03-5224-5551(代表)

関連コンテンツ

LINE@に登録してクリニックからのお得な情報を今すぐゲット!

AGAプロテイン

メンズヘルス12のオキテ

メンズヘルス向上委員会

03-5224-5551
(代表)

メンズヘルスクリニック東京
100-6210
東京都千代田区丸の内1-11-1
パシフィックセンチュリープレイス丸の内 10F

メンズヘルスクリニック東京 > メンズヘルスクリニック東京のAGA専門外来TOP > AGAコラム > AGAの治療効果を最大限高めるために必要な基礎知識

AGAの治療効果を最大限高めるために必要な基礎知識

AGAの効果を最大化させるためには、治療に対しての知識と、日常生活においてのケア方法を知っておく必要があります。ここでは、AGA治療薬とその役割、頭皮環境の整え方、具体的な食生活の改善方法についてお伝えします。

2大AGA治療薬の効果・効能

主にクリニックで処方されるAGA治療薬は2つに分けられます。攻めの処方と言われている「ミノキシジル」、守りの処方と言われている「プロペシア(フィナステリド)」です。ここではそれぞれの効果・効能について、ご紹介します。

ミノキシジルとプロペシアそれぞれの効果および相乗効果

攻めの処方と言われるミノキシジルは、もともと血管拡張剤として開発された成分で、血管拡張による血流改善の効果があります。血流が改善すると髪に栄養が行き届きやすくなり、発毛につながります。また、守りの処方と言われるプロペシアには、AGAの原因であるジヒドロテストステロ(DHT)を生成してしまう5α-還元酵素を阻害する役割があります。
これにより、髪の成長期が長くなるとともに、休止期にある毛穴からの毛髪も成長します。また、このミノキシジルとプロペシアはそれぞれ単独で服用(使用)しても効果が期待できますが、併用することでさらに効果が高まるとされています(欧米ではプロペシアとミノキシジルを併用することが一般的となっていて、国内の研究でも相乗効果があることが確認されています)。例えば、プロペシアを単独で服用していても薄毛の現状維持としかなりませんが、発毛効果のあるミノキシジルも同時に使用することで、双方の効果を得ることができます。
ただし、これらの治療薬を投薬すればAGA治療が万全ということではありません。あくまで日常生活のケアなしには、効果を最大限引き出すことは期待できません。

次に、髪が育つ土壌である頭皮環境について解説します。

あなたの頭皮は大丈夫?こんな頭皮状態は危険

土に栄養がないと、食物が育たないと同様に、治療薬の効果を最大化させるためには、しっかりと肥沃な土壌環境=頭皮環境の整備が非常に重要です。ここでは危険な頭皮状態と正常な頭皮状態の違いや頭皮環境をよりよく保つために必要なことを解説します。

危険な頭皮状態と正常な頭皮状態の違い

脱毛に至るまでには、頭皮の状態が伝えてくれる危険信号があります。例えば…「髪を洗っても、すぐにベタベタする」「頭皮がほてって、ニキビや湿疹ができる」「頭皮や髪を洗ってもすぐにフケがでてかゆくなる」などといった症状は、頭皮が教えてくれる脱毛に対する危険信号で、できるだけ早く最適な対応をとらなければ、薄毛の原因になりかねません。
一方で、頭皮環境が正常な状態である証拠として挙げられるのは、「髪を洗っても、すぐにベタベタすることはない」「頭皮にニキビや湿疹が見当たらない」「フケやかゆみがない」「ニオイがしない」「脂っぽくない」といったところでしょうか。
頭皮環境を正常に維持するためには、シャンプーが非常に重要となります。たかがシャンプーと思われる方もいるかと思いますが、シャンプーの選び方や洗い方などが頭皮環境を良好に保つ上で欠かせません。また、AGAの効果を高めるための要素として、食生活で必要な栄養を摂れているか?という問題もあります。

次は、AGAに効果的とされる食べ物・栄養素について解説します。

AGAに効果的!具体的な食生活の改善方法

AGAの原因としてやはり目を外せないのが、生活習慣。中でも、体内に摂取する食べ物・栄養素は髪の毛を生成する上で非常に重要です。ここではAGAの効果を高めるために必要な栄養素と、それらの栄養素を含む食材について解説します。

必要な栄養素とそれらを多く含む食材

健康な頭皮を維持するために必要な栄養素としてまず挙げられるのが、タンパク質とミネラル。毛髪は、タンパク質の一種であるケラチンという物質で形成されており、ミネラルがケラチンの合成をサポートします。そのため、タンパク質とミネラルが豊富に含まれる食品を摂取することが重要です。タンパク質は大豆やチーズ、レバーに豊富に含まれていますし、ミネラルはわかめや昆布に含まれています。
次にビタミンB群です(ビタミンB群とは、ビタミンB1、B2、B6、B12など、数種類のビタミンの総称)。ビタミンB群には皮脂の過剰分泌を抑える働きや、細胞の新陳代謝を促進する働き、摂取したタンパク質の吸収を促してケラチンの合成を促進させる作用など、さまざまな効果があります。ビタミンB1は豚肉やナッツ類、ビタミンB2は牛乳やレバー、ビタミンB6はバナナやかつおに豊富に含まれています。
また、亜鉛も重要です。亜鉛は、髪のもとであるケラチンを合成するために欠かせない栄養素です。そのため、不足するとケラチンの合成が十分に行われなくなり、髪が抜けやすくなります。
このように、AGAの効果を最大化させるためには、正しいシャンプーや栄養バランスの摂れた食事など、毎日の生活習慣の改善が必須です。しかし、一度進行し始めてしまった薄毛は、自らストップをかけない限り止まることはありません。今では自毛植毛などの最終手段がありますが、できれば対策できるうちに手は打っておきたいもの。薄毛や抜け毛の状態が悪化すればするほど、金銭的・精神的にも圧迫されることになります。まずは、AGA治療を専門としたクリニックの無料カウンセリングで現状を理解することをおすすめします。
メンズヘルスクリニック東京のAGA専門外来TOP

メンズヘルスクリニック東京のAGA専門外来はAGA治療のパイオニアとして国内最多の臨床数を有する医療機関です。

03-5224-5551(完全予約制)

03-5224-5551(完全予約制)

相談無料

AGAは一人で悩まないでください。
薄毛が気になりだしたら、お気軽にご相談ください

個人個人で髪の悩みはさまざまです。同じような症状でも原因や治療方法が全く違う場合があります。
ご自分で判断せずにクリニックにご相談ください。AGAは早めの治療が効果的です。