03-5224-5551(代表)

関連コンテンツ

LINE@に登録してクリニックからのお得な情報を今すぐゲット!

AGAプロテイン

メンズヘルス12のオキテ

メンズヘルス向上委員会

03-5224-5551
(代表)

メンズヘルスクリニック東京
100-6210
東京都千代田区丸の内1-11-1
パシフィックセンチュリープレイス丸の内 10F

メンズヘルスクリニック東京 > メンズヘルスクリニック東京のAGA専門外来TOP > AGA専門外来の奥義 > 健康な髪の毛づくりに大切な「食生活の改善」

AGA専門外来の奥義

健康な髪の毛づくりに大切な「食生活の改善」

発毛しやすい体内環境づくりに欠かせない取り組みの1つに、食生活の改善があります。

“わかめや昆布などを食べると、髪が太く健康になる”と昔からよく耳にします。しかし、海藻類にはミネラルやタンパク質といった栄養素が含まれていますが、それだけを食べていても髪は成長しません。反対にヨウ素(ヨード)を摂り過ぎて、甲状腺機能に悪影響を及ぼす可能性もあります。

まず髪の毛をつくるのに必須の栄養素は、アミノ酸です。髪の毛に限らず、筋肉、骨、皮膚、血管といった身体のパーツはタンパク質で作られていて、その構成要素がアミノ酸なのです。髪の毛の場合、90%以上が「ケラチン」というタンパク質で構成されています。そして、このケラチンは約18種類のアミノ酸が結合して成り立っており、中でも重要なのが必須アミノ酸と呼ばれる「メチオニン」。体内で合成されず、毎日の食事などから摂取しなくてはならない“必須アミノ酸”と言います。「メチオニン」を豊富に含んでいる食物には、カツオ、シラス干し、マグロの赤身などの魚類や肉類、ホウレンソウ、にんにく、納豆、豆腐、海苔、卵、チーズなどがあります。

髪の毛の成長を促すためには、亜鉛やビタミンも欠かせません。亜鉛はケラチンのタンパク質を合成するのに必要な栄養素です。体内では作り出すことができないため日々の食事から欠かさずに摂らなければなりません。生牡蠣、煮干し、豚レバー、パルメザンチーズなどに豊富に含まれています。

タンパク質やアミノ酸の代謝活動を促進させる働きを担うのがビタミン(ビタミンB群とビタミンC)。ビタミンB2やB6が頭皮に十分行きわたれば、毛母細胞の分裂が活発になります。B2はレバー、卵、大豆・大豆製品、牛乳・乳製品、緑黄色野菜など。B6は魚介類(カツオ、マグロ、イワシなど)、レバー、肉類、バナナ、キャベツ、ピーナッツなどに含まれています。ビタミンCは緑黄色野菜や果物に含まれて、亜鉛など栄養素の吸収率をアップさせるのに効果的です。

基本的な考え方は、髪の毛に良いことを全てやろうとするのではなく、栄養のバランスを考えて、心身に良い、健康的な食事を摂ることです。何でもやり過ぎは禁物ですし、「必ずやらなくてはいけない」と強迫的になってしまうと、それがストレスになってしまい、逆効果につながります。要はリラックスしながらさぼることなく続けていくことです。

小林 一広(こばやし かずひろ)

メンズヘルスクリニック東京 院長
小林 一広(こばやし かずひろ)

1962年生まれ。北里大学医学部卒業。
同大学病院にてメンタルヘルスを中心とする医療に従事する。
その後、医療社団法人ウェルエイジングを設立。頭髪治療専門の城西クリニックを東京及び福岡に開院すると共に国内初の総合アンチエイジングセンター『AACクリニック銀座』を2006年3月に開院。
理事長として従事する傍ら、精神科医としての経験を生かし、積極的に心身両面からの治療に取組んでいる。

メンズヘルスクリニック東京のAGA専門外来はAGA治療のパイオニアとして国内最多の臨床数を有する医療機関です。

03-5224-5551(完全予約制)

03-5224-5551(完全予約制)

相談無料

AGAは一人で悩まないでください。
薄毛が気になりだしたら、お気軽にご相談ください

個人個人で髪の悩みはさまざまです。同じような症状でも原因や治療方法が全く違う場合があります。
ご自分で判断せずにクリニックにご相談ください。AGAは早めの治療が効果的です。