AGA治療(薄毛・抜け毛に関する治療)、メンズヘルス医療を提供する東京駅にあるメンズヘルスクリニック東京

c l o s e

クリニックの取組み

メンズヘルスクリニック東京 > クリニックの取組み > 「第15回 日本抗加齢医学会総会」で研究発表

クリニックの取組み

学会活動2015.06.04

「第15回 日本抗加齢医学会総会」で研究発表

5月29日(金)~31日(日)の3日間、福岡大学医学部形成外科学教授の大慈弥裕之大会長の下、第15回日本抗加齢医学会総会が福岡国際会議場で開催されました。
29日(金)にアンファー株式会社共催による「ランチョンセミナー11 」(12:10~13:10)を開催しました。
テーマは「メンズへルス外来の最前線 ~男性型脱毛症(AGA)の最新遺伝子検査から男性医学の臨床まで~」です。座長は北里大学名誉教授の塩谷信幸先生に務めていただきました。今回のセミナーでは聖マリアンナ医科大学幹細胞再生医学(Angfa 寄附)講座特任教授の井上肇先生と順天堂大学医学部泌尿器科学講座准教授の久末伸一先生のお二人の先生にご講演いただきました。

演題1
男性型脱毛症の遺伝子診断系への新しい試み
井上  肇(聖マリアンナ医科大学幹細胞再生医学(Angfa 寄附)講座 特任教授)

日々診療を行っている男性型脱毛症(Androgenetic Alopecia:AGA)は最近では一般的にも広く認知され、特に男性ホルモンによって症状が進行することも製薬メーカーがけん引して広く啓発されてきています。
男性ホルモンであるテストステロンは5α‐還元酵素によって活性の強いジヒドロテストステロン(DHT)へ代謝され、毛包の萎縮を招くことによりAGAを発症させると考えられています。したがってこのDHT機能を低下(拮抗薬)もしくはDHTの合成を阻害(酵素阻害薬)するような薬物の投与で、少なくともAGAの予防もしくは進行の抑制が可能になります。

この5α‐還元酵素には大きく2つのイソ酵素(1型、2型)が存在し、フィナステリドは2型5α-還元酵素を特異的に阻害します。一方でAGAに特徴的な頭髪の退縮部位(前頭部および頭頂部)に強く2型5α‐還元酵素のみが発現していると思い込まれていた結果、巷ではフィナステリドがAGAの特効薬とされています。

ところが近年開発された5α‐還元酵素阻害薬であるデュタステリドは、非特異的にどちらのイソ酵素も阻害する AGA治療薬として、近日中に販売される予定です。このように、今後はこの両者の薬剤の微妙な作用機序の違いを巧みに利用して、AGA患者の症状に合わせた適正使用が求められています。

我々は、この2種類の5α‐還元酵素およびアンドロゲン受容体遺伝子の毛髪における発現を定性/定量化をすることで、AGA治療の標準化の試みを始めました。
すなわち、このフィナステリド、デュタステリド2種類のAGA治療薬を、5α‐還元酵素阻害の活性力のみで評価し漫然とした使用を行うのではなく、患者個々の頭髪の標記遺伝子群の発現量、分布、AGA症状の程度(Norwood-Hamiltonの分類など)から両薬物の選択を可能とする診断技術を発明しました。
これは同時にAGA発病の予測を可能にする方法になりえる可能性もあり、今後そのような予測検査としても検討をしています。

IMG_1511

演題2
男性力を高めるメンズヘルスクリニック
~テストステロンを核とした男性力ドックの試み~
久末 伸一(順天堂大学医学部泌尿器科学講座 准教授/ メンズヘルスクリニック東京)

加齢男性性腺機能低下症候群(Late Onset Hypogonadism; LOH症候群)は中高年男性においてQOLの低下をもたらす重要な疾患概念です。当クリニックでも男性更年期専門外来でこのLOH症候群を扱っています。

LOH症候群の症状としては筋肉量が減少し、メタボリック症候群の発症が誘発され、心血管系病変の有病率が上昇するなどがあります。自覚症状としてはやる気の低下や鬱状態などの心理的因子、活動性低下や易疲労感などの身体的因子、性欲や勃起能などの性的因子の大きく3つの症状が出現するとされています。

これまでの大学病院のメンズヘルス診療では、ドクターショッピングを繰り返し、長期間症状に悩まされた患者や重症化してやむなく受診する患者が少なくありませんでした。
そこで、自覚症状が軽度で正常と考えている男性に対してドック形式をとることにより気軽に受診できる「男性力ドック」を2012年より開設をしました。

男性力ドックでは総テストステロン、遊離テストステロン、DHEA、IGF-1などの血中ホルモン値、2D:4D(第2/第4手指長比)、上腕-足首間脈波伝播速度(brachial-ankle Pulse Wave Velocity; baPWV)、骨密度検査、握力検査、筋肉量・体脂肪率測定、エレクトメーターを用いた夜間睡眠時勃起測定を評価項目としています。

動脈硬化の指標として用いたbaPWVを含めた様々なメタボリック因子と勃起能の関連性について検討したところ、中性脂肪、HbA1cとともにbaPWVが勃起能に影響を与える独立した因子であることがわかりました。
さらに超音波骨密度計を施行した236名中のロジスティック回帰分析ではエストラジオール値と遊離テストステロン値が有意な骨粗鬆症の寄与因子であることがわかりました。これは男性の骨粗鬆症においてもホルモン環境との密接な関係があることを示唆しています。

IMG_1586

今後はさらにテストステロン補充による各種パラメータの改善について検討を行っていきたいと考えています。

メンズヘルスクリニック東京の診療外来

  • AGA専門外来AGA専門外来
  • 円形脱毛症専門外来円形脱毛症専門外来
  • 男性妊活外来男性妊活外来
  • 男性更年期専門外来男性更年期
    専門外来
  • 男性皮膚専門外来男性皮膚
    専門外来
  • 前立腺がんサポート外来前立腺がん
    サポート外来