03-5224-5551(代表)onmousedown=

初診来院予約はこちら 専門の医師による診察初診来院予約はこちら

LINE@に登録してクリニックからのお得な情報を今すぐゲット!

診療時間

  • 水曜日
  • 詳しくはお電話にてクリニックにお問い合わせください。

東京都千代田区丸の内1-11-1
パシフィックセンチュリー
プレイス丸の内10F

大きい地図を見る

メンズヘルスクリニック東京 > 前立腺がんサポート外来 > 前立腺がんの特徴・症状

前立腺がんの特徴・症状

早期の前立腺がんには特徴的な症状はみられません。しかし、尿が出にくい、尿の切れが悪い、排尿後すっきりしない、夜間にトイレに立つ回数が多い、我慢ができずに尿を漏らしてしまうなど排尿に関する症状がみられる場合があります。前立腺がんが進行すると、排尿の症状に加えて、血尿や骨への転移による腰痛などがみられることもあります。

前立腺がんの症状

50歳代から現れ始める、高齢の男性にみられるがん

前立腺がんは、前立腺肥大症とともに、中高年の男性において注意すべき前立腺の病気のひとつです。
前立腺がんの発生には男性ホルモンが関与しており、加齢によるホルモンバランスの変化が影響しているものと考えられています。
前立腺がんは、中高年男性に多くみられ、近年の高齢化、食生活の欧米化と検査精度の向上による正確な診断により、患者数が増えています。加齢にともなって50歳代以降に増加し、60歳の年齢別罹患率は人口10万に対し約100人ですが、70歳では約4倍に増加することが報告されています。人口の高齢化の影響もあり、前立腺がんの死亡数も増加しています。

早期前立腺がんと進行した前立腺がんの症状

前立腺がんは他のがんと比較して、おとなしく進行スピードも遅いと言われています。
初期症状としては、他のがんと同様に早期の前立腺がん独特な症状はなく、排尿障害などの症状をきっかけに発見されることが少なくありません。
前立腺がんが他の接している臓器に入り込んでさらに増殖していくことを「浸潤」といい、この段階のがんを「局所進行がん」と呼びます。前立腺がんはすぐそばにある精嚢に浸潤することが多く、このため、早期がんで手術を行う場合は、前立腺と一緒に精嚢も全摘出されます。前立腺がんはまた、直腸や膀胱への浸潤も多く見られます。
さらに、進行が進むと血液やリンパ液によってがんが運ばれ、そこで増殖することもあります。これを「転移」といい、この段階のがんを「転移がん」と呼びます。がんによって転移しやすい臓器は異なっており、前立腺がんに多く見られるのは、骨や骨盤リンパ節への転移です。
骨に転移すると痛みや麻痺が出たり、骨折しやすくなったりするといった症状があらわれます。

早期の前立腺がん

  • 尿が出るまでに時間がかかる
  • 頻尿、夜間頻尿、細い尿の流れ、痛みを伴う排尿
  • 尿の切れが悪い、残尿感
  • 膀胱がある下腹部の張り感
  • 血尿や精液に血が混じる血精液症など

進行した前立腺がん

  • 腰痛や低背中の痛み
  • 手足のしびれや麻痺
  • 腰や足の付け根の痛み
  • 膀胱がある下腹部の張り感
  • 骨折

前立腺がんと男性ホルモンとの関係

前立腺の生理作用は男性ホルモンの作用により維持されています。前立腺の成長、また、前立腺に発生する前立腺がんおよび前立腺肥大症などの病気の進行にも、男性ホルモンが関与しています。
男性ホルモンは、視床下部-下垂体を介して精巣と副腎から分泌されます。主な男性ホルモンであるテストステロンの約95%は精巣由来です。
前立腺がんの治療のため、男性ホルモンを分泌している精巣(睾丸)を取り去る治療法が有効で、以前はよく行われていました。しかし現在では最新のロボット支援手術などもおこなわれるようになり、患者さんにとっての治療の選択の幅が広がっています。

テストステロンとは

テストステロンとは男性性をつかさどるホルモンの代表で、男性ホルモンの中の約95%を占めています。
テストステロンには骨格筋や筋肉、筋力を増強させたり、たくましくしたり、ひげや体毛を濃くするなど、男性の身体的特徴に深く関係しています。それだけでなく、性欲や性機能の維持、血液を作る働き、動脈硬化の予防、メタボリックシンドロームの予防、さらには脳の働きなど、男性の健康状態にも影響を及ぼします。

前立腺がんと前立腺肥大症

前立腺肥大症は、前立腺の病気のなかでもっとも多くみられる病気です。
良性前立腺腫大は内腺(尿道を取り囲む部分:移行領域)で発生するため、尿道が圧迫され狭くなる(尿道閉塞)ことで、尿がでにくい、トイレの回数が多くなる、尿をしたあとすっきりしない、などの自覚症状(下部尿路症状)があらわれます。排尿に関連する症状があらわれるようになると日常生活に支障をきたすこともあるため、適切な治療が必要になります。しかし、なかには前立腺腫大があっても症状がみられない人もいます。
一方、前立腺がんは、主に外腺(尿道から離れた部分:辺縁領域)に発生するため、早期では自覚症状はあらわれません。がんが進行し、尿道や膀胱を圧迫するようになると、排尿時の症状や血尿などがあらわれるようになります。また、良性前立腺腫大は前立腺がんに進むことはないと考えられています。

セルフチェック(過活動膀胱症状質問票)

先に挙げたように、早期の前立腺がんは排尿障害の症状があらわれます。
過活動膀胱の質問票を用いてあなたの前立腺の状態を把握しましょう。(※前立腺がんの検査ではありません)
過活動膀胱が疑われるときの問診では、過活動膀胱症状質問票(OABSS)という問診票がよく使われます。

過活動膀胱症状質問票

以下の症状がどれくらいの頻度でありましたか。
この1週間のあなたの状態にもっとも近いものを、ひとつだけ選んでください。

朝起きた時から寝る時までに、何回くらい尿をしましたか

夜寝てから朝起きるまでに、何回くらい尿をするために起きましたか

急に尿がしたくなり、我慢が難しいことがありましたか

急に尿がしたくなり、我慢できずに尿をもらすことがありましたか

質問03が2点以上で全体の合計点数が3点以上の場合、
過活動膀胱の疑いがあります。すぐに医師に相談しましょう。

合計0

ここに診断結果が表示されます。

(過活動膀胱診療ガイドライン.東京,ブラックウェル,26,2005)

メンズヘルスクリニック東京 前立腺がんサポート外来は、前立腺がん治療を受けておられる方、
治療が終わった方への健康サポートをおこなう、わが国初めての外来です。

少しでも気になる方はお問い合わせください。

前立腺がんの再発に不安のある方、前立腺がんとの診断を受けたが治療をためらっている方はお問い合わせください。
専門の医師が適切なアドバイスをし、健康サポートをおこないます。

LINE@に登録してクリニックからのお得な情報を今すぐゲット!

PAGE TOP

前立腺がんサポート外来