままの状態が続くと薄毛になります。つまり、薄毛を治療するためには、ヘアサイクルを正常な状態に戻す必要があります。ちなみに髪密度のピークは20代だと言われています。

男女の薄毛の原因

ご存知のように、男性ホルモンは体毛、女性ホルモンは髪に影響します。そのため、女性ホルモンが少ない男性に薄毛が多いのは当然です。また、女性ホルモンも、バランスが乱れると抜け毛や薄毛を進行させてしまいます。顕著なのは加齢です。中高齢者は加齢が原因で女性ホルモンが減り男性ホルモンが増えることで薄毛や抜け毛に悩まされます。

ヘアサイクルに異常をきたす様々な要因とは?

抜け毛・薄毛はヘアサイクルの異常が原因として考えられています。ここでは、ヘアサイクルに異常をきたす要因についてお伝えします。

ヘアサイクルに異常をきたす様々な要因について

まず挙げられるのが不規則な食生活による栄養バランスの乱れです。抜け毛や薄毛と食生活には密接な相関関係があります。不規則な時間に食事をしたり栄養バランスが欠如した食事を摂り続けると、毛母細胞に十分な栄養が行きとどかずヘアサイクルが乱れる原因になります。特に、髪の主成分のタンパク質が不足すると、髪が細くなるなどし、抜け毛につながります。また、過度な飲酒も肝臓に負担をかけるため、髪への栄養素補給をさまたげることになり、抜け毛の原因となります。
次に、ストレスもヘアサイクルを乱す原因です。ストレスを要因とした自律神経失調はヘアサイクルを乱して抜け毛や薄毛につながります。また、妊娠や出産時に顕著に表れるホルモンバランスの乱れもヘアサイクルに密接に関わっています。女性は妊娠・出産の直後、女性ホルモンが減少することで、「産後脱毛」という髪の毛が薄くなる状態になります。時間の経過とともに治る場合が多いため、とりたてて心配し過ぎることはありませんが、ホルモンバランスが乱れると脱毛してしまう典型的なケースと言えます。

メンズヘルスクリニック東京のAGA専門外来はAGA治療のパイオニアとして国内最多の臨床数を有する医療機関です。

03-5224-5551(完全予約制)

03-5224-5551(完全予約制)

相談無料

AGAは一人で悩まないでください。
薄毛が気になりだしたら、お気軽にご相談ください

個人個人で髪の悩みはさまざまです。同じような症状でも原因や治療方法が全く違う場合があります。
ご自分で判断せずにクリニックにご相談ください。AGAは早めの治療が効果的です。