03-5224-5551(代表)

関連コンテンツ

LINE@に登録してクリニックからのお得な情報を今すぐゲット!

03-5224-5551
(代表)

Dクリニック東京 メンズ
100-6210
東京都千代田区丸の内1-11-1
パシフィックセンチュリープレイス丸の内 10F

Dクリニック東京 メンズ  > AGAの治療専門外来 > AGA(男性型脱毛症)について

AGA(男性型脱毛症)について

多くの人が悩んでいる抜け毛・薄毛(うす毛)。
「日本人男性の約3人に1人は悩んでいる」といわれているAGA。
このAGAについて、ご説明いたします。

AGAって

『AGA』とは『Androgenetic Alopecia』の略称で『男性型脱毛症』のことを指し、思春期以降の男性に発症する進行性の脱毛症のことをいいます。
このAGAになる人の多くは、思春期以降から症状が始まることが多く、額の生え際や頭頂部周辺から徐々に薄毛がひろがり、進行していきます。
進行の程度は人によって異なり、症状の出方や進行の仕方には個人差があり、前頭部や頭頂部のどちらか、あるいは両方に症状が出て、やがて進行していきます。

一般的な症状

一般的な症状

一般的な症状としては、だんだんと額が後退してきたり、頭頂部が薄くなるなどの症状が起こってくるのが特徴です。このような髪の毛の変化は、20代前後から始まって35歳を目処に、約40%の男女に薄毛・抜け毛などの症状が現れます。
人によって発症年齢は違いますが、早い人では10代で発症する人もいます。

注) 直径1インチの円内(5.1cm2 / 500円玉位)の平均毛髪数変化 試験前平均毛髪数=903本
出典: Kaufman K D et al. Eur J Dermatol 2002; 12(1): 38-49.より作図

AGAの特異的なパターン

AGAの特異的なパターン

髪の毛1本1本には寿命があり、伸びては抜け、また新しく生えることを繰り返しています。これをヘアサイクルと呼んでいます。
図のように毛包は、成長期、退行期、休止期のいずれかの状態にあり、このうち成長期が一番長く通常2~6年間続きます。
しかしAGAの人は成長期が短くなるため、髪の毛が十分に成長しません。

AGA(男性型脱毛症)の原因

AGAで悩む人は、現在全国で1,260万人ともいわれ、
一般的に男性ホルモンや遺伝の影響などが主な原因と考えられています。

AGAの最も大きな原因として考えられているのは男性ホルモン(テストステロン)です。テストステロンは5αリダクターゼという変換酵素の働きで、ジヒドロテストステロンというホルモンに変換され、このホルモンが毛乳頭細胞にある受容体に結合することにより、発毛が抑制されてしまうといわれています。

※ジヒドロテストステロン(DHT):
DHTの働きは胎児期と思春期以降で異なる働きをします。胎児期には胎児の外性器の正常な分化という重要な役割を果たしますが、思春期以降には、AGA、ニキビ、前立腺肥大などの症状を引き起こします。

遺伝

遺伝

遺伝に関して『朝日新聞』 2005.06.14の記事で以下内容が掲載されています。

“ドイツ・ボン大学の研究チームが『男性型脱毛症の遺伝子』の有力候補の一つを発見し、米専門誌アメリカン・ジャーナル・オブ・ヒューマン・ジェネティクス7月号(電子版)に発表した。男性型脱毛症に直結するとみられる遺伝子が見つかるのは初めてという。

「男性型脱毛症は遺伝する」と経験的には知られているが、どの遺伝子が原因なのかについて詳細は分かっていない。研究チームは、40歳以前に頭髪が薄くなり始めた男性のいる家系の血液を分析してみた。
その結果、若くして頭髪が薄くなる人は、X染色体にある男性ホルモン(アンドロゲン)の受容体遺伝子に変異が目立つことが分かった。 研究チームは「遺伝子変異のため頭皮でアンドロゲンの働きが強まって、髪の毛が抜けやすくなるのではないか」とみている。
男性はXとYの二つの染色体を持ち、X染色体は母親から受け継ぐため、母方の祖父が頭髪が薄ければ、自分も薄くなる可能性がある。
ただ、研究チームは「ほかにも男性型脱毛症の遺伝子があると思われるので、一概には言い切れない」としている。”

尚、AGAの進行や治療効果には遺伝以外の関係も示唆されているため、今後もその要因に関しては追及の余地があるようです。

その他の原因について

ストレス

ストレス

ストレス

ストレスは万病の元とも言われているように、過度のストレスは体にも髪の毛にもよくありません。
過度のストレスがホルモンや自律神経のバランスを乱します。
ストレスをため込まないよう、上手に発散することが大事です。

遺伝

食事・生活習慣について

遺伝

偏った食事による栄養バランスの悪化、喫煙、睡眠不足などは、体の新陳代謝を低下させます。
体に良くないことが頭皮に良いはずがありません。「規則正しい生活習慣」は髪のためにも大事です。

AGA(男性型脱毛症)の治療

AGA(男性型脱毛症)は「進行する脱毛症」です。
治療せずそのままにしておくと、徐々に軟毛化し、脱毛量が増加、毛量全体が減少していきます。
AGAの治療においては、早期の治療が重要とされています。
当院においても20代から30代にかけて悩み始めた方が多く来院し、全体の半数以上を占めています。
また、来院される患者様の多くが頭頂部と前頭部を気にしていることから、AGAが原因で来院される患者様が多いことがわかります。

Dクリニック東京 メンズ のAGA治療

遺伝

一般的にAGAの治療は、脱毛症外来を併設している医療機関でおこなっています。
Dクリニック東京 メンズ では頭髪専門医療機関としてより専門的なAGA治療をおこなっています。

脱毛症の種類

脱毛症は大きく2種類に分類されます。
髪が成長途中で抜けてしまう『成長期脱毛』、代表的なものに円形脱毛症があります。これに対して、成長期の髪が休止期に移行して抜けるものが『休止期脱毛』で、代表的なものがAGA(男性型脱毛症)です。

休止期脱毛

AGA(男性型脱毛症)

AGA(男性型脱毛症)

男性にみられる最も多い脱毛症
一般的に思春期以降に額の生え際や頭頂部の毛髪のどちらか一方、または双方から薄くなり進行するのが特徴。
硬毛の軟毛化が引き起こされ、毛が細く短くなります(毛髪のミニチュア化)。

AGA(男性型脱毛症)

脂漏性皮膚炎

脂漏性皮膚炎

マラセチア菌という常在真菌が増殖し皮膚に炎症を起こし、フケやかゆみといった症状を引き起こします。そしてその炎症が悪化してしまうと毛髪の毛穴にまで波及して毛穴が毛根を保持できなくなり、脱毛を引き起こす原因となります。

脂漏性皮膚炎

粃糠(ひこう)性脱毛症

粃糠(ひこう)性脱毛症

粃糠とは、いわゆるフケのことで、乾燥したフケが毛穴をふさぎ毛髪の成長を妨げたり、頭皮が炎症を起こして脱毛を促進させる状態をいいます。

粃糠(ひこう)性脱毛症

ダイエットによる脱毛症

毛はケラチンとたんぱく質からできており、毛を作るためには十分な栄養が必要です。過度なダイエットによりたんぱく質が不足すると、髪のツヤが無くなり細い毛になる恐れやびまん性の脱毛(頭部全体が均等に脱毛)が起きたりすることがあります。

成長期脱毛

円形脱毛症

円形脱毛症

自己免疫機能と関係が深いことがわかってきており、何の前ぶれもなく突然、髪が円形や不整形に抜けてしまいます。老若男女問わず誰にでも起こる脱毛症です。

円形脱毛症

薬剤性脱毛症

抗がん剤など、薬の副作用によって脱毛することがあります。
抗がん剤は、がん細胞の分裂を抑えることにより、がんを治療するため、細胞分裂の活発な毛母細胞も影響を受け、毛根が萎縮した状態となり、成長期の髪が脱毛します。

相談無料

AGAは一人で悩まないでください。
薄毛が気になりだしたら、お気軽にご相談ください

個人個人で髪の悩みはさまざまです。同じような症状でも原因や治療方法が全く違う場合があります。
ご自分で判断せずにクリニックにご相談ください。AGAは早めの治療が効果的です。